フォト

« 【昭和レトロ巡り】岐阜レトロミュージアム+モーニング2軒探訪 | トップページ | 【映画】天気の子を鑑賞してきました »

2019年7月22日 (月)

【バイクイベント】2019 南海部品ライダーズMeet 鈴鹿サーキットへ参加

▼2019/06/30 曇→雨

 雨の中S660 ツーリングの2日目。屋根にシトシトと当たる雨音で目覚める。
 宿のオーナーからR306は通行止になっていますとアドバイスを受ける。

 鈴鹿スカイラインもスリップの恐れがあるので、彦根ICから鈴鹿ICまで高速道路で直行。

 7:50 鈴鹿サーキットに到着。 

 2019 南海部品ライダーズMeet in 鈴鹿へ。

 鈴鹿サーキットでは初開催とのこと。

 渋滞はなく、車は1000円の有料第3駐車場へ案内される。

 ここから会場への入口が分からず当てずっぽうに歩いて階段を上った所、おしゃれなレストラン&ホテルフロアに入ってしまい引き返す。

 駐車場の外周をぐるっと遠回りして20分ほど歩いて入口ゲートに到着。1700円のサーキット入場料が必要なことを事前に知らされておらず、少々考え直すも このために片道500km運転してきたので、お金を払って入場。

 念のため南海部品のポイントカードを持ってきたので、少し割引で1350円になりました。

 幸い雨は止んでいましたが、関西方面から大雨になりはじめているということで、折りたたみ傘を持って会場へ。

 8時から既にイベントは始まっているので、ステージトークの聞こえる方向へ進む。

 入場に有料+大雨予報という条件が重なり、人通りはとても少ない。

 更に気温が高く、30℃の湿度90%という環境で、じっとしているだけでオデコと背中から次々と汗が流れてくるという状態。

 匂いはなくサラサラの汗であることを確認して、熱中症にならないよう600mlのスポーツドリンク2本を飲みながら、すいているうちに各ブースを巡りました。

 早速目に入りましたのが、伊勢の萌えキャラクターの痛バイク。

 碧志摩メグたん ですと。

 筆者のバイクのタンクも18年経過で純正新品は手に入らないので、これ以上色落ちと剥がれが進んだ際には、いよいよ痛車化ラッピングに? という参考に観覧。

▽会場内で買ったもの

 ・リレーアタック防止キーケース
 ・調光サングラス
 ・ミラーシールドのコートに使用しても影響ないシールドクリーナー(クリーンイノベーター)1缶
 ・極小さい傷があり、検品から外れたB級品 ミラーシールド(おそらく、T's製)
  定価の50%OFF。メーカーで欠品中の丁度欲しかったカラーがあったので1枚購入。

 現物を見てスタッフから案内を受け、魅力ある商品に散財しました(^_^;)

 一方、南海部品がバイク用に新発売したというバイクナビ「NNV-001A」を少し触ってみましたが、欠点だらけ。

 経由地設定ができない、地図のスクロール速度が遅すぎる。タッチしてから2~3秒後にようやく地図がモッサリ動く遅さ。パナソニックのゴリラ ナビより遅くて使い物にならないレベル。
 ファイルが欠陥して調子悪くなったWindows95かヨ! と思うほど。
 これは国産ではないですね。格安の中国製品に防塵防滴のゴムを被せただけと思われる商品。

 これは千円でも買う気が起きません。もっと作り込んで欲しいです。

 ライブオンステージを鑑賞後、同日に開催されていたバイクレース「2019 FIMアジアロードレース選手権」の観戦ブースへ向かいます。


 南海部品イベント会場のすぐ隣を真っ直ぐ突っ切り、鈴鹿のストレート 観戦パドックへ。

 日本ラウンド 第4戦 SS 600cc クラスのウォームアップ走行中でした。

 ウォームアップ走行といえども、爆音&爆速!

 流し撮りが追いつきません(^_^;)
 間近にバイクレースを見たのは初めてなので、200km/h超えの早さと何よりも爆音具合に驚きました。

 ストレートを通り過ぎると地響きがするほどの迫力。(耳が弱い人は耳栓必須)

 トップ選手は、ウォームアップで1周2分13秒台!

 エンジンを高回転域まで回した時の音の激しさが、グランツーリスモ スポーツのようなゲームで遊んだ時と、実際の本物では全く違うことが体感でき、良い経験になりました。

 更に排気量の大きなASB1000クラスのウォームアップ走行も観戦後、ステージへ戻る。

 NANKAIサポートライダーのトークショーを観覧後、

 本降りの雨が降ってきたので、トライアルのデモを待たずに、帰り道へ。

 途中、コカコーラの観覧車隣にあるレーシングシアターが気になり、800円払って鑑賞。

 座席が動いたり水霧もかかってくるフォーミュラカーレースのシアター。

 本物のバイクやS660のコーナリングにかかるGに比べると穏やかに感じますが、映像に合わせて動く椅子の仕掛けに「良く出来ているな~」と周囲の装置までキョロキョロ見回していたら あっというまに1周 約4分の上映が終わりました。お子様やバイク未経験の人には良いかと思います。

 出口には、「ディスカバー モータースポーツ」という、判断力・動体視力・技術力・体力 などを測定できる体験型装置がありました。

 どれも操作がシビアすぎて低いスコアしか出せませんでしたが、ペダルを漕ぐ自転車型の こちらだけは自信があったので、

 骨折時のリハビリトレーニングの如くペダルを全力で漕いだ所・・・

 当日の1位 トップスコアを出しましたが、レースはこれ以上に激しい運動を長時間続けるスポーツなのヨとご案内を受けました。確かに、集中して乗っているだけで汗かいて痩せますし。

 11:00 会場を後にして帰路へ。

 13:00 東名阪 御在所SAで昼食。日曜日でフードコートは大混雑。きつねうどんと わさびおにぎりで昼食。

 スリーピング イン マイ カー 足伸ばせない~
 スリーピング イン マイ カー 仰向けになれない~♪
 Don't let the driver become "economy syndrome".
 But nature and pleasant smile~♪

 という歌詞が頭の中に作られる車で途中仮眠しつつ雨の高速道路をひた走る。

 再出発時にはエアコンというハイテク機能の恩恵に授かり、15秒ほどで窓の曇りは取れるので「40秒で支度しな! by(以下略)」にも間に合います。

 雨で窓を全閉にしたS660の車内では、エアコンを作動させ続けていると寒くなり、スイッチを切ると途端に滝のように汗が噴き出る湿気&熱気になるので、風量最弱で作動させ続けるのが良いと感じました。

 温度よりも湿度の方が快適さに関わることも分かりました。30℃の90%と30℃の30%では汗のかき方が全く違う。

 エアコン常時作動で、燃費は軽自動車だと概ね15~20%落ちると言われてますが、この車もきっちり20%ほど、3~4km/L落ちで、22~24km/Lになります。

 2時間おきに仮眠と休憩を繰り返し、駒ヶ岳SAで焼肉定食を食べてベンチで身体を伸ばして長めの休憩をとり、22:20に帰宅。

 令和発表オジサンが萌え2次元キャラになってオマージュすると、このような感じ?!
 地元の書店で、BGMに聞きたいアニソンメドレーなCDアルバムが流れていました。

« 【昭和レトロ巡り】岐阜レトロミュージアム+モーニング2軒探訪 | トップページ | 【映画】天気の子を鑑賞してきました »

42-ロングツーリング」カテゴリの記事

66-S660」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【昭和レトロ巡り】岐阜レトロミュージアム+モーニング2軒探訪 | トップページ | 【映画】天気の子を鑑賞してきました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ