フォト

« 【RPGゲーム】新約 帽子世界をプレイ。100点満点 ストレスフリーなRPG | トップページ | 【修理】ソニーのポータブルワンセグTV「XDV-D500」の電池交換方法 »

2019年5月 4日 (土)

ブレーキ踏み間違え事故と免許返納制度について対策案

▼2019/05/04

 何度も繰り返し起きるクルマのペダル踏み間違え事故や、逆走による死亡事故。

 クルマの機能が便利になればなるほど こういった事故が増えていると感じるのは何故かを昭和生まれの筆者が考えます。

 先月池袋で起きた踏み間違い暴走死傷事故もあってメディアで騒ぎ始めた、免許センターで行われている高齢者講習は、卒業検定に不合格するレベルの運転でも「ヨシヨシ、イイ子イイ子、間違えじゃだめだよ、メッ!」と宥めるだけで、信号無視しても車線をはみ出して走行しても標識を見落としても、免許返納を促す、もしくは強制的に返納させるといったことは全く機能していないと分かりましたので、これ以上理不尽に命が奪われる悲しい事故を増やさないために、思うことと改善案を書いてみました。少々長いです。


●クルマ&バイクの危険運転者の特徴:

・ブレーキをON・OFFだけの2段階スイッチのように操作している。

・アクセルもON・OFFだけの2段階スイッチのように操作している。

・↑上記のように運転していると、クラッチの操作も荒いのでギアチェンジの度にガクガク前後に揺れて不快になる。

・↑なのでマニュアル車は面倒だから嫌だ! オートマ車しか運転しない(できない!)と言う。

・オートマ車で必要な時にギアを下げる+エンジンブレーキという意味を知らず、常に「D」レンジのまま運転して、上り坂でスピードが落ち、下り坂でスピードが上がるとブレーキを踏み続け、カーブの度に曲がり始めたらパコパコ ブレーキを踏んで、周りに迷惑をかけている。アクセルもブレーキもON・OFFの2段階でパコパコ踏んで離しての繰り返しで速度を一定に保てず、同乗者が酔う。

・クルマのことを知ろうとせず、メンテナンスや知識を全部お店と他人任せにしている。(説明書を全ページ読まない、消耗品や部品を変えるタイミングを知らない)

・道路事情の変貌、交通状況を鋭く読み危険回避の方法や運転技術の向上、知識を常時学ぶことに努める気が無く、「免許さえとれば後はコッチのもんだ。」とふんぞり返り、他人から見て危険な運転操作のままハンドルを握っている。

・便利な機能に踊らされすぎて、楽をした分 脳の機能が衰えている。

・運転中に想定外の事態が二重三重と同時発生した時に慌てて、即危険回避の判断ができない。

・高齢になるほど頑固になり、「自分のやってきた方法が全て正しい」と思い込み、他人から指摘されたことに腹を立てて行動を直そうとしない。

・ゆえに、停まりたい時に 誤ってアクセルペダルを踏んで、間違えた時に

 正常な人ならここで「間違えた!」とアクセルペダルを足から離して すぐにブレーキへ踏み換えますが、

 「オレはブレーキを踏んでいるのに何で停まらないんだ!」と言って己の誤りを車のセイにしてアクセルペダルを更に強く踏む人。(防犯カメラの映像を検証すると、大抵この動き)

 どこかに衝突して初めて気づく(←この時点で免許証要返納レベル)
 人を轢いても気づかず(他人やクルマの不具合のせいにして)、さらに暴走し続ける(←殺人レベル)

 これが危ない。よく言われる「アクセルとブレーキの踏み間違え事故」です。

 これは、「ブレーキと間違えてアクセルを踏んでいるのに、その間違いを認めずに そのままアクセルを踏み続けて車を暴走させる事故」と改名して報道して欲しいと思います。

 「脳機能の衰えによる操作不良事故」と言ってもいいでしょう。

 これだけ頑固で危険な人が、筆者の村にも少なからず存在します。(車をしょっちゅうぶつけるので要注意人物としてマークされている)

 これからも運転してヨイかダメか、○か×かの二者択一ではなく、


【筆者が考えた、危険運転を減らすための免許更新制度 改善対策案です】

 免許保持者全員が継続検査を行いに教習所や免許センターに殺到するとパンクするので、

 全都道府県に民間会社「免許更新継続試験センター」を作って雇用を増やすか、現在天下り状態の交通安全教育センター(SDカードを発行している所)を改名して この体勢が出来るようにしてもいいと思います。政治家がタダ金だと思い使い放題の税金を こちらに活用するなら消費税が上がっても怒りません。

 免許保持者は全員対象、若い人は免許更新の度に(不安を感じたら毎年1回)、高齢者または前回点数が低かった人は1年に1回(不安な場合は数ヶ月毎)、下記A~Cの検査を行う。

 A.運転操作・認知機能に関する知能検査。(脳の思考能力を検査する。病院の人間ドックでも出来るようにする)

 B.シミュレーター検査(実車では危険で体験できない、様々な危険予測と回避、状況判断を行う。クルマのディーラー店でも設備を置いて出来るようになるのが望ましい)

 C.実車検定(教官か警察官か警察官天下りが同乗で、教習の卒業検定より更に厳しいレベルで教習所内のコース+路上検定)を行う。

 それぞれ100点満点法で評価。B.とC.検定中の運転状況は録画して見直せるようにDVDで配布する。信号・標識無視や逆走など、事故直結の危険行為を1回でも行った場合は点数に関わらず「不合格:要再講習」とし、1時間講習を行ったうえで再検定する。3回連続「要再講習」評価を受けた場合は不合格 0点とし、免許取消処分とする。

例:A.運転操作・認知の知能検査: 100点中、91点 ◎
  B.シミュレーター 危険回避検査: 100点中、72点 ○
  C.実車検定: 100点中、82点 ○

 というように結果を表示。評価の結果は過去10回分免許証裏に印字記録される。

 25点以下: × 不合格。危険なので要免許返納(医師か警察官の診断のもと、強制的に免許返納をする)
 26~50点: △× 脳の機能が衰えているので厳重注意(不安なら自身で免許返納する。免許返納した場合は数万円キャッシュバック等の制度を作り、危険な運転をする人を減らすことを促す)
 51~70点: △ やや衰えあるので注意。評価の低かった項目に今後厳重注意する。
 71~89点: ○ 平均レベルなので油断せず運転するように
 90~100点: ◎ 優れたレベルですが、過信せず運転するように とランク分け。

 25点なら不可、26点なら可というわけではなく、26点でも不安があるなら(もしくは他人が見て、明らかに危ない運転なら)返納を促す。

 ただし1つでも26~50点以下の項目があった場合は3ヶ月以内に再検査を行い、前回より点数が低下した場合は、「極力免許返納を推奨する」評価とする。

 B.とC.両方91~99点を取った人は「準優良運転者」とし、次回免許更新検査費用を3割引する。
 B.とC.両方100点を取った人は「優良運転者」とし、次回免許更新検査費用を5割引する。

 1回で免許取消(返納)か否かが決まる厳しい検定なので、不安な場合はC.実車検定を想定した「継続試験 事前練習」を いつでも有料で出来るものとする。(教習所内コースで模擬練習)

 家族や夫婦が言うと言い争いになってしまう この問題について、自分は大丈夫なのか?という不安を取り除くために、運転者だれもが苦にせず納得して緊張感を持ち免許を所持できる制度を作って欲しいと願います。

« 【RPGゲーム】新約 帽子世界をプレイ。100点満点 ストレスフリーなRPG | トップページ | 【修理】ソニーのポータブルワンセグTV「XDV-D500」の電池交換方法 »

99-その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【RPGゲーム】新約 帽子世界をプレイ。100点満点 ストレスフリーなRPG | トップページ | 【修理】ソニーのポータブルワンセグTV「XDV-D500」の電池交換方法 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ