フォト

« ゲレンデを滑走する自分撮りを試す 編 | トップページ | イルミネプロローグ »

2013年2月 4日 (月)

2月:ひさしぶりに そうび を かう

▼2013/02/04

 携帯電話やスマートではなさそうなスマートフォンの強制買換宣伝効果により、腕時計を持たない人を よく見かけるようになりました。これも刻々と変化する文化の流れなのでしょうか?!

 変な所がアナログ思考の携帯電話を持ち歩かない筆者にとって、未だに欠かせないのがアナログ腕時計。

 日付・曜日まで針の動きで把握できるうえ24時間タイマー・ストップウォッチ付きなクロノグラフモデルを使い続けてます。

 先日、当方の落ち度ではない理不尽で筋違いな怒鳴りクレームを立て続けに受け、新入社員が まともに受けた場合泣き出して辞めちゃうんじゃネ? いうくらいデカかったため、感情が爆発しそうになった時に落ち着く手段として。

 胸に手を当て考え抜いて、針の動きを見る。そのお隣にフィギュアを

 二度と戻らない時の流れ、一秒一秒、くだらない負の要素に関わってるオ暇はないはず。

 耳を澄まして、秒針の カチッ カチッ という音を重厚に聞く。

 目を開けて、改めて目前に広がる景色を見る。

 ジワ~~~ッと停滞していた血液が流れ始めて我に返る。

 ・・・その後もカクカクシカジカ マルマルウシウシありましたモンですが(←ナンジャソレ)

 チョックラ思考を変えて、デジタル表示の腕時計というのを購入してみました。

 デジタル表示の液晶は10年以上使っていると電池の残量に関わらず表示が薄くなり買い換えを余儀なくされてしまう・・・ という考えがあり敬遠してましたが、今乗っているバイクのデジタル距離計表示も10年使って大丈夫なので液晶の品質も進化したのだろうと思い、カタログやらお店で現物やら見て(←迷うのも楽しい) この一つ!と選んだのが防泥構造で、星空撮影には重要な月の満欠表示がついた遊び要素が入ったG-SHOCK。

 今までは「針の動き」→(脳内変換)→「18時07分ダワ」と一瞬で時間を把握していたものが、

 「18:07」→「18時07分ダワ」となり、脳内変換の手間が無い分 妙に落ち着かない感じが数日続きましたが、使い続けていくうちに慣れてくることと思います。

 筆者は24時間表示がデフォルトの生活をしているので、どのデジタル時計でも「20~23時」の 2 の部分が細長く潰れて表示されてしまい、これを改善して欲しいという思いはワタシだけでしょうか(^_^;) これも眼に慣らしていきます。

 アナログとデジタルを共存し、その日の気分や目的によって選ぶという選択肢を得ました。

 ケータイをポケットからゴソゴソ → パカッ
 スマートらしいフォンを ゴソゴソ → シュイン
  よりも手間が少ないから(←モトからケータイ持つつもりがない)と未だに腕時計を装備する筆者 でした。

 若者のナントカ離れとか数々言われているらしい21世紀この頃ですが、要らないものには惑わされずに、道具は それぞれ使い分けるということで。

 今でもPC-9801パソコンの中に入っているMS-DOSを起動して昭和時代のソフトウェアは面白いと喜んで弄る筆者自体、もう若者のカテゴリには入らないオトシ?!?!
 子供の時、ゲーム機が無い代わりにN88-BASICで遊んでいて、そこでのプログラム設計経験が今のシゴトにもアソビにも少しは生かされてきたのが嬉しい(←トシ バレル)

« ゲレンデを滑走する自分撮りを試す 編 | トップページ | イルミネプロローグ »

EX02-旅道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512343/63482329

この記事へのトラックバック一覧です: 2月:ひさしぶりに そうび を かう:

« ゲレンデを滑走する自分撮りを試す 編 | トップページ | イルミネプロローグ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ

成分分析