フォト

« 2016年12月4日 - 2016年12月10日 | トップページ | 2016年12月18日 - 2016年12月24日 »

2016年12月11日 - 2016年12月17日の2件の記事

2016年12月15日 (木)

【ツーリングラリー】SSTR 2016 2日目 祝賀会

▼2016/09/18 大雨

 5:30 仮眠室内で誰かのマナー違反なアラームが鳴り続けていて目覚める。

 朝は850円の洋定食。昨日は飲まず食わずでよく一日中バイクライディングの集中力が保ったと思う。
 普段なら休憩入れないと走りきれない距離以上を走りきった冒険の充実感が続いている。

 大雨の中出発。1時間走って、祝賀会会場のコスモアイル羽咋へ。
 (雨のため、室内へ会場変更されました)

 SSTR完走祝賀会。
 「サンセットを見ようというツーリングですが、4回やって未だ一度も晴れなくて・・・」と緩いトークから始まった風間さんの挨拶。

 鉄人カソリさんの挨拶。上半身のジャケットがワタシと色違い★

 立ち寄り回数最多賞、50ccクラス賞、特別賞などの表彰式。

 ぐっさんライブもありました! 撮影タイムと鑑賞タイムをキッチリ分けていて素晴らしい。

 「全てのライダーに捧げる歌」の歌詞が今の心境と合って、ライブならではの感動、涙腺もチョチョ切れて感極まりました。

 雨ということで帰ってしまった人も多く、ラストの抽選会は効率が悪くグダグダに。

 入場時にバーコードなどでゼッケン番号を読み取るか、ゼッケン番号入りのカードを箱に入れて、その中から抽選する形式なら効率良いのにネと思いました(アンケートに書いておきます)

 暗くなる前に会場を出発。
 帰り道、能登自動車道から北陸道方面への料金所で、150円現金が必要という試練、次の料金所でシガーソケット仕様ETCが電源入らずというトラブルがあったものの、SSTR完走してりゃ これくらいは何てことない。

 大雨の中 濡れてバイクで走り続けるのは何年ぶりのことだろう。
 ブーツカバーの中に水が入ってきたので、一度も休まず走り続けてしまい、日没前に自宅到着。

 ソールとの隙間に穴が出来ていたので、ブーツカバーは寿命。
 合羽を着ていたがジャケットも表面が濡れている。
 胸の部分が汗で臭い! いつも使っている消臭スプレー一吹きで匂いは消えたので、効果はあるのだなと分かった。

 楽しさがクールダウンすると共に2日間の疲れが一気に襲ってきて、就寝となりました。

2016年12月13日 (火)

【ツーリングラリー】SSTR 2016 1日目 大会当日

▼2016/09/17 曇→雨 SSTR2016 大会当日

 まるで北海道ツーリング出発前夜のようにドキドキして あまり寝付けず、
 3:40 目覚めと共に身体の血の巡りが活性化して起きる。

 前夜に買っておいたおにぎり×2個・ヨーグルトの簡易な朝食を済ませ、4:20 チェックアウト。

 駐車場で荷物を括り付けていると、同じSSTRのビブを付けた女性ライダーがいたので、出発地を尋ねると、ここの健康ランドの屋上から出る予定というので、ここだと柵が邪魔なので、一緒に海が見える浜まで行きませんか?と誘って、ワタシのスタート地点へ一緒にエスコート。

 5:05 三保の海岸に到着。

 あと20分。余裕をもって日の出を待つ。

 今にも降り出しそうな曇り空。太陽が見えない場合は、バイクの出発地点と、GPSの画面を一緒に大会本部へメールで送信すれば良いそうだ。

 SSTRのスタート・ゴール・途中経過の報告方法には2つあって、

・スマホで専用ページにアクセスして、立ち寄り地点を送信

・ガラケーでスタート時のみメール送信して、立ち寄り地点はスタンプ帳に時刻記入とスタンプ押印で記録

 どちらか選べる。9割くらいの人はスマホを使うことが想定されますが、スマホ嫌いの私は後者の方法で。

 ここから富士山と太陽が見えるハズでしたが、日の出時間となりましたので、

 5:31 SSTR2016 ツーリングラリー:出発です。
 ここから1日で日本を横断、日没までに500km先の日本海千里浜を目指します。

 SSTRのシステムサーバが(想定された通り)ダウンし、スマホ組が出発連絡送信できないと周囲でザワつきはじめる。

 1500人以上のライダーがサーバに一斉アクセスし続ければ、簡易に組まれたシステムでは捌ききれないであろう。ダメならスタンプ帳の方法で行きまショとアドバイスして、お先に出発。

 デジタルスマホ組よりアナログスタンプ組の方が早く出発できるという不思議。

 清水市街を抜けて、新東名へ。清水PAではスタンプ見つからず、早速空振り。
 新富士ICで降りて、R52沿いを北上。

 中央道に入って、八ヶ岳ICで最初のスタンプ押し。

 みどり湖PA・梓川SAと、順調にスタンプが貯まっていく。

 安曇野で高速を降りてからは、道の駅白馬・小谷で目標の半分、スタンプ5個。

 久しぶりに晩夏の白馬三山が見えた。

 北陸道のトイレのみPAにはスタンプ設置されてない。

 12:05 有磯海SAで6個目。昼食食べる余裕が無く、ひたすら走る。

 富山ICで降りて、R41を南下。
 遠回りしないと獲得できない、道の駅にいづれか1ヵ所立寄が完走条件なので、富山県のチェックポイントを選ぶ。

 12:50 道の駅細入。ここまでの往復でパラッと通り雨。
 上高地・高山経由で来たライダーは皆 豪雨に打たれたようだ。

 再び北陸道に入る。広い空の両側が灰色の雨雲で、進行方向正面だけが明るい雲、まるで行き先を祝福してるかのように幸運なターン。

 呉羽PA・小矢部SAでスタンプ9個。

 14:41 R8沿い 道の駅メルヘン小矢部へ。
 超怪しい空模様。まだ濡れてない。

 ここで10個目のスタンプ獲得。これで日没までに完走するとブロンズプライズステッカーがもらえます。

 祝杯のジュースを飲む。道中の食事はこれだけ(^_^;)
 空腹を高揚感で抑えている。

 いよいよ雨がパラついてきたが、20分くらい待つと止んできたので、着たばかりの雨具を脱いで出発。

 のと海山街道へ。元有料道路の快適なバイパスを北上してゴールは近い。

 15:55 道の駅高松。ゴール間近でSSTRライダー多数。
 11個目のスタンプも押しておく。

 走行距離は既に500km超え(^_^;)

 なぎさドライブウェイ 今浜IC入口へ。

 日本海に辿り着いた~!

 あと7km、砂浜の道を走ってクライマックス。

 16:25 ゴールが見えてきた。

 念のためGPS画面を撮っておいて、

 距離計と時刻も記録しておいて、

 16:37 日没制限時間の80分前に、ゴール!

 ゴールでは、賀曽利さん、多聞さんが迎えてくれました。握手して挨拶。

 SSTR走行時間:ちょうど11時間
 走行距離:530km

 イベント プロデューサーの風間さんから完走記念品を受け取りました。
 サイン入りのサイドスタンド敷き。勿体なくて汚せません(^_^;)

 駐輪場に停めた後は、ゴール受付で完走賞を受け取る。
 塩味おにぎりが振舞われる。今日の昼食に、走り疲れた身体に染み渡り勿論美味い。

 今日の思い出を書きながらゴールゲートのテーブルで続々とゴールしてくるライダーを迎える。

 何て素敵な時間なのでしょう★

 17時を過ぎるとゴールゲートが大渋滞。終点の今浜ICまで7km、バイクのヘッドライトがズラッと並ぶ圧巻の光景。

 日没までカウントダウンが始まる。あいにく曇り空(SSTRが開催されてから、一度も晴れたことがないというジンクスもまた楽し で)

 17:58 サンセット!

 日没後は太鼓演奏が始まり、目で空を、耳で太鼓を。完走の感動と共に目頭が熱くなる。

 18:15 発数多めの花火も打ち上がり、本日のイベントフィニッシュ(明日の完走祝賀会へ続く)

 花火が終わった途端、ザーーーッ!と雨が降り出し、皆さん速やかに雨具着て撤収。

 宿泊場所の金沢市へ。

 信号皆無の海山街道を抜けるだけなので、気持ちは楽。

 金沢市街は豪雨で水たまり多数。

 19:40 健康ランド 金沢ゆめのゆ着。
 ここの簡易エコノミーベッドルームを予約していたので、チェックイン。

 1日の走行距離は、570.3km。
 年に1回は このような変態的なラリーイベントも楽しいですね。

 ゆっくりお風呂に入って、異様に辛かったレストランの麻婆豆腐定食食べて、濡れたブーツカバーを乾燥機で乾かして、23:00過ぎに就寝。

 今夏、とある場所で感じた思いがきっかけで、それから一切お酒を飲むことを止めたので、晩酌はノンアルコールチューハイ風味ほぼジュースダネ飲料1本。

(SSTR 2日目へ つづく)

« 2016年12月4日 - 2016年12月10日 | トップページ | 2016年12月18日 - 2016年12月24日 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ

成分分析