フォト

カテゴリー「41-ショートツーリング」の62件の記事

2017年9月18日 (月)

田縣神社で正面から祈願

▼2017/06/吉日

 歳重ねるにつれてHPとMPの最大値が減ってきて思う所あるので、
 名古屋へ出張した帰り道に、小牧の田縣神社へ寄りました。

 立派すぎて恐れ入ります。

 身体はデカくても心がチイサイ筆者、
 こちらの股間が縮こまります(^_^;)

 本坪鈴も之男根式。

 年に一度のお祭りの時には こちらのモノの練り歩きで大変賑わうようです。

 メディカルボディーケアが必要なお年頃にもなってきた模様(^_^;)

2017年5月19日 (金)

【情報の乖離】 富士芝桜まつり2017

 世間の大型カレンダー連休中は職業柄休めない仕事ですが、どこも混んでて人生の貴重な時間をロスすることもないので焦りは感じません。

▼2017/05/08

 繁忙期の仕事が一段落した平日、夜明けと共に出発。

 富士芝桜まつりにバイクで行ってきました。初訪問です。

 連休明けの平日を狙いましたが、高速道路サービスエリアで久しぶりにナンシー&イクラオジチャンに絡まれてしまい、開園時間30分過ぎに行くと、渋滞は無いものの けっこうな人混み。

 ダートを500m走らされ、砂利で土埃舞う バイクに優しくない駐車場に300円駐車代を払って、更に入場料で600円払って、10分歩いて芝桜まつりメイン会場。

 8:45 展望台からの遠景。

 通路は余裕ですれ違いできるほどの人通りですが、徐々にバスツアーなどの団体客&中国人系観光客も多くなり、

 人口密度が高くなってきた。

 こうなると、どこをどう撮っても人が写ってしまう、観光地の宿命であります。

 ばくおん!8巻の如く、地面に這って撮るの図。

 解説版入りで撮るの図。

 ポスターに写っている姿は、おそらくここから の図。

 ミニ芝桜富士

 竜神池周りに咲いたスカーレットフレーム。

 アネモネも綺麗でした。

 ゲーム脳気味な筆者には、スライムベスに見える(^-^;)
 売店に並ぶ気力も無く、買いませんでした。

 会場1周 ゆっくり巡って1時間少々。

 9:30 駐車場に戻ると、次々と行き交う車で土埃が舞い喉が痛む。停めていたバイクは黄砂以上の土埃まみれに。

 お金900円払ってバイクを汚しに来たのではないのですが。

 アスファルト舗装が出来ないなら、車の通り道にゴムか人工芝を敷く等対策をしてもらわないと、印象が宜しくありません。

 他のバイクで来たお客様も、「最悪だ!二度と来ない!」と係員に聞こえるように怒鳴っていましたし、このイベント公式SNSには数々のクレームと、連休中は会場周辺の道路は2~5時間待ちの渋滞で物流にも影響していると苦情コメントが載ってましたが、本部スタッフは綺麗事の発信しか頭にないようで、お客様に返信することもなく、都合の悪いコメントは無断で削除していて、ただ芝桜が綺麗ですと営業前の定点写真だけ毎朝載せていて、会場周りの事実を含む情報(駐車場の混雑、待ち時間情報、年ごとの見頃時期など)は全く書かれていません。

 これでは、もう二度と来ようと思えませんね。

 パンフレット&雑誌広告に騙されました。

 道の駅朝霧高原に寄ってバイクをフクピカして、まだまだ走り足りないので、200km離れたバイク仲間の級友に会いに行くことに。

 新東名を西へ西へ。

 平日昼間の訪問にも関わらず迎え入れて頂き、しばしフリートークして出発。

 R153から中央道で帰宅。日帰りの走行距離は650kmにも及び、翌朝に後払いで足肉痛がやってきた。

 来週にはSSTRが控えているので、長距離バイク乗り仕様に身体を慣らしていかないと。

 晴れてほしい!

2017年5月13日 (土)

【富山】砺波チューリップフェア2017

▼2017/04/25 熱い陽射しで春真っ盛り

 2017年のバイク乗り始め 日帰りロングツーリングは、砺波のチューリップ公園へ行ってきました。

 公式ホームページでは「開花率 70%」と書かれていて、連休手前 見頃には少々早いですが、平日で空いているに超したことはなし。

 朝5時に出発して、片道3時間少々で到着。
 車と観光バスしか想定されていない観光地には良くある → バイク用の駐輪場案内及び料金は書かれていなかったので、観光案内所の自転車駐輪所隣の隙間に駐車。

 8:20 オープン10分前、チケットセンターは4人待ち。
 入場料は少々お高めの1000円。

 8:30 お役所的音割れ ばくおん! 爆音チャイムが鳴り響き、受付窓口オープン。

 私の前に並んでいたシニアなお客様が、「何か割引サービスは無いのか、JAFは? SDカードは? ○○会員は?」と受付のスタッフにゴネ出して時間を無駄に要し、後ろに並んでいる人がイライラ気味になった以外は順調。

 人混みになる前に真っ先に向かうのは、北門のチューリップタワーからの大花壇。

 砺波チューリップ栽培100周年記念の「100」数字の部分が開花が まだでしたが、見頃始めで充分です。(カレンダー連休真ん中の5月3日に満開になったようです)

 会場内には、国内最多の700品種、300万本(!)のチューリップが植えられています。

 品種ごとに名前・色・早/遅咲き系など看板が付いていて、チューリップといえば赤・白・黄色かと思っていた学生時代の教育知識は、ここで見事に覆ります。

 2色にわたるグラデーション模様も美しい。

 こちらは3色!

 会場内を歩いていきます。

 力強く咲いているこちらの品種は・・・

 名前も力強い。

 チューリップにも八重があるのですね。初めて見ました。

 花の大谷: 雪の大谷をイメージしたチューリップ版回廊。

 足の生えた植物が歩いてた。

 会場東側「彩りとアートゾーン」にある、700品種花壇へ。

 700種類のチューリップの中で美しかった色や面白い名前まで、気になった品種を掲載します。

 チューリップもスノーボード グラトリの世界へ?

 beatmaniaⅡDXの最終評価目標へ? AAA。

 快晴の陽射しと共にエキゾチックに輝く。

 初音ミクたんのお気に入り曲!

 美しかった色彩もの。

 チューリップにも飛行機的高級選別世界。

 まさかの「スノーボード」発見。

 スノーカラーが美しい。来年花壇に植えてみましょうか φ(._.)_

 これは模様が一際特徴あります。

 食べ物系ネームもありました。

 風でゆらゆら動いていく水上花壇コーナー。

 四季彩館への道。

 四季彩館の展示&苗販売コーナー。

 未来に広がる夢花壇コンテスト コーナー。

 ナンカ歩いてたパート2。

 ナンカ選挙してたパート1。

 チューリップタワーが混んできた場合は、西向かいのパノラマテラスが空いています。

 2時間ほどの撮影と鑑賞。3シーズンジャケットでは暑かった。

 平日故、シニア&ファミリー&中国人で9割を占め、バイクで来ていたのは私だけでした。

 帰りは二上山万葉ラインを通り、カモンパーク新湊で白エビバーガーを食べ、急用用事が入ってしまったので(ポケベルは便利なようで人の休日に割り込むので白けますネー) 速やかに帰宅。

 途中でオドメーターが26万キロ達成。

 通販で注文していたGOLDWIN製でフルメッシュのロングコートタイプなジャケットが届く。

 身体が華奢なのでロング丈で腰周りをベルトで締められるタイプでないと風でバタつく。今シーズンは作られていないので、昨シーズンの50%OFF処分セール品を入手出来て良かった。

 そして今シーズン、大型二輪免許取得に教習所へ通うことにしました。

 CB400SFが26万キロ超えても変わらず絶好調で体格にも合っているので全く問題ないのですが、試乗会やレンタルバイクで乗れない車種があるのも、そろそろモドカシクなってきたので。

 年齢も人生折り返し点過ぎて思うところあり、現金一括で11万払い教習所へ。予約が混み合っていて、教習開始は2週間後から。

2017年4月25日 (火)

2017年春:バイク乗り始め

▼2017/04/24 花粉過敏症対策を万全にして外出

 4月下旬となり、ゲレンデの雪も緩んでスピードが出ず、そろそろスノーボード滑走で春遊びも限界カナと思いつつ、道路の雪も溶けたのでバイクを冬眠から覚まして2017年初起動。

 4月23日の新聞とホームページで、上田城の桜が満開と書かれていたので 翌24日に向かってみたのですが、全部散って すっかり終わっていた。

 メディアの情報は2~3日遅れるので、桜なら7分咲きと言われた頃に行かないと遅いですね。
 スノーボードに夢中で すっかり出遅れた

 南海部品上田店のクジ引きで500円の商品券が当たったので、スノーボードコーナーに入荷していた5千円超えのスノーボーダー写真集「STAGE」を購入。

 長野や上田市街の桜が終わっていたとなると、標高を上げて見つけに行く。

 真田地区の桜並木が満開~ハラハラと散り始めていて見頃でした。
 
 長野県の中でも一番遅く春がやってくる白馬や小谷村では コブシが咲き出した所。桜はあと3~7日くらいで開花しそうです。
 丁度5月連休の観光シーズンに重なるかも。

 今年の春も、CBミーティングや5月のSSTRなど、弾丸的長距離ツーリングのイベントが楽しみ。

 3月末に志賀高原へ新雪パウダー滑走に行った時、筆者に初の!?儚い恋物語フラグが発生して折れた、まるで物語のような勿体ない出来事がありましたが、これは次回 スノーボード記事の滑りおさめ編にて。(^_^;)

2016年7月24日 (日)

【ンがソ化&ツがシ化現象】変な看板3連

 前回の記事では久々に長い毒を吐いてしまったので(^^)、ヲクチ直し。

 書店にて萌えバイクコミック@ばくおん!の新刊と共に、気になった季刊誌を購入。

 バイク雑誌:MOTO ツーリング 2016年夏号では、「DEEP信州完全ガイド」と題して、40ページに渡って「WEBやガイドブックにはなかなか載らない 地元民顔負けのDEEPな情報を総力取材!」(本文題字より引用)

 観光処だけ巡ってマンネリ化した方も そうでない方も「信州ツーリング」の魅力に 更に詳しくなれる記事が連なっていて面白く、一冊購入しました。

 記事の中で紹介されたスポットの8割は筆者訪問済み、1割は未訪問で知らなかった情報でした。
(残り1割は、ご訪問頂いたお客様へ紹介する、自身で見つけたDEEP情報など(^-^))

  →筆者がハマった変なカフェ「スプーンアート穂高」の情報 まで R指定のメニュー写真つきで載っていました。バイク雑誌では初紹介と思われます。雑誌記者も店内のカオスを少し体験したようで、紹介文と写真が やはりぶっ飛んでいて、サブカル&シモネタOKな方へ おすすめです(笑)

 交通アクセスや混雑時に渋滞を避ける地元民おすすめルートまで、バイクで信州に来て楽しんで欲しいと心を込めて作った編集者の気持ちを感じました。

 北海道に次ぐ聖地と言われる信州ツーリングをDEEPに楽しめますので、ビギナーにも おすすめです(^_^)


▼ンがソ化現象など看板3選

 6月 梅雨の合間に信州日帰りツーリングした時に見つけた気になる看板。

 R292志賀高原の涼風ワインディングを堪能した後、草津にて良く通る場所。

 「レストラソ」に見えますが、目を閉じてパッと見ると3回に1回くらいは「レストラン」に見える、
 ゲシュタルト崩壊というかアハ体験というか(←違う)錯覚を起こします。

 点の角度でンかソか 運命が決まるっ!

 軽井沢の町外れで。

 別荘地は道が狭い割に真っ直ぐで見通しの悪い十字路が多いので、かっ飛ばしている車や自転車に注意の喚起が、あわやコギャル風になってしまいました。

 アチョー!の チョーかもしれません。

 「シバメさん 子育て中です」
 「フンにご注意 下さ

 信州東信の某道の駅にて。ツバメの子育て中限定で出逢えた看板。

 ンがソ化よりレア、ツがシ化現象(^_^;)

 何故ツがシ化するか、某所で看板が作られていた所を見ると、原因は最初の点々2本の書き順と書く方向が逆なので、このようになっちゃうことが分かりました。

 さらに力が抜けると、「フン」が「フニ」になりそう。

 手書きならではの看板でした。

2016年7月18日 (月)

【信州北信 田園風景と】 ニキシー管 お蕎麦自販機

▼2016/06/10

 6月半ば、新緑美しい梅雨時期の晴れ間。

 信州北信 信濃町の山村風景。
 田んぼの匂いが心地よい。

 R18号沿いに見つけた、昔懐かしい自販機おそばを食べに向かいました。
 

 お蕎麦店の隣に安価な自販機蕎麦があるという信州式コラボレーション。

 天ぷらうどん・そば どちらも250円。

 7セグが当たり前の世代には懐かしく新しい、カウント数字がニキシー管!

 アナログ数字が次々と切り替わっていく、この感覚がたまりません。

 25秒のニキシー管鑑賞タイムが終わり、天ぷらそば登場。

 麺は柔らかいですが、汁の味付けが良く美味しく頂きました。

 午後はR403を登って、千曲川のビュースポットへ。 

 聖湖で休憩して戻りました。

2016年6月 6日 (月)

【快晴】絶好バイク日和

▼2016/06/03

 前回のネガティブ記事は あまり宜しくないので、お口直し(^^)

 ここ2~3日は晴天に恵まれ、暑さが和らいで 肌寒いくらいの心地よい風が吹き、3シーズンジャケットを着込んで心地よいバイクツーリング日和でした。

 冬の後に訪れる春@北アルプスの新緑。
 何年経っても素晴らしい、凜と澄んだ この景色が好き。

 日帰りで北アルプス展望道路~南海部品上田店まで200kmのショート日帰りツーリングを楽しんできましたが、お店の品揃えは益々少なくなってきていて(代わりに、去年までは素通りしていた隣接されたスノーボードショップで高級ボード用品に興味津々(^_^;;))、バイク用品の商品もお気に入りを買うと、壊れたり色褪せたりして買い換えようとした数年後にすぐ絶版や製造中止になってスペアが手に入らなくなってしまう。

 新車の値段は高騰して若い人が欲しいと思う気に繋がらず、このままではバイクに乗る人が絶滅危惧種のレッドリストになっていると思う今日この頃(^_^;)

 大型のタンクバッグ(16~22L)のファスナーが5年以上の酷使で先週のCBミーティングの帰り道に壊れ、買おうにも絶版になって売られていない。
 スマホという多機能だけどどの性能も中途半端な機械がバラまかれたおかげで、紙の地図は益々売れず、売られているのは小さいタンクバッグばかり。

 絶版となったキャスターバッグを修復してもらった山澤工房に今回もファスナー修理を依頼しましたが、念のためもう1個予備でバッグをもっておきたいもの。

 メーカーを問わず大型のタンクバッグを実物で見てみたいので、1車中泊2日で東京の大型バイク用品店を5~6ヶ所巡ってみようと思います。

2016年5月 6日 (金)

【2016年 桜花見】池田 陸郷 夢農場

▼2016/04/16

 ゲレンデの積雪が極めて少なかったり、スノーボードを突然始めたり、色々ありました2016年シーズン。
 冬眠明けのバイク起動&ショートツーリングは、

 ラベンダーガーデンの看板が抜け落ちて、
 不変ダーガーデン? が広がる、池田 陸郷の山桜へ。

 初夏を思わせる20℃超えの暖かさで、桜の見頃は半月ほど早い。

 週末土曜日、久々の青天で地元ライダーも多く走ってました。

 ここの山桜は、菜の花との競演が美しい。

 ちょうど満開!

 ムスリカ・菜の花・桜と三色コラボも見事。

 今年初の花見を楽しんだ後は、長野市のいつもお世話になっているバイク店へエンジンオイル交換に行く途中、バイクの底:オイルパン付近から冷却水漏れを発見。

 ウォーターポンプとシャフトの2カ所から漏れていて、ウォーターポンプ丸ごと交換が必要になり、しばしお預けとなりました。

 部品が絶版となっていて(スーフォアなのに・・・)他車種で取り付けられそうな汎用品を部品注文。

 14年前の手持ちのパーツリストでは約8000円と書かれている所、倍近くに値上がって何と14000円。

 25万キロ走って今まで漏れなかっただけ良しとします(^_^;)

 5月22日に開催される茂木CBミーティングは仕事と重なってしまい、今回は参加できず。

 去年のブログで「CBオーナーへ向けたインタビューなどライダー参加型内容がもっと増えると良いですね」と書いた所、スタッフがコチラを見たのかどうか、インタビュータイムが新設されていただけに残念ですが、残り2回 真夏の鈴鹿か秋の熊本、どちらかには参加したいですね。

2016年2月20日 (土)

【新橋 食レポ】東京一?変な居酒屋 加賀屋の儀式に遭う

▼2015/11/吉日

 2015年 年末のお疲れ様でした会は、新橋の加賀屋を予約して行ってきました。

 東京の中でもデンジャラスでエキサイティングで外国人のお客様にも人気という変なお店を見つけて楽しんできました結果は・・・

1.アンパンマンのマーチと大地三唱を覚えておいたおかげで、出だしはスムーズに行きました(入店すると分かる、大いなる謎)

2.メニューはミュージカル風にオーダーしないと通りません。自分の中の固定概念やらSNS疲れやらをぶっ飛ばして、2度目で通じました。(これも謎)

3.飲み放題コースにしたので、「1億円の宇宙人」というオーダーも通りました。

 お酒の持ってきかた(6カ国くらいから選べる)は、「アメリカ」を選択。
 マスターの全壊?アミューズメントショー&シモネタエキスに参りました。

4.御食事は家庭的な煮物メインのコース料理。どの品も美味しく頂きましたが、マスターのアミューズメントショーがぶっ飛んでいて、味を良く覚えていないという。あの世界に入ると記憶が削がれます。

5.2時間後、企画した文化祭が大成功で終わったかのような心地よい疲労感に襲われ、無事飲食を済ませることができました。

 1度このお店を経験すると、次からはスムーズに事が進みそうです。

 ちなみに、秋葉原で買った こちらのクッキーを開封しましたら、

 脅迫文のような小話手紙が付いておりました。無理矢理めでたく締めているところが変。 

2015年10月30日 (金)

【東日本最大級】アパリゾート上越妙高 オータムイルミネーション2015 その2 光の双龍編

▼2015/09/28 その1のつづき

 ゾーン後半、光の双龍へ向かう途中には、このような撮影スポット枠があり、

 業者による無料撮影サービスがありました。
 L判の半分くらいな小さなプリント写真を無料でもらえて、「良かったら大きな記念写真を一緒に、1000円で買いませんか?」と迫ってくる、観光地によくある写真販売法。

 カップルなら ここで手を繋いだりキスしあったりしたシーンを収めて千円払って良い記念が残せると思いますが、アタシは独り身だし、ソレ並に写せる機材(と技術経験)を持っているので、「記念になりますよ? ネットから大きな写真をダウンロードできますよ?」という若い女性カメラマンからセールストーク攻めを受けつつも、有料版は丁重にお断りしました。

 後半のメイン会場、「光の双龍」へ向かいます。

 アパホテル上越妙高のゴルフコース。9番ホールを丸ごと使った双方向グラウンドイルミネーション。

 2匹の龍は、一緒に収まらないほどの大きさ!

 魚眼レンズでギリギリ入りました。このような仕掛けになってます。

 こちらも15分に1回、パッとライトが消えてスペシャルな演出があり。

 これまたドラゴンボールっぽい? メッセージもあり。

 「想いをこめて願いの鐘を鳴らしたまえ」メッセージの通り鳴らすと、

 龍の目が赤く光ります!

 19時。夜が進むにつれて、だんだん人が多くなってきました。
 9月末の平日という空いている時期を狙ってきたので、すれ違いは余裕で出来る程度。

 ここの会場は、ギネス認定、約153万球にも及ぶイルミネーションですと!

 突然パッと姿が消えて、

 龍が火を吹いたり。

 静かな音楽と共に、いつまでも見ていられる風景でした。

 ここは新潟三大夜景の一つとなっているので、残り2つの会場にも、夏の開催時期に行ってみたいと思えます。

 9月末まではスタンプラリーが開催されていて、会場内、7カ所のスタンプを集めると、(ドラゴンボールみたい)プレゼントがもらえます。その中身は・・・

 非売品のアパホテル うまい棒でした(笑)

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ

成分分析