フォト

« 【テントの買い換え】延べ11年 200泊以上使ったマイティドーム 内装剥がれて寿命 | トップページ | 【ンがソ化現象】飛騨・富山の変な看板3連発 »

2018年9月27日 (木)

ある日S660で雲海に出逢った

▼2018/09/12

 久々の雨上がり予報に雲海になると予想し、S660で志賀高原へ。
 前日の仕事が影響して朝2時起きに失敗し、遅れて出発。

 R292の上り坂を快調に走行し、8:40 横手山P着。

 バイクでは何度も通ったこの場所にクルマで来たのは初めて。

 草津側が真っ白に曇っていたので、更に進んでみます。

S660 雲海

 滝のような雲海の流れが残っていました。

 渋峠に到着。

 草津側に一面の雲海!

 天空に浮かぶ島のようです。

 火山活動の影響により、草津側に抜けるには千円超えの有料道路経由しかないので(9/23現在、日中限定で国道が開通したようです)引き返して戻ります。

 横手山レストハウスでは「じあれるインディー君」から世代交代し、マーカス君がいらっしゃいました。

 なんとも、「警報・注意報」が発令されています。

 明朝体で淡々と書かれた警告文。

 確かに、近づいただけでバウバウ吠えて飛びかかってきました。

 見た目に反して気性が荒いワンチャンです。これは特別警報モノかも(^_^;)

 長野市街へ戻って、この時期の楽しみ:シャインマスカットやナガノパープル(種なし高級ブドウ)を直売所で購入し、帰宅。

 東北ツーリングの準備に、S660の助手席にテント、シュラフ、カメラなど旅道具一式を詰め込んでみるも・・・

 バイク並に助手席荷物スペースが狭くて余裕がない。

 一日中雨天走行すると、幌の雨漏りは無いものの、内側が車内の湿気で濡れました。

 ボンネット内のボックスは雨粒が僅かに入ってくるので、衣類はビニールに包んで入れる対策が必要。

 天気予報によると、初日から雨の中で新品のテントを使うという試練になる模様です。

« 【テントの買い換え】延べ11年 200泊以上使ったマイティドーム 内装剥がれて寿命 | トップページ | 【ンがソ化現象】飛騨・富山の変な看板3連発 »

66-S660」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある日S660で雲海に出逢った:

« 【テントの買い換え】延べ11年 200泊以上使ったマイティドーム 内装剥がれて寿命 | トップページ | 【ンがソ化現象】飛騨・富山の変な看板3連発 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ