フォト

カテゴリー「PC01-パソコンソフト&メンテナンス」の3件の記事

2016年6月 1日 (水)

【パソコン】Windows10への自動更新でパソコン停止症状 周辺で多発中

▼2016/06/01

 久々にパソコンのネタ記事。余計なトラブルに参った編。

 最近(今年の田植えをし終えた頃から)トラブルが急増しているのが、Windows7や8から10に勝手に自動更新されて、途中で動かなくなりニッチもサッチも行かず どうにかしてくれというヘルプの依頼。

 長い間システムエンジニアやってますが、今回のトラブルばかりは、Micro$oft自体がウイルス同然なものをばらまいていると言われてもおかしくない、会社から損害賠償ものの訴えがあってもおかしくない(M$自体は相手にしないでしょうが)事態となっている。

 パソコンのOSなど途中で変えるものではないのに、今回はスケジュールに勝手に組み込まれて脅しのメッセージとともに、その文面をマトモに受け取っていると、10に勝手に変えられてしまう。

 その後、トラブルで呼ばれる三大症状は、

・電源を入れても画面が全く出ない

・Win10は立ち上がるが、周辺機器(プリンタや社内の専用機器など)が動かない

・今まで動いてたソフトが動かない

 の3点。

 今まで半年~1年に1回くらいは、パソコンの機種や環境によってはWindowsの自動更新に入ってくる特定の更新パッチを当てるとパソコンが動かなくなったりファイルが壊れたりするタチ悪いものがあったものの、その環境に当たる確率が低かったので大した騒ぎにはならなかった。

 そういう副作用があるので、お客様から依頼を受けてアタシが購入&納品するパソコンは、M$が余計な御節介入れてパソコンが動かなくならないように、初期設定でWindows Updateの自動更新を必ず「無効」に設定していたので、その通りにしていたお客様の所では今回のトラブルは発生していない。

 しかし、ワタシのアドバイスを聞かないで勝手に中途半端なパソコンを選んだり○゛ャパ○ット○か○で騙されたりして、デフォルトの自動更新されるままなパソコンを使っていた人が、Windows10非対応のパソコンまでWindows10の更新が入り込んで次に電源を入れた時に全く動作しなくなり、絶叫が・・・という事態。

 お客様から泣きのような脅しのような電話が来る度に診断とレスキューに行っているのですが、ほんまもののウイルスと違って救いようがあるのは、Cドライブのデータが残っていること(Usersフォルダ内や、更新が進んでしまった場合、Windows.old内に1ヶ月以内なら残っている)

 別の救済用OSでブートしたり、ハードディスクを取り外してデータを救い出し、動かないWindows10→マトモな7にアップデートしてから(笑) ライブラリ内のデータを戻して納品する。

 丸1日かけてリカバリとデータ救出復元作業して、お客様から ありがとうございましたの挨拶一つあれば良いものの、怒り心頭収まらず「何でこんな余計なトラブルに遭って貴方に作業賃払わなきゃならないんだ!」というオデコ沸騰の人を宥めるのは大変な労力。 

 これがMicro$oftの陰謀という仕様ですから、この会社が信用できないことが今回分かりましたら、パソコン関係の「自動で~~する」という機能は一切無効にして、何か更新する時は、その都度内容を確認してから一つ一つパッチを当てるようにしてください _(._.)_ ペコリ
 勿論、定期的なデータの丸ごとバックアップも忘れずに。

 政治家もマス○゛ミも信用に足りませんが、このメッセージは冗談キツすぎます。

 副音声で言い換えるなら、
 「M$が売るものにタダより高いものなし。難しい。心配の塊です。」
 「今すぐパソコンを動かなくできる」

 スマホと同じく、タダでも 要りません。

 古代もののMacやMS-DOS 6.2を未だに現役で使っていたり、WindowsXP 起動22秒を保つ調子良好なアタシには勿論今回のトラブルは関係ありません(実験用 Windows7の環境でも問題なし)が、周囲でWindows7以降のパソコンを設定変えないまま使われている該当される環境の方がとても多いので、充分お気をつけください。(自動更新スケジュールが発動する前に、WindowsUpdateの自動更新を無効にしてください)

 「自動で○○する というのは、意図しない余計なコトをする ということである」 というパソコン版マーフィーの法則が、生かされました(^_^;)

2012年6月14日 (木)

パソコン用モニタ新調

 パソコン用モニタを初めて新調しました。メイドインチャイニーズモニタが目に疲れるようになってしまったので。

 最近流行のギラギラビカビカ 蛍光灯や顔まで映り込むグレアタイプも目が疲れるだけなので、ノングレアで色温度の手動設定が出来て、長時間の作業に向いたモデルを探す。

 ナナオ製 EV2334W。購入価格約28000円。
 バックライトの輝度を抑えても見やすく、疲れ目対策に一応力を入れていると思える企業姿勢に賛同して値段が高いですが購入して良かったです。

 昭和時代から4:3の画面に慣れている自分にとってはワイドモニタという横の広さがどうも慣れませんが、そのうち大丈夫になるでしょう。
 一度に2個以上の画面を並べて作業することに慣れてないMS-DOS脳なのです(^_^;)

 デスクトップ周りにアイコンが殆どなくスッキリしているのは、キーボードからマウスに持ち替えてアイコンを選ぶ手間すら苦痛で時間の無駄と感じる職業病からです。

 (勿論デスクトップにアイコンを沢山置くと散らかるし、ショートカットなのかファイル本体なのか把握し難くバックアップし損ねるトラブルとなるし、誤ってアイコンに何かをドラッグしてしまう等の操作事故にも繋がるため、1個も置かないのが一番良い)

 アイコンを置かない分、よく使うソフトやフォルダは、アルファベット1~2文字として名前を割り当てて、そのショートカットリストを1つのフォルダにまとめて置いてアルファベット順に並べて印刷しておき、そのフォルダに環境変数のパスを通して、窓+Rキー → ソフト名の頭 1~2文字を入力 して起動してます。

 例:Excelは「e」、photoshopは、「p」、Illustratorは「i」、画像データが入ったフォルダは「pp」(pi でも良いけど、指の移動が負担なので、同キーの pp の方が楽)などと登録しておき、

 窓+R 、 e 、Enterキー と押せばExcelが起動するので、右手をマウスに持ち替える手間無しで両手をキーボードに置いたまま作業できます。

 こうすると、「いちいちスタートメニューの膨大な項目の中からソフトを探す手間とイライラストレス」を無くすことが出来ます!!
(ソフトインストールの度に散らかされるスタートメニューから項目を選ぶ人は少ないと思われますが(^^;))

 ソフトだけでなく、フォルダへもショートカットを割り当てできるので、やむを得ず奥深い階層にあるフォルダを一発で呼び出すことも出来ます。

 マウスでチマチマと項目選びをするくらいなら、キーボードの 窓+Rキーを押す手間の方が、苦になりません。

 こうして時間も手間も節約でき、仕事での給料アップには繋がらないですが(^^;;; 能率アップには繋がるので 方法を写真付きで紹介したいくらいですが、

 詳しくはWindows上級マニュアル(XP SP2編) という書籍に書いてあった、常駐メモリでランチャー代わりにソフトやフォルダを起動する工夫 の記事にあります。

 登録個数に上限は無くランチャーソフトを常駐させないのでメモリ使用量はゼロ、プロセスも汚しません。

 筆者はこうして良く使うソフトやフォルダを100種類ほど登録してアルファベット頭文字入力法で作業してますが、一日のパソコン作業の中で使い勝手の悪いスタートメニューにマウスを動かすことはありません。

 マウスってものは、とにかく手が疲れる。タッチパネル操作などは以ての外。
 キーボードで確実に操作するのが一番です。

 そのうえで無理のない範囲でショートカットキーを暗記して迅速に作業するのが吉。

 こうして更に 面倒くさがりになった 忙殺されて時間が少なくなってきたので、ブログ記事作成時に、画像のサムネイルhtmlタグをボタン1個で貼り付け出来るようプログラムを以前自作しましたが、

 貼り付ける画像の縦横のピクセルを認識して縦長か横長か自動判別する機能と画像の縮小表示機能を 追加で作りました。

 人の負担を軽減するのがパソコンの役目であり、その方法を考えるのが人の役目なので、楽をするためなら苦労を惜しまずプログラムを開発します。

 筆者のマウスは2年間で動かした総距離が320km(上越→東京くらい)、キーボードの押下回数は1000万回(タクトスイッチの限界くらい)になってました。
 職場でも、ほぼ同等の作業をしているので、単純に×2倍。ヒィ!
 こりゃ腱鞘炎の恐れがあるわけで。

 身体の負担を軽減するために、久々にパソコンの工夫紹介記事 でした。

2011年4月14日 (木)

<Windowsムービーメーカーの音ズレバグ>

▼2011/04/14

 お金かけられずに動画編集はWindowsムービーメーカーなんていう原始的ソフトを使用しておりますが、仕組みが単純なので簡易なものは作りやすかったりします。(動画は拘り出すと作業時間が恐ろしく増え出すので(^-^;)

 今までの人生で(←んな大袈裟な)幾つかムービーは作ってきましたが、このたび日本一周中の動画集を作っている最中に、何回かプレビューを繰り返してタイミングをチェックしていると、音楽が1~2秒遅れてくるM$的不具合仕様を発見。
 ムービーを書き出すとズレは無い状態で、編集中は1~2秒ズレてる状態で聞こえてくる。これではシゴトにもならない不便さ。

 音楽を差し替えても他のプロジェクトファイルに同じ音楽や写真を取り込んでも その不具合は現れるので、根詰めて調べていったところ、

 BGMに使用する音楽データは、動画の一番先頭(0:00:00)から隙間無く配置しないと、プレビューしているうちにズレて聞こえてくるようです。


▲今回は先頭から5秒ほど空けて音楽ファイルを配置していたので、途中で再生を繰り返しているウチにズレて再生されまして、


▲このように、0:00:00 先頭ピッタリに配置したら、そのズレは全く無くなりました。

 ふしぎー。

 スライドショーとして使う音楽は・・・ 明るい曲の中から検討中 φ(._.)

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ

成分分析