フォト

« 【S660】2018 東北ツーリング 7日目 インホメ・リクリェさえ居ります | トップページ | 【S660】2018 東北ツーリング 9日目 七曲がりまくる »

2018年11月 2日 (金)

【S660】2018 東北ツーリング 8日目 フピード注意

▼2018/10/02 秋田側が雨、岩手宮城県側は晴れ

 夜露に濡れた車体を拭き、ビジネスホテルの簡単な朝食。(食パン1枚、小さいポテトサラダ、コーヒー、牛乳、ヨーグルト)

 S660唯一の収納スペース、ボンネット内のボックスには、これしか入りません。秋冬用寝袋と下着&衣類を入れただけで満杯。

 このクルマに漏れなく付いてくるメリットとしては、走行中に50℃を超える熱気で乾燥機状態になり、ホカホカに温まります。反面雨天走行で雨水が僅かに入ってくるので、ビニール袋で防水が必須です。

 1週間ぶりの青空! 道の駅厳美渓に寄り道。

 右隣に停めたオジイサンから、5ナンバー普通車から軽自動車(ハスラー等)への買い換え相談に話しかけられ応じる。ジムニー・ハスラー・テリオスキッド・パジェロミニなど一通り雪国で耐える仕様の軽自動車に乗った筆者の経験から各々の特徴を伝える。お礼に冷たい缶コーヒーを頂き御馳走様です。

 さらに左隣に停めたオジサンからもイクラチャン質問をかけられ、久しぶりに日本語会話が出来ました。

 直売所のブドウ:ブラックオリンピア(\500)を購入。

 近くのコンビニでJETストリームのボールペンを購入。使い始めて半分もしないうちにインクが出なくなってしまう個体が多いと思う。

 バイクに乗る女の子は、なぜこんなにも可愛く映えるのでしょう!?

 R342 栗駒峠へ。秋田県側が雨予報となっていて、雲行き怪しい感じ。

 日陰に落ち葉が残っているものの、先日走ったタイマグラの酷な県道に比べると全く大丈夫。

 山頂の須川湖から予報通り雨模様に。

 紅葉始まりの良さげな時期でしたが台風一過の強風が残り、人通りは極めて少ない。

 一文字取れて須川オンスンになってしまってました。

 R398を宮城側へ降りると、これまた予報通り青空の晴れに。

フピードおとせ

 一時停止した丁字路にて。絶妙に文字が掠れて「フピードおとせ」に。

 12:25 R47 あ・ら・伊達な道の駅に到着。平日でもかなり賑わっていたので寄ってみる。

 オープン走行しているロードスター・カプチーノ等スポーツカーとも次々とすれ違い、日差しが心地良い!

モンブランソフト ファーストフードフード

 壊れたDJカセットテープでしょうか語尾リピート系。「ファーストフードフード」。

 ファーストフードのフードです。

 厳美渓で購入したブドウ(ブラックオリンピア)と豆おこわで昼食。

 ブルームが一面に付いた新鮮なブドウなので水で僅かに洗って美味しく頂きました。

 R4は避けて、R457で南下(抜け道に正解)

 仙台に入ると曇り空で辺りが暗くなってくる。今にも降り出しそうで降り出さない。

 大衡村からR4。高速には乗らず、名取まで40kmの間、渋滞もなく赤信号で停まる回数も予想より少なく順調に下道を通過。

 発進時の出だしが異様に速いと感じるR4の名取ダッシュもS660なら流れに乗れる。

 15:25 名取のセルフエネオスGSで給油(@150円、26.26km/L)

 3年前にクレジットカードやポイントカードの勧誘に不愉快な思いをして御説教してしまったお店でしたが、今回は勧誘に夢中なオジサンやオネイサンはいなくなり、平穏が戻っていた(ように見えた)

 しかし、ここからさらに3分ほど走った所に、リッター3円安いエネオスがあった。(満タン給油後に更に安い店が見つかる、給油しないと見つからない。見つかると対向車線側である ~ マーフィー的ドライブの法則)

 名取 極楽の湯で入浴(平日 \560)

 レストランで夕食(豚丼・出汁にしてお茶漬け風付き \880、シーザーサラダ(\430)←盛岡健康ランドでの大盛り気味サラダよりも量が半分以下で、価格の割に少なく思う)

 人差し指をセンサーに入れて、血管状態の健康チェッカーを受けてみる。

 精神的にはハッピーの はずですが、長距離の運転疲れが影響しているよう。良くも悪くもない、年齢相応という曖昧な結果が出ました。

 ここの休憩室で営業終了の27:00まで寝るのは照明が明るくテレビの音量も大きく疲れが取れないので、今夜はクルマで初のゲリラキャンプ ≒ 野宿と云う を決行。

 白石からR113 暗い夜道を慎重に。

 19:40 道の駅 七ヶ宿へ。駐車スペースや隣の公園はキャンプ禁止の看板が大きく出ている。バイクで日本一周時に唯一「出て行け!」と地元民から追い出された宮城県 碁石地区の公園で野宿できなかった時の嫌な経験と同じ臭いがするのでここはパスして、次候補を探す。

 第2候補に考えていた K51 長老湖駐車場への道は入口が工事中で通行止。連続ボツは宮城県の試練? いよいよどうしようかと北上すると、長老湖の観光看板を備えた未舗装の駐車スペースを見つけたので、ここに決定。

 沢山落ちていた枯れ枝を端に片付けて、テント設営。

 バイクの時は日本全国様々な場所で、このように寝場所を探していたなー・・・と懐かしい感覚。

 風も雨も止んだ静寂な闇の中、ブドウとトマトの残りを食べる。30分に1回ほど車の通行音。道路からは奥まった場所なので直接は見つからない。

 と雖も夜中に何が起こるか分からないので耳栓はせず、就寝。

 明日誰かが来る前にテントが乾いて早朝出発できるかどうかが運命の分かれ道。

 S660 本日の走行距離:242.8km

« 【S660】2018 東北ツーリング 7日目 インホメ・リクリェさえ居ります | トップページ | 【S660】2018 東北ツーリング 9日目 七曲がりまくる »

66-S660」カテゴリの記事

18-S660 東北ツーリング '18 秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【S660】2018 東北ツーリング 8日目 フピード注意:

« 【S660】2018 東北ツーリング 7日目 インホメ・リクリェさえ居ります | トップページ | 【S660】2018 東北ツーリング 9日目 七曲がりまくる »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ