フォト

« '12桜見 上田城址公園 | トップページ | PSPでも使えるポップンコントローラの製作 その4 ボタン穴開け&配線取付編 »

2012年5月 8日 (火)

PSPでも使えるポップンコントローラの製作 その3 PS2仕様のジョイスティック基板発見編

▼2011/12/年末年始にやってたコト

 PSPとPS2両方で使えるポップンミュージック専用コントローラの自作記事、
 → その2の つづきです。

 ・・・悩むこと数日、

 偶然にもPS2仕様のジョイスティックコントローラを中古で発見した。

 なんでも、ジョイスティックだけどもボタン入力が2段階(弱/強)認識され、PS2のコントローラとして動作すると箱に書いてある。

 ジョイスティックは、大抵は半田付けしやすい基盤が入っているので、これなら改造できるのではないだろうか!


 早速購入して分解してみると、大きな基盤が現れた。これなら配線できる!


 そうと決まれば早速ボタンを作りましょっ。


 一気に全部作った。


 このジョイスティックは、PS2モードのアナログボタン入力 有効/無効の切り換えスイッチが この部分にあったので、ここに銅線をセロテープでくっつけショートさせて常時有効になるようにした。

 これでPS2のアナログモード対応ゲームなら自動で機能が有効になるし、対応してないゲームを起動すれば自動で無効になることを確認。

 その話をかぎつけた後輩が早速部屋に乱入してきたので(笑) 1ボタン穴を開けて埋め込んでみた。
 手タレで出演の後輩:「いよいよ製作開始ですか、完成したらもう1台作って売ってくださいよ!」

 これはオジサン頑張って完成させないと(笑)

 土台作りは前回アーケード仕様を作った時のノウハウと反省点を生かして、後で持ちやすい形で製作。底が木板、本棚を作った時の余り木材を四隅の壁に使ってボンドで接着。


 まずは1カ所、半田小手を突っ込んでグリグリと穴を開けてみたのだが、ガタガタで切り口が汚い形だわ、アクリル板から有害臭が発生して危うく中毒になる所だったわで散々。これは格好悪いので、電動ドリルを使った方がよさそう。


 勿体ないけどもう1個アクリル天板の新品を購入して、電動ドリルで新たにボタン穴を開けることにしました。

(→ その4へ つづく)

« '12桜見 上田城址公園 | トップページ | PSPでも使えるポップンコントローラの製作 その4 ボタン穴開け&配線取付編 »

EX04-ゲーム」カテゴリの記事

52-ポップンコントローラ自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« '12桜見 上田城址公園 | トップページ | PSPでも使えるポップンコントローラの製作 その4 ボタン穴開け&配線取付編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ