フォト

« 【S660】 ホンダウェルカムプラザ青山へ | トップページ | ある日S660で雲海に出逢った »

2018年9月15日 (土)

【テントの買い換え】延べ11年 200泊以上使ったマイティドーム 内装剥がれて寿命

 使い尽くしたテントの買い換え という、人生数回あるかどうかの珍しい記事です(^_^;)

 2008年、バイクで日本一周旅に行く時に購入した、モンベルのテント:マイティドーム2型。

 S660で東北ツーリングに使おうと開いてみたところ、10年以上の使用で防水透湿性の内装がボロボロと剥がれてきて、テント全体であちこちシミや剥がれが見られたので寿命と判断し、買い換えることにしました。

 ダブルウォール型なら本体に こういった加工が無いので外側のフライシートだけ変えると長く使えますが、フライシートを足さなくても単独で使用できるシングルウォール型テントの欠点が出たといえます。

 特に入口上部のシームテープの剥がれ、その周囲の内装が剥がれていました。

 四隅のシームテープも剥がれて、テントを広げるたびに白いゴミがボロボロと落ちます。
 床面は数多くの傷と擦れで、少しのショックで裂けそう。

 満点の星空を望んだ北海道のキャンプ場から、

 鹿児島の南の果て、与論島まで(若かりし頃の筆者)

 日本全国全都道府県を歩み、キャンプ場から野宿までシミと汚れとシワの数だけ思い出が詰まっていて、その後も北海道や東北ツーリングに活用してきました。

 使った回数は延べ11年で約250泊(!)。これだけ使っても生地は裂けず、ポールは折れることなく丈夫でした。(コールマンのテントは安価で使いやすいけどポールが折れやすい)

 買い換え時にモンベルショップへテントを持って行き、修理不能の旨を店員に判断してもらったのですが、「10年も使ったのですか! 200回も使ってポールが折れないとは素晴らしいですね、長年使ってくださり ありがとうございます!」と驚かれました。

 当時、フライシートと併せて約5万円と高いテントでしたが価格以上に使い尽くしたので、災害時の避難用に備えておくことにします。

 次に購入するテントは、マイティドームに似たアライの山岳用テント(超高価)か、修理体制や部品購入がし易いモンベルかで検討。

 10年ぶりとなるとテントも使い勝手や軽量化が進んでいました。

 前テントと使い方が変わらず価格帯相応に丈夫なこと、フライシートが橙色以外おしゃれな色が選べるのが決め手になり、ダブルウォール型で軽量なモンベル ステラリッジ2型を買いました。(約44000円)

 これを備えて今年は年の1度の長距離旅行、S660で東北ツーリングに行ってきます。

 3年ぶりのロングツーリングとなるので、久々にキャンプ道具を引っ張り出し、ナンガの羽毛シュラフを洗濯して乾かす。ペグやテント下敷き用のブルーシート、中に敷くグランドシートは そのまま流用。

 車中泊できない狭さなので、必然とキャンプか安宿を探すことになります。

 S660とロングドライブ・キャンプの相性は抜群かと思うので今から楽しみです。

« 【S660】 ホンダウェルカムプラザ青山へ | トップページ | ある日S660で雲海に出逢った »

EX02-旅道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【S660】 ホンダウェルカムプラザ青山へ | トップページ | ある日S660で雲海に出逢った »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ