フォト

« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年7月2日 - 2017年7月8日 »

2017年6月18日 - 2017年6月24日の2件の記事

2017年6月20日 (火)

【イベント】 CBオーナーズミーティングもてぎ 2017 に参加

 初回から全て快晴に恵まれている バイク日和なイベント!
 CBオーナーズミーティング もてぎに今年も参加しました。

▼2017/05/28 快晴

 朝から強い日差し。おにぎり2個食べて、ビルの日陰でバイクをフクピカして出発。

 8時過ぎ、道の駅もてぎ到着。S-Forceメンバーと合流。
 1年ぶりの再会でTalkingの後、昨年同様、受付の混雑を予想して一足お先に出発。

 9:20 CBオーナーズミーティング2017 もてぎ 会場到着。

 昨年の受付混雑からの改善点が行かされていて受付が簡素化され、見た目CBなら入口ゲートは即通過。

 公式HPの発表によると、新旧集まったCBの参加台数は931台、
 ライダー人数は4桁 千人超えの1017名!!

 前回は入口で全員撮影し大混雑だったフォトセッションは、今回は入口と同時ではなく、受付を済ませてから別途並ぶ方式に。
 既に25人並び、約30分待ちと案内される。カメラマンは1人なので時間がかかる。
 受付やフォトセッションなど、毎回段取りが変わるので先回り準備が出来ませんが、全体の流れがスムーズになっているので良し。

 フォトセッションを済ませ、出口でモーターサイクリスト雑誌社に取材をお願いし、さらに撮影してもらいました。

 年に一度、CBの祭典に並ぶことが誇らしく感じる風景です。

 受付に向かったのは、10時過ぎ(空いてた)

 ステージでは既にオープニングトークイベントが始まっていました。

 今回は、一本橋チャレンジに申込み。100人中4番目。

 11:40 本番。初めて跨る最新年式 FIのCB400SF。

 商品がもらえる基準タイムは、16秒以上と難しめ。

 両側ギャラリーで満員なので とても緊張し、途中で落ちてしまう人続出。

 ワタシも半分以上進んだ所で、あれ?まだ10秒? もっと遅くしないと!と動揺して左足を着いてしまい・・・ 失格の記録なしに(^_^;)
 来年は緊張せず完走できますように・・・

 「260000km 到達 絶好調」アピールのパネルを貼り付けて今回もアピール。

 Mr.Bike B.G.の取材を受けたので、7月発売の号に載るかもしれません。

CB400SF SPEC2 走行 26万キロ達成! ODO: 260000km

 26万キロを3000kmほど超え。

 怪しい高速道路インター風な看板を作ったのもワタシです(^_^;)

 CBオーナーズミーティングもてぎは初回から毎回快晴に恵まれ、この日も猛暑。

 午後は曇ってきて風が涼しげに。

 前回同様、グランツーリスモカフェでハンドルコントローラ仕様グランツーリスモをMTギアでコースアシスト無しで1プレイして、もてぎロードコースのパレードラン予習を。

 午後も会場を一回り。

 やはり赤白カラーのボルドールが多い。
 同車種同カラーが並んでいるのはスタッフの誘導かグループでしょうか。

 気になったオリジナルカラーシリーズ。
 鮮やかなオレンジ系タンク&スクリーン。

 こ、これは! 一目見ただけで注目の的。

 ばくおん!羽音タン仕様のオールピンクにペイントされたCB400SF、実車で現る!
 バイクの年式もヘルメットも同じで完璧。
 持ち主とお話ししてみたかったです。

 じゃんけん大会は立ったり座ったりの連続で倒れそうなので、遠目で見学。

 15:30 イベントのクライマックス、パレードランのスタンバイへ。
 事前申込み制で、料金は別途有料の2000円。

 数百台規模の申込みがあり、台数がとても多く、フォトセッションで到着が遅れて後ろよりの順番になったので、出発まで とても時間がかかる。

 50分ほどの待ちでロードコースの入口へ案内される。

 幸運にも、2グループ目の一番先頭1人目になった!
 しかし公式ページのフォトレポートには1グループ目の走行写真しか載っていなかったという(^_^;)

 16:25 ツインリンクもてぎ パレードランスタート。
 今回はGoProカメラ持ってきていなかったので、心の思い出に残す。

 ロードコース3周。先導車付きとはいえ、メリハリのあるスピードでコーナリングと景色を楽しめたので、満足です。

 フロントタイヤがフラつき、バンクした時に怖さと限界が分かったのもサーキットならでは。

 しばらく北海道ツーリングへ行けてないので、サーキットの道幅が広く感じました。

 走行後は流れ解散となり、17:05 道の駅もてぎへ。

 ワタシと同じ今や希少カラーとなった銀色の、ノーブリッド 初代CB400SF VTEC号のメンバーと合流し(お待たせしてしまい恐れいります) 期間限定の とちおとめソフトクリーム。

 アフターTalking Timeの後、解散。

 予想より時間が遅くなったので、宇都宮上三川ICから即高速へ。

 夕暮れ時は虫がバチバチ当たって、ヘルメットのシールド表面へ絶妙な視界不良ゾーンが造られる。指で取ると さらに液体が広がるし、羽虫を汚れなく取るフィンガーテクニックはないものか、ライダーである以上研究は続く。

 すっかり暗くなり、壬生PAで休憩。

 これまたワタシの目を惹く2次元キャラクターが御座いました。
 「壬生 ゆうゆ」タンですと。

 丸一日サーキットにいてマスクをしてなかったので喉が調子悪く、夕食は わかめうどんと栃木いちご飲料ですませる。

 暗くなると羽虫は少なくなるが、代わりに眠気が襲う。

 伊勢崎のビジネスホテルへチェックイン。

 天気予報チェックに付けたテレビで放映されていた しくじり先生は高橋名人&SNSで自慢と見栄張りで失敗したというGENKING。

 本日分の日記を手書きしてイチゴ1パック食べて風呂入って24時にに就寝。

 今回のイベント内容は かなり あっさりめでしたが、まったりCBライフを楽しめた一日でした。

 今年は、11月に開催される鈴鹿開場へも参加したいですね。

 本日の走行距離:179km


▼2017/05/29 快晴

 種なしと書いてあったが全粒種が入っていた巨峰を1パック食べて、出発。

 昨年同様、下仁田ICで降りて 道の駅下仁田の日陰で休憩後、

 帰り道に一走り、欠かせない妙義へ。

 いつも通り 中之岳Pで御休憩。

 トイレへの案内先がグンマクオリティ。

 R18 旧碓氷峠~浅間サンライン~雷電くるみの里で くるみだれそば と走り繋いで、暗くなる前に帰宅。

 本日の走行距離:212km  燃費平均:25.44km/L

2017年6月18日 (日)

CBオーナーズミーティング2017 参加前夜 バイク神社巡り

▼2017/05/27 曇り

 今回のCBオーナーズミーティング2017は、前後に1日ずつ休みとって、2泊3日の日程で参加しました。

 イベント参加前日は、ナップス埼玉店へ行き、大型バイクレンタルの段取りについて尋ねる。
 (後の記事で書きますが、大型二輪免許 突然通うことを決めて合格しました)

 五霞ICまでは圏央道でワープして、車の流れがチョッ速なR4BPへ。
 しかし白バイもウジャウジャいるので15km/h以上オーバーは危険。

 途中、道の左側にアメリカンスタイルなライダーカフェがありましたが、雲行きが怪しいので昼食抜きで通り過ぎてしまいました。

 埼玉~栃木県内は空全面曇りで、いつ夕立が来てもおかしくない感じ。天気予報でも所により夕方雨予報でしたが、幸い雨は降りませんでした。(晴れ男パワー)

 今回は2つのバイク神社を巡りました。

 最初に向かったのは真岡の大前神社。
 こちらには萌えイラスト系巫女さんキャラのステッカーが売っているので2枚購入。

 売店へ行き、ワタシ:「このステッカー2枚ください」

 巫女様:「2ですね。1000円お納めください」

 ワタシ:あ゛、2  ですネ。

 そんな やり取りをした午後のひととき。

 K156で北上して1時間。次は宇都宮の隣、芳賀町の安住神社。

 こちらはバイク神社第1号というのを全面にアピールして、ライダーアゲアゲムードで観光地化してます。
 売店でステッカーやお守りなど買うと、ライダーの人には缶コーヒーがプレゼントされました。

 ネイキッド、スーパースポーツ、フロントフォーク超長仕様のアメリカンまで、何でも歓迎。

 人は少なめの平日夕方、ばくおん!仕様で気合い入った痛車が1台ございました。市販されてないので、完全自作仕様かと思います。

 宇都宮へ向かう県道途中に、珍しい4連矢印装備の信号機。

 人間ピラミッド組体操のようなバランスが絶妙。

 イトーヨーカドー宇都宮店で食料購入。

 17:25 宿泊予約しておいた、ウイークリー翔 宇都宮ホステルへチェックイン。
 バイクは自転車置き場スペースにギリギリ寄せて置けた。

 バストイレ共用、冷蔵庫付きシングル部屋で、1泊2400円という有り難い安さ。(冷蔵庫無しは1900円~)
 安さの代わりに、昨今の日本に見られる「付いてて当たり前、もっとサービスしなさい。至れり尽くせりでないと口コミ満点つけません」と言わんばかりなサービスは一切ない。

 フロントのチェックイン時間は夕方の数時間のみ、定休日あり、部屋は自分で清掃し、ゴミは1階の置き場に分別して捨てる等、過剰なサービスを削ぎ落としたセルフサービスが徹底している。

 部屋の中は ギシギシアンアン仕様の 簡易ベッド、薄い布団と毛布、枕は小さくて潰れていたので使わず、ジャケットを丸めて枕代わりに。テレビは14インチブラウン管が使われていて地デジ脅迫商法で捨てることせず、素晴らしい。

 玄関前には、宿の人件費や原価、経費、利益額まで掲示されていて、恐れ入るほど。

 宿泊に1泊1万円は理解できない ワタシの旅のスタイルは間違っていなかった。

 1泊2000円で必要なものだけあればいいという旅人にとっては、雨を凌げてベッドで眠れて風呂で身体洗えるだけで充分だし、こういった宿はまさに理想で追い求めていた姿。
 一番近いコンビニまでは歩いて5分。

 外国人観光客、サラリーマン、ライダー、様々なお客様が泊まっていました。

 「あるといいね」ではなく「なくてもいいね」という会社の経営姿勢が素晴らしいので、考え方が書かれた備え付けの小冊子を熟読すべく買いました。

 東海地方中心にチェーン店拡大中というので、全国に広がって有意義な長旅をしやすくして欲しいですね。

 宇都宮@栃木に来た時は外せない、レモンの入ってないレモン風味@栃木レモン乳飲料と、コーヒー牛乳。食事のお供にはコーヒー飲料の方が口当たりが良いので、500mlパックを選びました。

 夕食はサーモンまぐろ丼弁当とサラダ・ヨーグルト。

 1階の浴場も最低限かつ湯船、ダイヤル式シャワーなど しっかりしている。

 宇都宮駅に近く、外の道路ではオートマ ボーッと ブレーキパコパコ挙動不審ドライバーが ピーピー ホーンを鳴らされる修羅場が続いているので、耳栓をして就寝。

 本日の走行距離: 361km  燃費平均: 25.96km/L

« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年7月2日 - 2017年7月8日 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ

成分分析