フォト

« 【S660】 静岡エコパ サンデーランへ初参加 | トップページ | 【S660 レビュー】 1ヶ月乗った感想 »

2018年7月16日 (月)

S660 Owner's Parade 富士 に初参加

▼2018/07/07 雨一時曇り

 ホンダ主催のS660のオーナーズパレードは、申込多数によりどの会場も抽選制。当選確率は5~10倍と狭き門の中、今回初参加からか運良く当選しましたので行ってきました。

 翌日には同じ会場でバイクのCBミーティングもあるので、1日のうちにバイクのようなクルマ → バイクへ乗り換えて往復500km×2連続参加という強行スケジュールです。

 大雨の中 3時に出発。前回写真掲載時より大粒の雨ですが、AMEDASの効果良好。良く撥水してます。

 8:40 会場の富士スピードウェイに到着。

 当選したのが100名(100台)で、そのうち約90台が参加しました。

 昨年までの内容と異なり、車体の色分け駐車はなく、楽しみにしていた個別撮影もなし。ちょっと寂しい。

 周りは大変手間暇とオカネを要しているカスタムカーばかりで、フルノーマルのワタシでは見向きもされない状態なので、助手席の2次元女神ちゃん御守り(^_^;)&まだ買ったばかりナノヨ標識でアピール。

 ほぼ全員が集まりました。

 白と黄色が多いです。

 これは・・・ ラジオのアンテナなのかどうか気になります。

 こちらのクルマのオーナーは みんカラのオーナーズクラブメンバーグループで集まっていて、他のSNSをやる気力がない筆者は誰にも話しかけることが出来ませんでした(^_^;)

 S660のイベントを探した所、みんカラに登録していないと参加できない行事が多くて筆者は切に困ります(^_^;)

 10時過ぎにブリーフィングと集合写真撮影。

 最初に学校よろしく全員の名前が呼ばれて出席確認がとられるという懐かしさ。

 パレードランに向けて、コモレビエディションの先導者に土屋圭一さんが登場!

 隣に乗っているのはホンダの偉い人。

 パレードラン出発前のスタンバイ。

 一時的に雨が止んだので、皆屋根を外し始めました。

 せっかくの機会なのでワタシも外します。

 1人乗りの時は、外した幌を助手席上に置いておくことが出来るので、座ったままでも車内から手早く脱着できます。

 11:05 富士スピードウェイで、アナウンスと共にS660のパレードランがスタート!

 20~90km/hペースで1周半。リミッターが付いたままな心配は必要ないスローペースでした。

 駐車場へ戻って自由解散。

 雨が再び降り出し、パレードランの時だけ奇跡的に雨が止んでました。

 せっかくなので、同時開催のEnjoy Hondaイベントを見に行きます。(歩いて10分)

 約2300万円!のNSX展示&運転席に30秒だけ座れますコーナー。

 長い列が出来ていて、乗るまで20分ほど並びました。

 S660に乗っているので運転席の感じに違和感が無かったものの、値段の桁が違うので別次元の世界。
 一生働いても買えません(^_^;)

 発売後、公道を走っている姿が見られないので、RC213Vに次ぐ幻のクルマとも呼ばれています。

 ちなみに、NSXの助手席に座ってコーナリング性能を体験できるイベントもありましたが、当選倍率が約30倍で外れました。

 車体をフルカスタムして新発売のS660 ModuloXも、運転席に座れる展示がしてありました。

 こちらは年齢層高めのオジサンしかおらず、待ち時間ほぼ無し。

 こういう感じですか~★

 手が映り込んで光るピカッピカなチタンのシフトノブが手触り良かったですが、夏の直射日光下ではレザーグローブを装備しないと熱くて触れなくなると思います。

 動かせないので調整式サスペンションの乗り心地などは分かりません。

 試乗したことのある人からは、「分からないままの方が良いですよ、欲しくなっちゃいますから」と念を押されました(^_^;)

 丁度ModuloXの開発者トークショーが始まる時間だったので、聞いてみます。

 土屋さんと開発者を交えたブッチャケトークショー。

 土屋さんのペースでグイグイ引っ張られていて面白かったです。

 何か一つくらいは体験しないと・・・と、コチラに30分前から並び、参加券を入手しました。(この15分後には定員となりました)

 F1レーシングマシンのシミュレーター。初体験です。

 コースは富士スピードウェイ固定で、6分間の制限時間入替制。

 メーターがmile/hなので、km/hに慣れた筆者にとっては速度感が分かりづらい。

 ATとパドル式MTが選べましたが、見ていて自信がなかったのでATを選択。

 グランツーリスモやバトルギアよりも当然挙動はリアル&シビアに作られていて、アクセルをON・OFFの2段階スイッチのように操作している人は、立ち上がりで すぐスピンしてしまいマトモに走れません。
 アクセルの微妙なコントロールが求められます。

 例えるとグランツーリスモやバイク版ツーリストトロフィーのアシスト機能を全部OFFにしたくらいシビアです。

 筆者も最初の1~2周目は急カーブの立ち上がりでスピンして立ち直しに時間を20秒ほどロス。

 3周目で ようやくスピン無しで完走し、ここで6分間の時間切れ。

 最速タイムは、1分36秒011 でした。(この時の会場内レコード 1分33秒680)

 クルマの展示コーナーで、N-BOXの運転席視界の広さと余裕にビックリ。
 日本一売れている軽自動車ということに納得。

 バイクもCB1300SBやCB400SF、スクーターからカブまで様々な車種に跨がれるコーナーがあり、一通り跨がってみました。
 CBR1000RRは前傾姿勢が辛くてワタシには無理(^_^;)

 昭和時代、今はクラシックカーとなったチェリーを思い起こす? S660のプロトタイプモデル展示がありました。

 女性向きに制作中だそうで、内装を これから開発するということです(発売時期・有無未定)

 こういうコーナーに自然に引き寄せられるヲタクな筆者。

 レーシングミクの新作グッズをチェック。

 夏休みではない雨の日なので人は少なめというものの、各種イベントには行列が出来て混んでいるので、この辺りで会場を後にします。

 16:00に帰路へ。

 道の駅須走でハチミツがけソフトクリーム。

 梓川SAで ざるそば&いなりで夕食。

 20:30 自宅まであと少しという所で緊急地震速報が鳴り、一気に緊張が走る。千葉で震度5弱。

 駐車場に停めて、感度が悪いFMラジオのフィルムアンテナに指を当てて人間アンテナしながら流れる情報に耳を傾けました。

 明日はバイクで同会場に行くので、荷物を入れ替えて準備。

« 【S660】 静岡エコパ サンデーランへ初参加 | トップページ | 【S660 レビュー】 1ヶ月乗った感想 »

42-ロングツーリング」カテゴリの記事

66-S660」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S660 Owner's Parade 富士 に初参加:

« 【S660】 静岡エコパ サンデーランへ初参加 | トップページ | 【S660 レビュー】 1ヶ月乗った感想 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ