フォト

カテゴリー「04-日本一周(中部・東海)」の21件の記事

2010年8月10日 (火)

<駿河湾を>

 
 力仕事なアルバイトに出張していました。
 熱帯夜な宿舎でも倒れるように眠れることを知りヘロンヘロンです。

 ぱくりと。

▼K-7 ファームウェアVer.1.10に
 帰宅後にこのことを知り、早速バージョンアップしました。

・M、Xモード時に、電子水準器と露出数値表示の両立可能に
 → これで、やっとMモードが使いモノになります。

・背面液晶画面にも電子水準器表示追加
 → 地味に便利になりました。今まではライブビューにして厳密な水準器表示を出していたのですがこれだと電池の消耗が激しかった。

・カスタムイメージにリバーサルフィルムモード追加

 ↑リバーサル

 ↑これまでのデフォ設定

 リバーサルの方がコントラスト強め&少々赤っぽい。夏の撮影には良いかも。

 モノを買ったらハイソレマデヨ、あとはサポートなんてしている余裕ないから次の新製品を買ってクダサイという風潮が強いデジカメ業界の中で、発売後1年も経っているのに無償でファームウェアが地道に作られているというのは購入したユーザーからすれば嬉しい限り。

2010年6月22日 (火)

<778日目 県庁巡りも残り2つ>

▼2010/06/12
 松林の日陰へテントをズルズルと動かして片付け。バンダナを鼻に巻き付けて花粉闖入を防止。

 777日目の夜を共にしたキャンパー三人集@昨日は楽しい話題をありがとうございました!
 
 明日から梅雨予報になったので今日で一旦北陸旅は切り上げにして夏の充電アルバイト期間とすることに。
 日陰で非常食消化朝食。レトルトのスパゲティソースは温めなくても麺と混ぜれば食える。
 R8にはガソリン@129~130円の店が点在し安いと思う感覚。
 
 10:05 石川県庁@47分の44カ所目。休日狙いで向かうもガードマンが早速やってきてウンヌンカンヌン尋問してきたが、撮影も残り3カ所となったワタシも応対方法が大分スムーズになってきた。 → 結局はガードマンの性格次第。
 最初から「キンシ! ダメ! デテイッテ!」と拒絶された和○山県庁よりは全然マシ。
 高速道路料金1区間節約のためにR359へ向かったら気持ちよい高原路。
 小矢部ICから北陸道。大人しく2バルブ走行して富山ICで降りる。
 

 R41を北上して富山県庁へ@47分の45カ所目。入口の警備員用小屋がペンキ塗り替え工事中。

 車用ソーラーチャージ場所を初めて見た。
 
 向かいの公園で休憩。噴水が涼しげ。この夏初めて飲んだ氷晶アクエリアスは砂糖水のように甘くて旨い。
 R41沿いでセルフ給油(@131円、24.13km/L)
 
 13:40 道の駅細入。オトナの週末ツーリングライダー多し。
 昼食:パン×2、おにぎり×1、TVカロメ
 出発してすぐ、前を走るバス2台に向かって対向バスが激しくパッシングしてきた。40標識が続く所なので最警戒したが敵は見つからず。

 R471も所々に怪しそうなポイントがあり警戒しつつも快走。穂高の山並みも見え始めてきた。

 安房峠の僅か6kmの道のりに600円も払う気は起きないのでR158 旧道へ。地元でいうR406みたいな少々酷な峠道。
 ぐんぐん標高があがりアクセルがカブり気味に。アイドリング回転数は標高長野仕様で調整しておいたのだが1ヶ月九州に滞在していてライダー共々感覚がズレてしまったようだ(笑)
 

 15:45 安房峠県境着。雪の残った山々が見えてくると、長野県に戻ってきたという感じがする。
 上高地からのR158 下りはブレーキランプピョコピョコなサンデードライバーが目につくが渋滞は無く松本まで降りられた。

 久々に見る信州は、田んぼの匂いが心地よくて、

 新緑の山々が膨らんで見えたことに驚いた。

 出発日のまま止まっているカレンダーは確かにワタシの部屋。
 夏の間アルバイトして、旅の締めくくり@秋の沖縄に向けて準備します。

 北陸2日目
 走行距離:287.1km 累計:62089km
 出費:\2638(食料 \298)

2010年6月21日 (月)

<777日目 スリーセブン出逢いフィーバー>

▼2010/06/11
 荷物だらけで狭い中でもよく眠れたので旅疲れってものは侮れない。

 船内レストランで朝食。ポスターに貼られていた通りに550円コース。
 全品あと100円安ければもう1皿追加で注文するのだけれども(牛乳1杯250円は高い)


 7:35 大阪南港ATC着。船のハッチが開いた途端、暑い!
 南港北から阪高で豊中IC。全て高速道で北陸まで向かうのは値段高すぎるので京都東ICで降りて琵琶湖沿いに北上してみることに。
 バイパスに入る前に、ICを降りてすぐの所で店員給油(@135円、24.42km/L)
 R161 湖西道路は車がギッシリ繋がっていたが渋滞はしてないのでダラダラと北上。

 近江舞子のコンビニ日陰で休憩。自衛隊車と多くすれ違う。
 R303~K557~一方通行のK513へ。

 11:30 琵琶湖畔 つづら尾展望台へ。梅雨前の霞で見事見えづらい。
 元カメラマンというオジサン。話の内容は面白かったけど至近距離タバコプカプカ煙風下へは勘弁。
 K512~R303~R8~K140。

 ハテナでワッショイR365の峠道を快適に越える。場所により気温差が大きい。

 この時期は日陰探しの旅になりつつありますが、木春坂峠あたりで休憩。地域によって聞こえる鳥の声が全く違うことに気づく。
 昼食は非常食用に残してあるTVカロメを少しずつ消化していく。
 福井は30℃で風が熱い。峠道で大分時間を要したので、今庄IC→福井ICまで躊躇せず高速を使う。
 
 14:35 福井県庁@47分の43カ所目。大理石のような色彩の石碑。
 R416を走っている途中で15:00の天気予報を見ると、14日から雨予報。あと2日間は持ちそう。
 R364は北海道を思わせる矢羽根&広い峠道で、R8ではなくこちらを選んで良かった。
 加賀市からR8BPへ。
 
 走り続けてケツが痛くなってきたので針町でジャスコを見つけて食料購入&セルフ給油(@132円、24.81km/L)
 
 北陸といえば空が広くて田園が広がる開放的な景色。

 苗の成長具合が九州と違うことに気づく。
 17:40 地図では「無料」と書いてあった小舞子海岸のキャンプ場に向かうが、「デイキャンプ専用 宿泊禁止」なんていう立派な立て札がある。泊まれないキャンプ場はキャンプ場じゃないべ。
 もう一つの候補であった刈安山まで今から行く気力は無いので辺りをチェック。

 奥の墓場の空き地隅っこにバイクを停めてキャンプ場と思われる境界線から外れた松林の中に設営。

 テントを建てていると花粉が飛び交い鼻水ダラダラに。
 
 小舞子海岸まで歩いて向かってみる。
 全く同じ場所に数年前に来たことがあるようなないような。

 
 海辺の日暮れを待つ山育ちな小市民。

 自分の殻を もっと 破ることが できるならば!
 

 久々に地平線スレスレまで沈む太陽を見ることができた。
 

 1ヶ月近く旅を続けているという2人のバイクキャンパーがやってきた。これからテントを張るというのでキャンプ場には張れなかった旨を案内するが、彼らは海岸沿いに張るという。
 砂地はペグが入らず海スレスレは満潮&高波がきたらアウチ。高速道路が近すぎて車の音が大きいし週末ということで夜中に花火騒ぎアベック集団が来ると予知していて私は海岸にテントを張ることは殆ど無いので引っ越しはせず。

 20:00 珍しく蚊がいないので外で夕食を食べていると地元の人がやってきて、これからここの墓場で子供の肝試しが始まるのだという。私がキモのオバケ役になっている気がしないでもない。「あ、あれはキャンプしとる人や」「びっくりしたー、これバイクにカバーかかってるだけや!」など子供の純粋な声が聞こえるが、管理された肝試しなど可愛いものだ。
 私など毎日自己責任の肝試し状態だ。

 深夜になり、2人のキャンパーの所へ向かい海辺でフリートーク。
 沖縄地方の濃い情報交換ができた。
 777日目、フィーバーな出逢いに感謝。
 23:00 2人のテント近くで花火&騒ぎ出すグループがではじめた。私の危険予知は確かであった。
 23:45 花粉の堆積したテントへ戻り、ティッシュで鼻栓状態にして眠りにつく。

 北陸1日目
 寝場所:石川県白山市 小舞子海岸 奥の草地
 走行距離:335.3km 累計:61802km
 出費:\7510(ガソリン \3338、食料 \1422、高速道路 \2750)

2008年11月 2日 (日)

<191日目 快晴 S-Forceキャンプオフに飛入り参加>


 6:00 自然に目覚める。この時刻を境に交通量が増えるようだ。良く眠れたが首筋に少々痛みが。枕の位置は安眠を左右する大事なポジションとなる。
 6:40 起きるが、森で日差しが遮られていて車道側までフライシートを引きずっていって乾かす。地面は乾いているし、一瞬蚊の発生した時間帯はあったが撤収は順調。人通りもゼロ。さわやかな風も吹きはじめた。
 
 本日のお客様@っらっしゃいませ(爆)

 ペグの曲がり具合で野宿をこなした場数が分かる(爆)
 所持している2種類のペグは、どちらも真っ直ぐなモノは1本も無い(汗)

 8:30~9:00 朝食@残りご飯100g+たらこ味ふりかけ、ホワイトグレープフルーツ1個、コーヒー300ml、チョコレート×n
 犬の散歩おじさんが振り向きもせず歩いていった。

 9:30 出発。日曜日からか、K16をすれ違うバイクの数も多くなってきた。
 
 日が当たり22℃に。R260は空いていて信号も無く1時間あたりキッチリ50km走れるハイペース。空気もきれいで良い。時折ブラインドカーブとアップダウンが連続するがほぼ2車線。R42へ入り、コンビニで運個たれる。昨日に引き続き非常にスムーズに一本運個が出る(爆)
 尾鷲に入るとガソリンが@150円台に。紀伊半島は一番端っこなので確かガソリンが全国でも有数に高い領域と覚悟していたけれども、@138円の標識を見つけて迷わず入り、セルフ給油(@135円、25.83km/L)ナントカカードで3円引きと書いてあって、確か持っていたような・・・と取り出したらドンピシャ。

 飛び入りマスキャンプを控えているが、海沿いの峠道@サンピンピンで遠回りしてみる。

 時が止まっている(汗)
 
 新鹿海岸を抜けた先に空き地を見つけて昼食@食パン2枚、袋みそラーメン
 バイクの日陰に隠れるようにして食べないと暑い。
 14:10 ジャスコ熊野店で食料購入。もう日差しが橙色かかってきた。トイレの水は美味しくないが沸騰すれば飲めるだろうとフル補給。

 15:00 獅子岩はソノマンマ。
 
 R311を対向車線方向にネズミ捕り発見。「パトカーと気付かれてはマズイから、手前に普通のハイエースを置いて隠す」というのが三重ケンケーの頭の使い方のようだ(爆)

 R169~R168 16:10~16:20 十二滝に思わず停まって撮影。今まで訪れた滝の中では なかなかの落差。
 R168は地図で見るよりも幅が狭くカーブが何倍も多い酷道。(翌日に日本最大級の酷道@R425の洗礼を受けることになる)
 17:30 多少迷ってマスキャンプツーリング開催場所の「つり橋の里」キャンプ場着。1泊1000円もするけれどもイベント参加料と思い仕方ない。

 空気は乾燥しているがペグが入らない固い砂利。様々な想定外の出来事があったらしく遅れて来た他のメンバーと合流し夕食@宴会モード突入。
 受身気味でトークを楽しませて頂きました!
 ロングキャンプツーリングといっても、1週間と半年とでやっていることは変わらない(←と本人のみ思っている)
 百数十日使用していて浮浪者以上な状態のスリッパを「ネ申の おみ足」と撮られた(汗) 崇めるものではありませんから(汗)

 寝場所:奈良県吉野郡十津川村 つり橋の里キャンプ場(1000円、ペグ入らない小砂利)
 走行距離:245.2km 累計:26891km
 体調:良好
 出費:\2935(ガソリン \900、食料 \957、キャンプ場 \1000)

2008年11月 1日 (土)

<190日目 快晴 週末観光地は混雑>


 7:10 起きる。さすがに11時間も眠れば日中眠くなることはないと思われるが、それでも毎朝起きる時に、月曜に仕事に出かけなければならないような倦怠感が襲うのは何故(汗)
 外は雨の降った跡。日差しが出てきた! 今日はテント内部まで湿っているので乾かす^2。

 8:30~9:05 今日も東屋のヌシ状態で朝食をとり、持っていた水を使い切る。

 誠に有難い環境であったので床を掃き掃除してから 9:37 出発。K132を南下~K49。標識なく少し道を間違える。
 
 9:50~10:30 道の駅あやまでトイレの水をフル補給。隣りに九州ナンバーのゴールドウイング@オジサンが停車。九州地方は12月よりも2月の方が道が凍るので危険とのこと。靴下を洗濯。遥か前に満充電したカメラの予備電池は7.98Vまで低下していた。

 K49~R25名阪 下拓植IC~K146~K2へ。R163は延々40km/h制限だが信号少なく良い。オバチャンが死角から飛び出してきて注意。
 
 K55~K42、11:40~12:15 三重県庁へ@47分の20ヵ所目。土曜日なので入り口は閉まっているが、歩道沿いに大きな石碑がありここで順光気味に撮影。

 草木の手入れをしているオジサンが。元時計台であった花壇は先週植えたばかりだという。どうりでお花が汚れていなくてキレイ。
 
 県庁を渡る歩道の真下では電車が頻繁に通っている。
 カメラのキタムラでレンズキャンプ購入。風の強くなってきたR23をストップ&ゴーでダラダラと南下。
 
 12:50~13:25 サンクスで休憩。日差しが眩しく暑くなってきたのでトラックの日陰に座って昼食@食パン2枚+マーマレードジャム、チョコ&ビスケット、豆乳飲料あずき味(←一体何種類あるのだろうか) ここまで来るとカップルや夫婦ライダーも目立つ。
 セルフ給油(@136円、23.52km/L) 松坂では@129円の所を発見。
 14:20~14:50 ジャスコ伊勢店。マイバッグ持参時のスタンプカードは何事もなく新規発行してもらえたシ。玄関に貼られたアンケートカードには名指しで「○○店員の応対が悪い!」などと書かれている。過労働で魔がさした部分が見られているのだろうか(爆) K37沿いは空いていて、寝れそうな場所が点在するが線路沿いだし まだまだ走る。
 R42~R167~K750 パールロードはアップダウンが激しく、速度の増減が激しいサンデードライバー数台に捕まり宜しくない。
 
 
 15:30~15:50 鳥羽展望台へ逃げる。順光の海面を見渡すことが出来た。菅島もハッキリ見える、が、人間入りで撮るまでは思えなかった観光地。
 

 御親切にもこのようなアシスト台まである。
 時間差を作ったつもりであったがパールロードはやっぱり遅い車が連なっている。アナタタチはソコラのホテルに入っていくけれども私はこれから寝場所探さないとならないんジャーと憤っても仕方ない。
 このまま走り続けては日が暮れそうなのでK16で逃げて志摩へ。
 K16沿いに狙いを決めて場所捜索。交通量が多いので道路沿いの空き地は避けたい所。
 16:20 初めて通る道なのでカンを頼りにフラッと農道へ入ると幾つか良さそうな場所を嗅ぎ付ける(爆)

 第1候補@道路沿いから かなり離れた行き止まりの空き地。しかし周辺よりも窪んでいて雨が降ったら流されそうだし工事用のトラックが入るギリギリの幅しかないのでボツ。

 こちらは倉庫の裏側。道路から見えない死角となるが、幅が狭すぎて田畑作業のオジサンが来ると・・・な状況が予想されるのでボツ。
 
 日暮れを前にしてスゴイ雲行きになってきた(汗)
 
 使われていない(中が荒地)ビニールハウスの行き止まり。
 フカフカの枯れススキの上に設営。ペグは奥深く刺さり幸運! と油断してると普段ありえないことが起こる↓

 この旅初のお米をこぼした失態(汗) モッタヰネと拾って水で洗う。今日は数口土臭いご飯になるかもしれない。

 (カラスに突かれないよう こぼしたお米を漏れなく流し入れて)これで夜見つからなければ上々の寝場所に入る。明日はバイク同志のマスキャンプツーリングに飛び入り参加するので、安眠したいものです。
 17:20 明るいうちに外で日記を書こうとしたらもう真っ暗になりヘッドライトが必要。いつの間にか無風に。

 18:50 惣菜の多い夕食@少なくなったご飯170g+ごま塩、白身魚フライ+チクワ磯辺揚げ、ツナ缶、野菜飲料500ml、ハイミルクチョコ(←今までブラックチョコばかり食べてきたので変に甘すぎる)
 20:15 県道を通る車の通行音は少なくなってきた。遠くで犬がほえ続ける音。明日の待ち合わせ場所まで230km近くあるので早く起きなければ@明日も走りっぱなしになるかも。

 寝場所:三重県志摩市 K16沿いビニールハウス裏の空き地(固い土&枯れススキ)
 走行距離:152.3km 累計:26646km
 体調:良好
 出費:\1906(ガソリン \1000、食料 \536、レンズキャップ \370)

2008年10月31日 (金)

<189日目 曇 天候が味方>

 
 明日から11月というのに足元に暑さを感じ、寝袋のファスナーを空けた状態で熟睡。野鳥もカラスの鳴き声も全く無かったあたり少々気味悪い。人通りはゼロ。
 明るさに気付くが、そこから10:00まで二度寝。外は曇一面でいつ雨が降り出すのだろうか?

 11:20~12:10 軒下で朝昼食:残りご飯+納豆+海苔、コーヒー多めに300ml強、安い故に「準」チョコレート1袋、バナナ2本

 軒下に突然ムサイヒトが居れば怪しいこと請け合い(爆)
 夕方あたりまで天気が持ちそうなのでライディングウェアにビシッと着替えて出発。
 
 K132~K4沿いにて。事故に遭ったかのようにモゲていて恐い。

 所変われば銀行も変わる。
 ここのセブンイレブンが今までの旅の中でトイレが物凄く綺麗で快便させて頂きました。:-)

 所変われば(以下略)
 
 R1~K13から少々迷い、13:35~15:15 十二坊温泉「ゆらら」へ入浴。

 旅先の入浴券も訪問の証として撮影しているのですが「おふろ」と平仮名で書かれているのは珍しくプリテー(爆)

 誰が剥がしたのでしょうかアレコール(爆)
 キャンプ場が圏外なため、ここでメール返信作業など行う。
 湯船はやや温め。シャワーとジャグジーの勢いが弱い。ロッカーは磁気が無くて良いが幅が狭い。
 休憩室に貼られたガイドマップを見ると、K53沿いに「不動の滝」と小さく書かれているのを発見。今日は曇り空なので滝撮影には好条件かと思い行って見ることに。
 天井のスピーカーから「My Revolution」のボーカルカバー曲が流れている。昨夜4時間しか使っていないヘッドランプの乾電池がもう1.30Vまで低下している。

 切り詰めた挙げ句食べている量が少ないからか低すぎるなー(汗)

 バイキンマンは意外と人気者です(爆)

 トイレが綺麗だったコンビニまでの案内板距離表示はチョー細かい。
 
 K13~R1で引き返し、K4~K53で、15:40~16:00 不動の滝へ行ってみる。薄暗い森の荒れた道を下っていく。ISO800の開放絞りでもシャッター速度が2~3秒になる絶好の条件だけども、シャッター速度が長すぎてもよろしくない。水面が気持ちよく写る速度域を見つけるには水の流れを観察してシンクロする速度を見つけるしかない。

 霊感の弱い(?)ワタシでも不思議と足が竦む不思議な雰囲気であった。
 K53は減速帯が多いが2車線の峠道。
 
 新名神が見えてきて、信楽ICの高架下に立派に整備された公園はキャンプ禁止の看板が大きく立っている。日本中の公園でキャンプ可な法律ができたらどれだけ旅が楽になることかと無茶なことを思ったり。
 R307でバイクに乗っている時に折りたたんでいる足が痛くなってきた。
 K337~K132へ、キャンプ場まであと1.2kmの看板の所で道の奥から煙が・・・? もしかしてテントが山火事に?と良からぬ事を考えてしまうが、ブラインドカーブを抜けると田畑の藁が燃やされているだけであった。
 
 16:30 テントへ戻る。ケータイをバイクにアースさせるとケータイ電波が1~2本立つ時がある。
 チェーンに給油し、デロデロに溶け始めていたリアカウルのガムテープを貼り変える。

 ワタシの持ってるカメラは曇天日陰の高感度撮影時にホワイトバランスが狂いやすいようだ。
 17:15 曇り空なので暗くなるのが一段と早い。カメラのレンズカバーにガタがきて閉まらず外れっぱなしになってしまった。
 本州東北に渡ってから台風に遭ったことは1度もなく(かえって気味が悪い)一日中雨だった日もほとんど無く、かなり天候が味方している。
 18:20 火は消えないよう最弱状態をキープして、今日も煮汁が全く吹きこぼれずに米が炊けた。

 18:35~19:20 夕食:良い感じご飯200g、ツナ缶、バナナ×1、スライスチーズ×1、レトルトカレー 辛口チキンカレー味(疲れているからか、辛さを感じず)
 18:50 AMラジオから「それが大事」流れるシ。
 テントから外へ出ると吐く息が白い。
 20:05 サバイバル生活@水は残り0.8L。時折足の長い蜘蛛がテント内に闖入してくる。害は無いと思うが刺されたら痛そうな毒々しい色をしている。
 飛行機が頭上を飛んでいる間はAMラジオが入らなくなることを発見。
 天気予報が流れる時に限って雑音。
 21:05 シャットダウン。

 寝場所:岩尾キャンプ場 軒下(2泊目)
 走行距離:53.7km 累計:26493km
 体調:バイクに跨ると足の痛み
 出費:\600(入浴代)

2008年10月30日 (木)

<188日目 晴→通り雨 関西パワーとの出会い>

 良く眠れたが右手に痛みが。スロットルロッカーの位置が上すぎたのだろうか?
 
 テント入口側に日が当たり、順調な撤収作業の朝。
 
 8:55~9:30 朝食:残りご飯+のり5枚、わかさぎから揚げ残り1/2、パイン&ナタデココゼリー、沸かしたコーヒー280ml
 天気予報通り風が昨日よりも冷たく感じるので冬ジャケットで出発。
 
 農道~R303へ。紅葉の終わった?枯れた木々と緑の針葉樹林の中を縫うように走る道。
 
 県境の長いトンネル。非常時に排ガスの溜まっている中を1.5km歩くのは酷かと(汗)
 
 顔文字系&励まし系。
 

 横山ダム周辺は見通し悪いカーブ、木之本まで下ると暑くなってくる。
 R8~K259から琵琶湖を半周。湖岸道路へ。トラックが少々多いが快走。
 
 こちらの鳥は人に敏感で、少しでも気配を察知すれば飛び立っていってしまう。
 
 あとに残るのはカモチャンと白鳥。
 K331~K2は18~21℃、ガソリンは140円台前半。

 12:35~13:45 道の駅 近江母の郷へ。ここで休憩しベンチの上でコーヒーを沸かして&食パンの昼食をしていると、隣に観光バス停車。運転手&バスガイドの方が共々バイクに興味津々。

 乗客がトイレから戻ってくるとバイクの周りがエレーコトニ(汗)
 オジサンオバサンが次々と話しかけてくるくる。「どこで寝てるの?」「寒くない?」「どちらへ行くの?」等と基本的質問事項からはじまり様々に。
 関西パワーに圧倒された感じ。
 K25はカインズモールがあったが通過。K559の湖岸を走り続ける。途中工事で5分ほど停車。100円払って近江大橋でショートカット。大津市街へ。
 セルフ給油(@141円、23.36km/L)
 
 15:25~15:50 滋賀県庁へ@47分の19ヶ所目。正面に特徴的な噴水がある。
 
 正面玄関の警備員に「どこまで行くの?」と聞かれと少々話。「日本の一番南へ行きます!」等と言うと口がポッカリ状態(汗)
 日暮れ迫る中R1は渋滞。K102~K599を北へ向かうと通り雨が強めに降ってきた。K18のイオンタウンへ向かうと入口で「まだ改装工事中でオープンしていませんが、通りますか?」と聞かれて、マヂスカと引き返す。
 
 南へ走り続けてK2沿いにマックスバリュを見つけて食料購入。レジで清算時にマイバッグスタンプカードが終了になったと言われ、あと1個で満杯になるポイントカードを強制的に回収されて95円割引となった。
 K16を東へ走っている途中で17:30頃真っ暗に。
 R307~K337~K132、17:45 岩尾キャンプ場着。営業期間が終わったらしく、水出ない&外灯点かない&トイレ使えないのナイ尽くしだけれども本州のキャンプではそれが当たり前のようなものなので、水は事前に補給したシ食料も買ったシ大丈夫。

 これまた営業期間外の東屋があったので、明日の雨予報を見越して軒下にテントを張らせて頂いた。ペグは使えないのでフライシートがテント本体にベッタリ張り付くが雨が凌げれば申し分ない。ワンセグ&ケータイ&FMラジオは圏外。

 火が消えないよう弱火をキープしつつ、煮汁が全くこぼれずに良い具合でキャンプっぽくない米が炊けた。

 20:45~22:00 夕食:メインアトラクションディッシュはサイコロステーキが丁度良い量@176g、しかし焼いた後すぐ硬くなってしまうので、フタの上で少量焼いては食べの繰り返し。
 時折かなりのスピードで通り過ぎていく車の音。
 関西にしては星が多く見えるそら。フクロウや野鳥のような鳴き声が聞こえる。野生のフクロウを一度は見てみたいのも目標の一つにある。
 明日雨なら午前中は寝続けるつもりで 23:10 シャットダウン。

 寝場所:滋賀県甲賀市岩尾キャンプ場
 走行距離:207.8km 累計:26440km
 体調:良好
 出費:\2372(ガソリン \1269、食料 \1003)

2008年10月29日 (水)

<187日目 晴→通り雨 名古屋縦断>

 名古屋にセッカク行ったのならば喫茶店のモーニングや、ひつまぶし・・・と思うが今日は食に全く拘ることができづ。

 7:10 朝食を頂き食器を洗い、会社へ向かうのにかなり憂鬱そうな友人を見送り(汗)ワタシも出発。

 R248で 9:55 こちらも学生時代の知合宅へ寄る。パンを頂き恐縮です。
 旅紀行本を出したらと強く勧められる。
 K491~R153は流れているけども頻繁に赤信号。燃費が20km/L割りそうなペース。
 
 11:40 名古屋市 R153基点通過。市内には、一番右の車線が直進で右から2番目が右折レーンという変則交差点が多々あるので注意。とても紛らわしい。
 
 そーやってワザワザ複雑にした法規を武器に捕り締めている白バイ発見。金をふんだくる青紙はココに収納されているようです。隣に並んだ時の加速も半端なければ、巡航速度もセーゲン以上に半端なく速くあっという間にいなくなっていく。
 
 12:15~12:40 愛知県庁へ@47分の17ヶ所目。正面玄関は改装工事中。人通りが多くて途切れ目になるまでが大変(丁度お昼の人の出入り時)
 名古屋市内は20℃を越え、とても暖かい。
 時間をお金で買うために6号 明道町ランプから名古屋高速へ乗るが、5kmほど走った所で「清洲から先は別料金」との看板にすぐ降りてしまった(汗) 750円も払った意味が殆ど無い。
 R22の下道は3車線でまあまあ流れている。

 電話帳ネーミングの真髄発見。かなりの脱力モノ。
 立体交差側道のセルフスタンドに入ったつもりが隣接された店員給油のスタンドに入ってしまった。しかも価格非表示。しかし引き返せない罠のような雰囲気に捕まり(汗)店員給油(@150円、22.24km/L)

 13:30~14:20 一宮のサンクスにて休憩+昼食:カフェオレ500ml、頂いたパン4個
 

 R21も3車線で、14:45~15:05 岐阜県庁へ@47分の18ヶ所目。国道から離れた場所にある、これまた立派な施設。
 15:20~15:50 マックスバリュで食料購入。電車の橋げたをくぐるときに「制限高1.8m」の標識。今回の旅で最も低い数値に思わず「頭ぶつけちゃうかも・・・」と身を屈めるが難無く通過。そういえばバイクに跨った時の高さなど測ったことがないので確認しなければ(汗)

 K50~R21では雨が降ったり止んだり。洗濯物を括り付けているのにと思いつつ日暮れが迫っているので走り続けてしまう。
 R417は狭い~K53~揖斐中部農道。

 16:30 大津谷公園キャンプ場着。ここにテント張ってよいのだろうか?というくらい恐縮する雰囲気。ペグは良く入る。トイレの落書きが少々心配。
 17:00頃まで子供の人通り多し。

 飲めそうな水があるだけで格段に有難い。
 
 18:05~19:15 池田温泉本館へ。入口に料金が書いていない場合、入るのを諦める境目は800円辺りだが、入浴料500円だった。湯船も脱衣場も人が多く狭く感じる。シャワーと湯加減は良好。10/31が雨予報に。
 19:35 テントへ戻るとPに車が4~5台。13℃だが明日から寒いとの予報なので、再び冬ジャケットに着替える(この季節、各都道府県庁訪問時に頻繁に変わっている服装にも注目です :-I )

 20:10~21:30 ダイタイソーはヤラセなのだろうか?と思いつつ見ながらも(爆)夕食:ご飯200g+ふりかけ、鳥ももから揚げ、わかさぎ天ぷら1/2パック、野菜サラダ1/2袋、ゆず味チューハイ350ml
 駐車場からテントがモロ見えな位置に張ってしまったようで、ここをキャンプ可と知らない人に通報されないことを願いつつ22:10 シャットダウン。

 寝場所:岐阜県揖斐郡池田町 大津谷公園キャンプ場
 走行距離:128.0km 累計:26232km
 体調:良好
 出費:\3975(ガソリン \1613、食料 \1112)

2008年10月28日 (火)

<186日目 晴 カーナビ持たない故の迷い>

 気まぐれな反面しっかりとルートを決めて日本一周旅をしているように見えますが、カーナビは持っていません(爆)
 持っていれば買い物にも施設探しにも寝場所探しにも時間ロスを極力抑えることが出来そうですが、カーナビが主人公ではなく自分の判断力を主人公としたいために道に迷ったり施設が見つからないリスクも背負っております(爆)
 ハイテク電化製品には「使われすぎず」です。
 その影響で今日は知合宅が見つからず2時間も辺りを迷い彷徨いましたが、それでもカーナビは買いません(爆)
 
 8:00 明るくなり目覚める。日差しが眩しく乾燥作業が捗る。
 9:40~10:10 朝食:残りご飯100g+のり5枚、昨日の残りチーズ鱈、沸かしたコーヒー300ml
 
 10:30 出発。

 美味しそうな名前です(爆)
 11:20~14:50 知合宅会社にて作業手伝い。こちらも金融暴落の影響で仕事が少なくなりヤバイらしい。
 R1バイパスは清水あたりで混んでいて静岡市まで予定より2割増時間がかかる。
 

 16:10~16:40 静岡県庁訪問@47分の16ヶ所目。太平洋側を着々と訪問していく。
 施設の周りが一方通行のため、場所の吟味に一周時間がかかる。

 17:00 コンビニにてトイレを済ますと、暗くなり始めてきた。
 店員給油(@138.9円、23.48km/L)
 17:13 静岡ICから東名高速へ。トラック集団の中リスクの高い走行。
 蒼→橙色への日の入り。空のグラデーションが綺麗だったが撮影する余裕無し。
 18:35 岡崎から渋滞表示のため、手前の音羽蒲郡ICで降りる。
 R1~K327を岡崎へ向かうと途中で通行止に。K480で迂回するが、夜になり方向感覚に誤りが生じて かなり南まで来てしまっていて少々ロス。
 R248を北上し、数年前の記憶を頼りに知合宅を目指すが見つからない。
 45分ほど辺りを彷徨う。再度住所と地区名を確認するのだが、あたりの電柱や表札に全く住所が書いていなくて見つからず。
 コンビニで店員に「○○地区の○丁目はどちらの方でしょうか?」と聞いても「分からない」と言われてしまう。しかも3軒立続けに。
 疲れも加わり少々惨めになってくる。
 4件目のコンビニに地図を見つけて調べると、1丁目と2丁目が隣り合っていなくて駅を挟んで遠くにあることが判明。通りで見つからなかった訳で。

 21:00 道に迷うこと2時間でようやく知合宅着。残業が想定外に長引いたそうで相手の帰宅も遅くなり待ち合わせ時間としては丁度良かった。ここで中間慰労会その2?が開催された。 お疲れサラリーマン状態で勤務年数を重ねるごとに上から無理難題を押し付けられて自分のキャパシティーの限界を把握しきれずに崩壊気味らしい。
 24:00 シャットダウン。

 寝場所:愛知県 同級生宅
 走行距離:252.2km 累計:26104km
 体調:並
 出費:\4586(ガソリン \2086)

2008年7月26日 (土)

<91~92日目 雨~晴 TPチェッカー装着>

 毎晩夕立に遭う。
 ブレーキローター残量はOK。
 バッテリー端子電圧は11.73~11.78V、相変わらず弱め。
 プラグは一番左側のネジ穴が赤く液付いている。右から2番目が赤い液付着多し。全体的に黒く くすぶり気味と思われる。
 夜 有料金取り期間が終わったホタルの見える場所へ行ってみたが既にシーズン終わっていて拝めず(汗)

 RB長野店にてチェーン交換。
 すると発進時の異音は全くせずスムーズになった。やはりチェーンの偏摩耗が原因であった。

 DAYTONA製 TPチェッカー装着。13万キロ超えてもカスタムするオーナーはワホを超えている(爆)寿命というのを考えないらしい(爆)

 寝場所:一時帰還中
 走行距離:108.3+165.8km 累計:13354km
 体調:良好
 出費:\24614(食料 \1106、ガソリン \2473) 累計:\494068

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ

成分分析