フォト

« PSPで使えるポップンコントローラの製作 その5 ボタン静音化して完成! 少年リップルズ(EX)プレイ 手元付き動画 | トップページ | 水田に鏡の如く映える残雪の北アルプス »

2012年5月13日 (日)

【'11秋 北海道ツーリング 1日目】 いざフェリー乗り旅立つ

 久々に(←いつも?)旅に出たくて疼いて行ってきました 2011年秋。

 北海道。28泊29日に及んだロングなバイクツーリングの様子をこれから写真や動画を添えて掲載していきます。カメラや動画の撮影枚数も心のゆとりも(?!)過去最高数になり、1ヶ月でも足りないくらいでした。何度行っても日本一周し終えた後でも、まだまだ走り足りません。

 去年秋に楽しんだことをブログに掲載するのが冬を越えて春になり、半年も遅れてしまったのは・・・
 本職の大変さを理由には出来ず。
 1ヶ月にも及ぶ休みを頂いた職場のスタッフに感謝の意を込めまして、遅くなりましたが これから連載していきます。


▼2011/09/10 晴/曇~小雨 長野~新潟~フェリー

 この日から一転、冒険だ! 自由だ!

 自分で紡ぎ出す 旅の日。

 バイクに旅道具を満載する時は、このうえない手際の良さ。

 さて、どうする?

COMMAND COM Ver. 6.2

A> PROMPT $P$G (←マニアック ダナー)


 前夜のうちにフルキャンプ装備をバイクに括りつけておいたので、朝3:00に起きてサッと出発。
 長距離ツーリングを控えた前夜は、やっぱり興奮して眠りが浅い。

 星がなかなかキレイに見える中、トラックの少ないR148を北へ。


 糸魚川セブンイレブンで100円セール中おにぎりを2個購入。


 北陸道に入る。走っている最中に真っ赤な日の出が出て嬉しい。
 海を見るのも日の出を見るのも久しぶり。


 6:00 米山SAで休憩。日の出と共に暑くなってくる。行き交う人々は皆半袖だし!

 おにぎり2個を食べ終わった頃には どんより曇り空になってきた北陸道を90km/h走行。赤色のRX-8が右側を追い抜いていき、イイナー。一生に一度くらいはあのスポーツカーに乗ってみたいナーと思っていたら、先で覆面パトに捕まっていた。こんな朝早くからノルマ稼いでるのね。


 100%を超えて元気が300%までイっちゃいました。私のテンションも そんな吹っ切れた感じ。

 7:55 新潟西I.Cで高速を降りる。料金所で前の車のコギャルが何かゴネていて5分待たされた。

 R7BPを竹尾I.Cで曲がって大型ショッピングモールに寄るが、弁当が598円の高級豚カツ重しかない。他のコンビニに寄るのは面倒なので、これでいいや。


 信号に多くひっかかり、8:50 新潟フェリーターミナル着。


 バイクがと~~~っても多い。40台くらい停まってる。
 受付窓口も20人ほど並んでいたが、窓口が6名フル体制でスムーズに切符購入。
 オネーチャン5名と男の人1人で対応していて、私の番になると男の人が当たるという運の良さ :P

 乗船に向けて荷造り準備していると、yurnetさんがお見送りにきていただき ありがたい。装備していたPENTAXのGPSコンデジがカッコイイ。バイク乗船を後続の便にズラしてもらって、しばしフリートーク。

 10:05 後発でバイク乗船。


 10:30 予定時刻通りに新潟港出船。

 
 今にも泣き出しそうなどんより雲の中、いざ北海道へ 炒ってきます!

 手を滑らせてGPSユニットを危うく海に落としそうになるところだった。これがないと星の追尾撮影が出来なくなるので。(←目的の一つ)

 
 お見送りありがとうございます!

 今晩の寝床は、高級な2等寝台席。混雑が予想されたので耳栓とエアマットを持ち込まなくても体力温存できるように奮発した。

 一昨年以前のこの時期はライダーはわずか4~5人程度だったが、こんなご時世になったので、9月に気晴らしや帰りに東北地方へ・・・とツーリングする人が多いのだろう。

 荷物はとても少なくて、RHや安宿を渡り、往復チケットの有効期限内に戻らなければならず、カーナビハイテク積載派が多い・・・と感じた。

 バイクにナビも良いけど、自分で冒険する楽しみを減らさないようご使用は程々に。


 PENTAXのカメラに取り付ける星空追尾可能なO-GPS1 ユニットは、電源を入れる場所が大きく変わると計測されるまで数分単位で待たされる。意外と起動が遅い。

 明日の札幌は、晴→雨予報。明後日も雨予報なので、小樽に上陸したら留萌のRHあたりまで北上したい。が、ニセコへの遠回りは外せない。


 4Fのロビーでトップバリュカップラーメン(匂うカレー味)な昼食。北海道ツーリング初日の船内では定番。
 午後は仮眠。

 夕方になり、北海道キャンピングガイド2011の本を寝っ転がりながら読む。152ページ目の下側に書かれている旅人の姿が・・・まさに私じゃん!(笑)

 前日まで雑用にバタバタ追われていたが、船に乗っちゃったら、後は試される大地@北海道が待っている!
 もう戻れないし、しばらくは戻らない(←エレー強気)
 雑念は一旦zip圧縮してポポポポーン!


 夕食は、高級バブリーな598円ひれ豚かつ弁当。値段は高級、味は中級、難易度は初級(←ナニソレ)

 曇り空で日の入りは見えず。

 20:10 今日から早くネンネして明日から朝方生活を目指す。

・本日の走行距離: 236.3km
・本日の平均燃費: 24.92km/L
・寝場所: 新日本海フェリー内 2等寝台席

« PSPで使えるポップンコントローラの製作 その5 ボタン静音化して完成! 少年リップルズ(EX)プレイ 手元付き動画 | トップページ | 水田に鏡の如く映える残雪の北アルプス »

11-北海道ツーリング'11秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【'11秋 北海道ツーリング 1日目】 いざフェリー乗り旅立つ:

« PSPで使えるポップンコントローラの製作 その5 ボタン静音化して完成! 少年リップルズ(EX)プレイ 手元付き動画 | トップページ | 水田に鏡の如く映える残雪の北アルプス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ