フォト

« 【修理】ソニーのポータブルワンセグTV「XDV-D500」の電池交換方法 | トップページ | 【修理】楽ナビポータブル「AVIC-MRP006」を自力で電池交換 »

2019年5月13日 (月)

令和1年 拾得物事件簿 インコおばさん編

※下記文章には、善の心を踏みにじる不快な出来事が含まれている恐れがあります。
  特にパチンコ等、ギャンブル依存の深刻なお客様、肩にインコを乗せているお客様は読み飛ばすことをお勧めします(^_^;))


◆ 令和1年 忘れられない一日 ◆

▼2019/05/吉日

 埼玉のバイク用品店へ、6年ぶりのヘルメット買換えで試着購入に往復600km日帰りツーリングした時のこと。

 SHOEIのZ-7を1割引で購入し、新製品のフィット感に感動して出発した帰り道。

 セルフのガソリンスタンドで給油を終えて道路に出ようとした時に、17号線バイパスの道路の真ん中に大きな財布が落ちているのを見つけ(てしまい)ました。

 長財布で高級ワニ革のような見た目。持ち主は相応の身分でいらっしゃる予感がするので、中身が減った減らないと無用なトラブル防止のため深く関わらない方が良いと思い、スタンドの店員へ届け出る。

 「お礼は要らないので、店の出口に落ちていたこの財布を警察へ届けてもらえますか?」とお願いするも、

 「私どもでは そのようなことは出来ません。お客様が届けて頂けますか」と言われてしまった。

 「遠くからツーリングで来ていて周辺に詳しくないので、代わりに届けてもらえないでしょうか。」と頼むも、「私どもでは出来ません。」とのこと。

 仕方ないので、バイク用の手袋をしたまま(指紋が残ってトラブルになるのは避けたい)持ち主の連絡先がないか中身を確認。千円札3枚と運転免許証、パチンコ店の貯玉会員カード数枚に消費者金融の案内カード。

 パチンコ+消費者金融という2コンボは危険な匂いが漂っている。こういう場合の問い合わせ方法には、極力気を付けないとならない。

 自動車保険の会員証にお客様の連絡先と思われる電話番号が書いてあったので、問い合わせてみる。そして財布のファスナーはすぐに全閉にした。

 筆者:「突然の電話恐れ入ります。私は今埼玉に旅行に来ている○○と申します。お伝えしたいことがありまして、この電話番号に連絡しました。実は拾ったものがありまして、お客様のものであるか本人確認をしたいので、この携帯電話番号(090-****-****)のお客様のお名前を頂戴できますでしょうか?」

 相手:「えっ? あっ? もしかして、財布のこと? ○○ですけど。財布? 財布拾ったのね? あなた、どこにいるの? すぐ行くから! 場所を教えてちょうだい!」

 筆者:「お名前○○さんですね。こちらに書かれていた電話番号とお名前が一致しましたので、お伝えしたいことがあります。お客様のものと思われる貴重品を拾いまして、これから警察に届けますので、その旨了承いただけますか? 最寄りの警察署に届けたら、警察署の名称と連絡先をお伝えします、もしくは警察署の方から私の立ち会いで そちらへ連絡するようにしま・・・」

 と言っている最中に話を割り込まれる。

 相手:「ちょっとちょっと、何言ってるの! 今から もらいにいくから、あんた、何処にいるの? 場所を教えてちょうだい!」

 筆者:「警察に届けないのですか・・・? 困りましたね、私は○○○○のスタンドに居ます。どのくらいで来れますか?」

 相手:「すぐ行くから、ちょっと待ってて!(プツッ)」

 切られた(^_^;)

 再びスタンド店員の所へいき、かくかくしかじか上記の説明をしたので財布の持ち主が来たら返してもらえますかと頼むも、それは責任がとれないので出来ませんと言われる。

 慣れない出来事に喉が渇いたので店内で缶コーヒーを買って、待つことにする。(この間に110番して警察を呼ばなかったのが筆者の落ち度と、後で身をもって知ることになります)

 帰り道で日暮れも迫っているので、しばらく待って来なかったら再び電話をして警察に届けると言おうと思い、15分ほど経った時。


◆◆◆


 持ち主と思われるおばさんがやってきた。

 あちこち凹んだ軽自動車を盛大に空ぶかしして駐車スペース2台分を占有して境目の白線を踏み潰し、斜めに曲がったまま停車。
 走って店内へやってきた。免許証の顔写真とほぼ一致。あの慌てっぷり、間違いない。

 相手:「ちょっと! 財布はどこ? どこにあるのよ! 誰が持ってるのっ?!」

 見た目60~70歳代の おばさん。ただ一つ、私の人生の中で見慣れないポイントがあった。

 このおばさん、何と肩にインコを乗せている。

 筆者の人生に於いて、動物園以外で肩にインコを乗せているおばさんと乗せてないおばさん、危険と思うのはどちらですかと尋ねられたら、前者と即答する。そんなおばさん。

 筆者:「こちらの貴重品をあそこの出口の道路で拾いまして、中身には一切手を付けていません。突然の電話で驚かせてしまって申し訳あ・・・」

 と言っている途中に口を挟んできた。

 相手:「これ、あたしのよ! 返しなさいよ!」と、机の上から財布をひったくるように奪った後、中のお金を数えだし、

 相手:「ひい、ふう、みぃ・・・ あら嫌だ。千円足りないじゃないの!」

 肩に乗せたインコに向かって一言「ピーちゃんっ、この近くに泥棒さんがいるわねぇ。」

 指にツバをつけて数えた貴方の思い違いじゃないのか。勿論筆者は財布の中身に一切手を付けていない。防犯カメラの映像を見れば立証できる。

 ここまで、相手から一度も「拾って頂き ありがとう」と言われていない。筆者は財布を拾って届けた恩人ではなく、180°正反対の冤罪符を貼りたがっているようだ。

 相手:「ああ、嫌だ嫌だ、行きましょ。ピーちゃん」

 振り返ることもなく、インコを肩に乗せたおばさんは自動ドアのボタンを押して店外へ出て行った。

 インコの後ろ姿は、黄色と赤の美しい模様になっているのだなあ・・・ と数秒放心状態になった後、すぐ我に返った。

 普段温厚な筆者と雖も正義の鉄拳が発動してしまい、車に乗って立ち去ろうとした おばさんの所へ駆け付けた。

 「ふざけるのもいい加減にしろ! 何だその態度は、人を泥棒呼ばわりで冤罪にするのか! 詐欺で訴えてやる! 警察呼んで防犯カメラの映像検証してもらうから、出てこい!」と、窓を叩いてドアを蹴って大声で呼ぶも、

 筆者を無視してアクセルを踏み込み猛烈な勢いでバックし、車は立ち去っていった。

 「逃げるのか、卑怯者! ギャンブル依存の借金お○゛さんめ、ロクな奴じゃねぇ!」

 無念の怒りの感情が湧き、l|i _| ̄|○  ←こうなった体勢から、深呼吸して心を整える。

 店内の缶コーヒーをもう1本買って130円を貢ぐも、大変でしたねと声をかけられることもなく店員は他人事のようにレジ対応に精を出していた。触らぬインコに祟りなしってカ(^^)

 コトの全てを録画していたお店の防犯カメラの映像を見せて頂けませんかと店員に尋ねたら、警備会社に委託しているので、データを見せてもらうには4万円必要ですと言われ、防犯カメラの意味ないじゃん! と、これ以上正直者が馬鹿を見るイベントに付き合ってられないとその場を後にした。

 すっかり日が暮れて夜空となった関越自動車道をひた走りながら帰り道に思う。


◆◆◆


 ギャンブル依存で教養が低下した人は、都合の悪さを他人のセイにする。

 インコを肩に乗せたパチンコ通いのおばさんは、善の心を踏みにじる。

 260円費やして学んだ、令和時代初の事件簿。

 エンジンオフ後も録画できる駐車監視機能付きのドライブレコーダーがこれほど必要だと思ったことは今までありませんでした。この店の防犯カメラは正直者の味方ではなかった。

 令和1年のレシートと新しく買ったヘルメットを見る度に この事件について考える。

 ギャンブル依存借金中毒対策の教材として映画化するには適した出来事だ、と。


 いくら異性と付き合ったことのない寂しい筆者といえども、選ぶ権利はあると思うので、

 次に女性と巡り会えるなら、肩にインコを乗せてない人を希望しますっ★

« 【修理】ソニーのポータブルワンセグTV「XDV-D500」の電池交換方法 | トップページ | 【修理】楽ナビポータブル「AVIC-MRP006」を自力で電池交換 »

42-ロングツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【修理】ソニーのポータブルワンセグTV「XDV-D500」の電池交換方法 | トップページ | 【修理】楽ナビポータブル「AVIC-MRP006」を自力で電池交換 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ