フォト

« 【S660】2018 東北ツーリング 8日目 フピード注意 | トップページ | 山育ちは海を目指す »

2018年11月 6日 (火)

【S660】2018 東北ツーリング 9日目 七曲がりまくる

▼2018/10/03 晴れ

 夜中、トラックの通過音に数回目覚めた以外は良く眠れた。

 木々の隙間から朝の日差し。

 放射冷却が無かったようで、幸いテントが濡れておらず片付けはスムーズ。

 テントの快適さに、大きめの蜘蛛がいらっしゃいました。
 片付け時に潰してしまわないように丁重に素手で捕まえて逃がしました。

 7:10 出発。

 これは! イントゥ・ザ・ワイルドな世界を感じる廃バスが。

 遠刈田は、「王こナし」じゃなくて「こけし」の街。セブンイレブンで朝食購入。

 なお、ここから北の方角にある柴田郡川崎町には二度と近づかない(2008年の記事参照)

 K12 蔵王エコーライン入口のPで朝食。

 そぼろごはん弁当、卵入りサラダ、トマトと黒にんにくの残り全部、ホットコーヒー、バナナ。

 ツーリングも連続3日を過ぎると身体が旅のサイクルに慣れて、失湖や運個の調子が良くなります。

 某NHKテレビの天気予報アナウンスは最近余計な御節介言い回しが耳について目立つ。淡々と事実を報道すればよいものを、観るだけで腹立たしくなる内容。民法のバラエティ番組と化している。

 スマホがないと何も出来ないニンゲンを量産してケータイ会社を儲けさせている気がしてならない。

 メディアの雑念は振り払って(^^) K12 蔵王のワインディングを楽しみます。

 ヘアピンカーブの連続が極上に楽しい。1.0Gかかっても余裕があるコーナリング。

 自分のお尻を中心に車体が思い通りに曲がっていく感覚。

 駒草平Pで休憩。コペンに乗っている福島出身のオジサンに声をかけられる。

 コペンも試乗したのですが、帽子が飛んじゃって運転席前後の圧迫感が残念ながら合いませんでしたの話。

 山頂への有料道は霧に覆われていたので通過して、

 お釜リフト前Pに到着。

 今は希少となってきた一人乗りシングルリフト。

 中腹の紅葉が色づき始め、パソコン疲れの目に優しい景色が広がり保養になりました。

 下りも快調。山形側の道路状態が悪かったので、こちらを下りにして正解。

 麓まで下ると日差しで一気に汗が出てきたので、上山のセブンイレブンでモンスターエナジー キューバリブレを1缶。

 Wi-Fiを使って夜の天気予報(雲の量予測)を調べると・・・ 雨の心配はないものの一面に分厚い曇り。星空の撮影は残念ながら今回は叶わず。

 K13~K268で道の駅 高畠へ。

 北斗の拳みたいなキャラクターの辛口カルパス、ビーフジャーキー、終わり気味の時期に破格の600円 シャインマスカットを購入。

 先日食べた「高尾」は東北地方の希少品でした。巨峰のように渋みがなく、ナガノパープルに似た甘くて食べやすい品種でした。

 一人乗車で屋根幌を開ける時、ボンネットに仕舞うのは面倒なので助手席に突っ込んでおけば開閉も運転席に座ったまま出来るので、積極的にオープンにして風を感じたくなります。

 ぶどうまつたけライン~立沢地区~K151~K2 と県道と農道を辿る。

 十字の線が妙~~~に太い交差点標識。

 福島県へ入ると、センターラインを割ってカーブを突っ込んでくる地元高齢者が多くなってくる。

 田舎にあるある@あと ちょっとの、「ちょっと」が長い。

 都心の感覚:ちょっと=電車で1~2駅、5~10分。

 田舎の感覚:ちょっと=信号2~3個、車で30~60分。

 ここの ちょっとも、かなり ちょっと でした。

 14:20 東鉢山 七曲展望台に到着。

 ↑去年の9月、S660のレンタカー(黄色)で来ました、S660の購入を決めた懐かしい場所。

 去年のレンタカーが・・・

 今回はマイカーに(^^)

 去年、レンタカーで初のオープン走行を試した この場所は・・・

 今では当たり前のようにオープン走行するまでにS660の経験値上昇。

 桧原湖沿いの早稲沢浜キャンプ場に行くが、チェックイン終了時刻まで30分以上あるのに既にスタッフがおらず、入口の小屋は「受付終了」の看板が出てカーテンが閉まっている。

 シーズンオフのキャンプ場のやる気はこの程度。予約がなかったからやる気が御座いませんのね。

 星空も期待できない予報なので、ここでのキャンプは断念。

 磐梯吾妻レークラインで、あだたら方面へもう一走り。

 秋元湖を見下ろすPで撮影していると、年輩の夫婦に声をかけられる。

 ガラケーで充分だったのに理由も分からず機種が無くなるとお店に脅され?持たされたスマホは高いし疲れるし詐欺メールは多いしアプリは面倒だしで、生活にマイナスの影響の方が多いのではという話。夫婦ともに嫌々スマホを使っているというので、その実態と対策を職業病柄ついつい詳しく教えて話が盛り上がってしまったご時世。こんな場所で。

 16:05 道の駅つちゆ。平日でも元気なオジサン&オバサンライダーが多い。

 長いトンネル内を臭いダンプの後ろ走行で少々喉をやられる。

 購入して半年で当時借りたレンタカーよりもオドメーターが多く回っているという謎。

 R459を降り、あだたら高原キャンプ場を下見した後、麓のヨークベニマルで食料購入。

 レジ横の電子レンジで弁当を温めて、日が暮れる前に車内で食べちゃう。

 筆者好みのビターな味する蔵王ハイカフェオレが純正ドリンクホルダーに入らないの章。(四角いから・・・)

 あだたら高原キャンプ場でテント設営。駐車場が半分埋まるほどライダー&車のキャンパー(筆者も含む)が多い。

 歩いて8分、スカイピアあだたらで入浴。(\510)

 風呂上がりに蔵王いちごオレ。

 真っ暗な中テントへ戻って中へ入ると久しぶりに味わう湿っぽい感覚、YOYUTU@内側にベッタリと夜露。

 今回の旅で、筆者はバイク・車問わず、不便を乗り越えて安価で自由に済ませられるキャンプが好きなのだと分かり、体力・精神的な問題が年齢と共に出てきたものの、精神的余裕、空き地を探す嗅覚能力含めて野宿&キャンプツーリングのスキルは20年経っても変わっていないと感慨に耽りつつ、夜が更けていく。

 車6台、テント6組。カルパス辛口は 喉が渇く辛さ。

 周りの焚き火組も22時を過ぎると当然のマナーの如く静かになり、筆者も22:20過ぎに就寝。

 S660 本日の走行距離:220.3km

« 【S660】2018 東北ツーリング 8日目 フピード注意 | トップページ | 山育ちは海を目指す »

66-S660」カテゴリの記事

18-S660 東北ツーリング '18 秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【S660】2018 東北ツーリング 9日目 七曲がりまくる:

« 【S660】2018 東北ツーリング 8日目 フピード注意 | トップページ | 山育ちは海を目指す »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ