フォト

« <【S660 2年目のレビュー】3万キロ乗った感想> | トップページ | 【バイクイベント】2019 南海部品ライダーズMeet 鈴鹿サーキットへ参加 »

2019年7月15日 (月)

【昭和レトロ巡り】岐阜レトロミュージアム+モーニング2軒探訪

▼2019/06/29 雨

 6月30日に鈴鹿サーキットで開催された、南海部品ライダーズMeetへ行ってきました。

 連続梅雨予報なので、イベント前日 4:30にS660で出発。

 東海環状道 終点の関広見IC下車。

 あどべんちゃあ な、ミワクルを越えて、岐阜県へ。

 9:00 喫茶店でモーニング。朝食に入ったのは、関市の「かぢや」。

 カフェオレ単品は 572円、ドリンクを注文すると、+108円で「トースト・オムレツ・マカロニグラタン・冷茶・スープ・日替わりショートケーキ」が付いてきます。

 頼んだドリンクより おまけの方が多い豪華なモーニングセットで680円。
 何よりケーキが付いているので、こちらのお店を選びました。

 雨が本降りになったので、エアコンを27℃設定にしてスイッチオン。

 車内の窓が真っ白になっても、

 ワイパーを1回動かして、

 15秒ほどエアコンを作動させると曇りが取れます! この性能の良さには驚きました。

 無駄にガソリンを消費せず、すぐに出発できるのが嬉しい。

 次に、山県市の「岐阜レトロミュージアム」へ初訪問。

 入場料は値上がりしていて、1時間800円、3時間2000円。
 どのくらい滞在するか分からないので1時間券を買っておいて、それ以上滞在した場合は出る時に差額を払えばよいとのこと。

 入場券を入れたネームタグを首にかけて滞在する方式です。

 入って一番最初のコーナーは、駄菓子販売所。両側には貴重な昭和のチラシやオモチャの展示。

 FLのPengoは実機を初めてみました(゚o゚;)

 右隣はレトロな自販機コーナー。沢山置いてありますが、実際に稼働しているのは2~3台のみ。

 以前からルールが変わって、自販機コーナーに入るだけでも入場料が必要なので、自販機だけが目的なら割高に感じてしまうかも。

 パソコン慣れした時代には、このような手書き案内に新鮮な空気を感じます。

 何度も押され、年月の経過に耐えて色褪せた案内板。

 このキャッチフレーズ・写真映り・デザインセンスが、まさに昭和テイスト。

 ありましたね~ こういったブラウン管 持ち運びできるテレビ!

 悲しいことに、2011年の強制国策で地デジ化と共にアナログ電波は全く受信できなくなりました。

 お店のちょうど中央に、ワニワニパニックがあり。(入場料を払えば譲り合ってフリープレイできます)

 お子様にも熱中できる、体感レトロゲームを代表する名作です。

 1プレイした所、すぐ引っ込んじゃうワニを5~6匹逃してしまって88点。

 うーむ。腕が落ちている(^_^;)

 この施設のメインコーナーは、一番奥にある昭和時代の機種が遊べるパチンコ&スロットコーナー。

 入場料を払えば、遊び放題。

 玉も 約500玉ずつ借り放題ですが、換金は不可。

 ギャンブルではなく、お金を賭けないお遊びとしてなので営業できるらしい。

 ほとんどのお客様がこちら目当てなので、年齢層高めの人で8割は席が埋まっていました。

 1度玉を借りて大当たりしないと次々と台を移動していく人が殆どなので、しばらく待ってお目当ての台をプレイ。

 有り難いことに禁煙なので、ギャンブル嫌いな筆者も 賭け要素のないお遊びとしてのパチンコ台を初体験してみました。

 1980~1990年代に稼働していたと思われる機種で様々な台が並べられていて、全て連チャンの無い、単発大当たりのみの構成。なのでシンプルで中毒性は低め。

 「フィーバーパワフル」を選択。大当たり確率 1/240。

 音が大きすぎて割れていて耳が痛い!(耳栓持ってくるのを忘れた)

 最初に借りた玉の範囲内で、約40回転目で大当たり。

 スタッフが小まめに巡回していて、大当たりすると箱を持ってきて、昭和風にアナウンスしてくれる。

 15ラウンド10カウント:約1500個の玉が出てくる計算で、アナログにジャーーッと玉が出てきて、ザーーーッと箱に流す行為。快感へと誘うであろう音楽と演出も、耳の敏感な筆者には うるさすぎて困ってしまいましたが、玉を触っても手が全く汚れず、綺麗に手入れされていたのは素晴らしい。

 両隣のお客様も 当たり/外れに関係なく、当時の機種の演出を楽しむ という穏やかな空気が流れていました。

 大当たりした玉は他の台に持ち越し不可というので、ここで止める。

 もしお金が賭かっていたら人格が変わってしまうであろう、恐ろしい麻薬となるパチンコ依存の怖さが分かる展示でした。お酒・タバコ・ギャンブルの3大依存要素は手を出さないに限ります。

 最後に売店コーナーで「パチンコの『パ』だけ消えやすいのは何故か というテーマが含まれたウンチク本と東海地方らしいお土産に20円のクッピーラムネを買って、フィニッシュ。1時間30分の滞在で、料金は2時間分の1600円でした。

 R256を岐阜市街へ南下して、2軒目のモーニング「あいりす」で昼食。

 500~600円。一見少々高めに思えるドリンクを注文すると・・・

 アイスカフェオレ代 550円で これだけ付いてきます!

 トースト、サラダ、ゆで卵。ここまでは良く見られるモーニングサービスですが、

 更にオレンジ、グレープフルーツ、すいか、バナナ、パイナップル、メロン、ブラッドオレンジ、ゼリー

 そして5個も付いた みたらし団子!

 特にフルーツが9切れも付いているので、フルーツ好きの筆者には有り難いモーニングでした。

 ショッピングモールを目指してR157を本巣市方面へ。


 ↑駐車場 箱の ウラ に見えてしまう 謎の岐阜県現象 その1。


 ↑青信号の歩行者マークが天へ昇天しそうな 魂のスピリットタイム? 謎の岐阜県現象 その2。

 モレラ岐阜のショッピングモールを探訪。週末は子連れのお客様で混んでいて歩くのも大変。

 むあっと雨上がりの暑さとなり、窓全開で汗をかきかき、K53を西へ。

 行き先真っ黒な雨雲なので、突っ込む前に 道の駅 池田温泉へ。

 気になる岐阜県看板その3: ②の案内とは? 萌え萌えキャラのグッズ販売コーナーは見当たりませんでした。

パンのソンシツ物件 プレミアムパソ

 気になる岐阜県看板その4:これは、プレミアム パソ だ(^_^;) 久しぶりに見つけましたソンシツ物件。

パンのソンシツ物件 もち麦ブレシド

 気になる岐阜県看板その5:こちらはパンですが、もち麦 ブレシド だ(^_^;) まさかの2連発看板を拝みつつ、280円のブルーベリーを食べて休憩。

 R21は順調。R8 彦根市街のイオンモール出入口近くが大渋滞。

 18:15 極楽湯 彦根店で入浴。HPから印刷した割引券持参で、200円引きの700円。

 レストランの牛リブカットステーキ丼(\1080)が柔らかく食べやすくて予想以上に美味しかった。

 予約しておいたゲストハウス無我へチェックイン。

 1泊\3000+駐車場 \300。2段ベッドの古民家ドミトリーハウス。

 宿泊者はワタシだけなので、着いて早速オーナーと雑談しはじめ、ザーザー雨の中 2時間盛り上がりました。久しぶりに筆者も日本語会話が弾みまして ありがとうございました _(._.)_

 エアコンが弱めに効いていて、布団は薄くても ふかふかで快適な夏仕様。良く眠れました。

(2日目へ つづく)

« <【S660 2年目のレビュー】3万キロ乗った感想> | トップページ | 【バイクイベント】2019 南海部品ライダーズMeet 鈴鹿サーキットへ参加 »

42-ロングツーリング」カテゴリの記事

66-S660」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <【S660 2年目のレビュー】3万キロ乗った感想> | トップページ | 【バイクイベント】2019 南海部品ライダーズMeet 鈴鹿サーキットへ参加 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ