フォト

« 2021年7月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年9月の2件の記事

2021年9月19日 (日)

【バイク CB400SF】オドメーター 295000km突破

▼2021/09/18

 すっかり遠出する頻度が減っていますが、
 所用所急の出張と気分転換に変わらず活躍しているバイクのオドメーターは295,000kmを突破。
 あと5千キロで30万の大台。

 といって何か特別変わることもなく、ヒビ割れたゴムホース類を昨年全部変えて絶好調を維持。
 燃費も新車当時から22~24km/L、ずっと調子が良い。
 このまま一生涯乗り続けられるかは、部品絶版に対する代用品で工夫できるかの戦いになりますね。
 飽きないどころか、乗れば乗るほど面白いので。

 あ゛、お国によるガソリン車排除いぢめ(増税による増税のための増税)が始まるか・・・

2021年9月 1日 (水)

3G回線のガラケー 寿命に

▼2021/08/28 (2021/09/01 追記)

◆ たったの11年で壊れる 半人前の工業製品 ◆

 11年間使い続けたガラケー らくらくホン、数度の落下と冬場の低温酷使で遂に壊れ始める。
 基板から接触不良になり電源が頻繁に落ち、電池を交換しても本体を分解してネジを締め直しても直らず。
 フタを開閉する回転部がバキッと折れそう。

 筆者の生活にスマホは不要であり、このような月額料金が かかり続けるモノに1円も無駄なお金はかけたくないけど、3G回線のガラケーは政府のいじめ政策により2026年に強制停波決定。
 複雑怪奇・全条件把握不可能な料金プランは、政治家のその場凌ぎ指導で少しだけマシになった。
 端末本体料金は値引きなし、料金プランも複雑な割引条件なし。分かりやすくなっていました。

 現状メール使い放題+電話を月に数分だけ使って=月額1300~1500円程度の使用料金と同等の「ケータイプラン」が出来たので渋々買い換えに行く予定。

 38000円もの端末本体代金を払って手に入る唯一のメリットは、メール着信時に「ご主人様、メールが届きました~♪」とメイド風の萌えボイスを流せるようになる ことでスネ。(今までmp3すら設定できなかった)
 ワンセグ受信機能も新たに加わるのですが、テレビを視聴しない筆者には影響なし&不要な機能。

 1GBまで0円の楽天モバイルは普及したら有料にシレッと変えそうだし、通信量が超過すると料金が3000円強までどんどん上がるし、そのためにiphoneに飼い慣らされるストレスを10万円で買う気は起きない。

 生活にはケータイすら いらないくらいだけど、Wi-Fiの無い出先でパソコン宛に届いた仕事用件メールを速やかにチェックして返信するだけの使用目的。
 電話はロードサービスを呼ぶ非常時しか使わない。
 ケータイのフタを開ける前にモノクロ天面液晶画面で着信有無が事前確認できること。
 深夜の時間帯は自動で発信音をオフにできること。
 インターネットや余計な課金要素を一切発生させないこと。アプリも一切不要。
 分厚い取扱説明書を全ページ読んで、全機能が把握できること。
 月に1~2回の充電でOKなこと。
 以上全てのことが出来て余計なストレスが増えず生産性を上げられるのは、二つ折りの らくらくホンしかない。

 僅か20年でガラパゴス化した折りたたみ式ケータイの世界は、無くされるのか生き残るのか、これからどこへ向かうのか??

 スマートホンありきの電波仕様と料金体系から、OSの機能を削って高齢者向けに文字を大きくシコシコ直して使い勝手は相変わらず分かりにくい、ボタンの反応も0.5~1秒かかり遅くてイライラする、
 所謂 「ガラートフォン」に機種変更! ←そんな言葉あるのかしらっ(^_^;)

 Windowsやエゴカーと同様、新しくなる度に不便を強いられる余計な御節介機能は迷惑であり、時間の無駄が増え、生産性を低下させる損害同様。
 なぜマトモな製品を一生涯生産し続けられないのか。
 魅力の無い商品は、CM打って買わせて洗脳させなければ売れないからだ。

 筆者はタダでも欲しくないが、毎日数時間もスマホの画面に夢中になりゃ依存まっしぐらだ。

 買い切りテレビゲームと違って終わりがない。スマホの全ての要素、あらゆるボタンも配列も操作の仕組みも 脳がドーパミンを出し過ぎるよう、依存させるよう仕組まれている。ボタンやフリック操作してから次の画面が出るまでアニメーション演出させワザと1~2秒待たせるラグの間に、「何か新しいモノが来てるかな? いいねが増えてるといいな」と過剰な期待をさせるのだ。スロットマシーンもレバーを叩いて即動くよりも1~2秒待たせてからドラムが回る方が脳が依存しやすくなることが科学で証明されている。(絵柄を止める時のスベリ演出も同様)

 FacebookもTwitterもLineもSNSアプリの起動画面も、1~2秒ワザと待たせてから開く動作が、脳がドーパミンを出し最大限の依存をするようプログラマが仕組んでいる。無料と引換えに見えないドラッグテロを仕込まれる。

 それを造った開発者が得るものは、依存させて使えば使うほど儲かる個人情報の塊と、広告料の報酬だ。

 デジタル技術の恩恵を自身で判断して使い分けるのは良いことだが、ムリヤリ押しつけられて本来不要な楽をすればするほど、脳の使うべき部分が衰えてしまう。
 使うべきところをサボると、ニンゲンはニンゲンらしく無くなっていく。

 そうして10年、50年経って、生活の半分以上の時間をスマホ使用に費やす若者がどう大人になるのか? どちらがどう有利に差が付くのか? 某ワクチンと同じで未来の正解は分からない。

 計算道具一つとっても、そろばん、電卓、ドラム式レジスター、Excel、マクロ、Access、プログラミング言語、iphoneの電卓(←ボタンの反応が悪すぎて早打ちできず、使いこなせる人を尊敬する)、スーパーコンピュータ・・・etc

 面倒な作業を最大限手抜きして・生産性を最大にするために、どれを選んで どう使い込むのか。道具に使われるのではなく、自分の意思で選んで操作して工夫すること。

 こんなことばかり言ってる筆者も、もう中齢者。

« 2021年7月 | トップページ | 2021年11月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ