フォト

« 初雪 徐々に迫ってくる | トップページ | ちんちん1本あたり、100円値上がりしました »

2011年11月17日 (木)

プロカメラマンも使ってた腕時計

▼2011/11/13~16

 観光の月刊誌を見ていた時に、ふと眼にとまった写真。

 プロカメラマンの元で、小学生が一日職業体験という記事。
 これって、私の使ってる腕時計と同じじゃん!

 フルアナログでクロノグラフ付きなG-SHOCK。

 自分は、専らアナログ派。

 なぜなら、デジタルは10年以上使っていると液晶画面全体が薄く見えにくくなってくるから。
 (大抵、それだけ使っていれば先にベルトが破れたり折れたりするけど)

 なので、壊れない限り一生使おうと思いアナログ針のG-SHOCKを選んだ。

 それが県内在住の一プロカメラマンも使っていたとは、気分嬉しい。

 最近はケータイやスマホの普及で腕時計をしない人が増えてきましたが、

 自分は(非常用に仕方なく持たされている)ケータイに極力お金をかけたくない。月819円メール専用機と割り切って充電は月に1回、非ケータイ状態なので、腕時計が必要。

 アナログ針だと 15分・30分・60分という間隔が掴みやすいので、そのサイクルで区切ってシゴトを進めることが出来る。

 先日新横浜のビッグカメラで この新品を見たときに、私のモノは短針の塗料(橙色)が半端無く色褪せていると気づいた。


(↑ISO 3200の手持ち画像。前代カメラではあり得ないノイズの少なさにビックリ(・・;)

 新品当時は濃い橙色に塗られていた針が、今では山吹色~レモン色に剥げるまで使い込んでた。

 -20℃~40℃の過酷な温度変化の中でも内部は結露一つしない、頼もしい道具。
 北海道で凍えた夜空から沖縄の海の中まで、日本各地をバイクで踏みしめた出来事が色褪せと共に思い出される。

 バイクを20万キロ使うのが先か、時計の塗料が真っ白に剥げるのが先か?(笑)

« 初雪 徐々に迫ってくる | トップページ | ちんちん1本あたり、100円値上がりしました »

EX02-旅道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512343/63482157

この記事へのトラックバック一覧です: プロカメラマンも使ってた腕時計:

« 初雪 徐々に迫ってくる | トップページ | ちんちん1本あたり、100円値上がりしました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ

成分分析