フォト

« <766日目 薄曇 珍走団をK察が現行犯で取り締まれないワケ> | トップページ | <768日目 晴 ツシマヤマネコ三代目> »

2010年6月11日 (金)

<767日目 曇 いざ対馬上陸>

▼2010/06/01
 4:10 目覚める。船がとても揺れたので疲れが勝ったが眠れていないかもしれない。
 
 4:35 船内照明が点き、定刻よりも25分遅れで比田勝港へ下船。

 6月初日に対馬へ上陸。以後1日から換算で対馬上陸後日数が計算しやすいので分かりやすい(←何がー)
 5:00 曇り一面で朝焼けることなく明るくなってきた。ワンセグは入らず天気予報不明。14℃と肌寒く長袖ジャージを羽織る。
 5:55 朝食:半額ゆかりごはん、カロメ×3、沸かしたお湯+コーヒー
 極まれに車や人が通る。駐車場内でエンジンつけっぱなしで寝ているトラックを除いて静か。
 6:50 出発。

 さっそくハングル文字に出迎えられて分かりませんニダ。

 対馬でも佐賀地区があるため。

 西泊~殿崎公園の海水浴場は日の出と方角にテントを張れそうで良さそうな場所。三宇田キャンプ場は閉まっていてダメ(温泉は極近いので残念)
 K182を反時計回り。
 
 さっそく猫が。いや、これは普通の野良猫。天然記念物のツシマヤマネコにそう簡単に会えるわけない。

 7:30 全然見えないと逆評判な(?)韓国展望所へ。

 確かに。秋冬の空気が澄んだときでないと このようには見えない。

 観光ガイドテープがあり、スタートボタンを・・・

 コリアンセブンを持っている旅人ならこっちをポチッと押すニダ!

 トイレにハートマーク付きの韓国語。分からないもどかしさニダ!

 R382を南へ。国道は良く整備されている。

 そこら辺の川でも水がきれい。

 取れすぎてハイテクな宇宙センターのような名前になってまする。
 ツシマヤマネコ飛び出し注意の看板があちらこちらに。そう簡単に会えないと思うのですが。

 K178との交差点にはヤマネコ型トイレオブジェ。

 地元の人曰く、ツシマヤマネコは数が少ないので北海道の鶴よりも会える確率は低いのではないかとのこと。

 K178~K39へ。背の高い木々が連なる森の中。紅葉時期ならとても綺麗そうだが、今はひたすら緑のトンネル。

 この旅でダントツな非公式最低制限速度発見。5km/hですと・・・ 早歩きしたらアウチです。バイク押して歩く並の速度規制です。

 K39 地蔵峠を越えて、虫バイ崎あたりで

 オドメーターが177777kmになりました。

 ビウテホ。青空も出てきた。
 K48との交差点も南に進み、K39の行き止まりを目指しているとまもなくダイレックススーパー発見。対馬にもあることに驚き。ここで食料購入。色々と安いのは有り難いが総菜やおにぎりは全く売られていなかった。(島国だからか?)
 ここで昼食:ミニクリームパン×2、おにぎり×1、ゼリー、牛乳
 地元の若い女性同士の会話で、島内事務職給料の安さに驚愕。トイレの水を補給。
 K39は漁村が次々と続く。

 R382~和多都美神社。

 海中に鳥居があり珍しい。

 12:25 烏帽子岳Pへ。曇って霞んでいるので山頂まで歩く気力は起きず。観光案内板にてヤマネコの姿写真を知る。
 R382 豊玉地区には大型スーパーがある。途中のENEOSで店員給油。単価が隠されていて分からず。200円もしたら困るけれども、想定より10円ほど高かった。(@172円、23.81km/L)
 K48から青海の里へ。ここも曇っていて何とコントラストの低いこと。雨降っていないだけ有り難いけど。

 青海~津柳へは道が狭く時間がかかる。ヒトツバタゴは時期が過ぎていて拝めず。
 R382 峰町ほたるの湯は休館日で残念。雰囲気は良さそうなのだが・・・ チョコクッキーを食べつつ休憩。
 ドウ坂付近は2年前の手持ち地図よりもまっすぐ直線のトンネルが出来ていて時間短縮。昨夜の睡眠時間不足?により眠気が突如おそってきて意識が危ない。ガムを噛んでその場凌ぎ。
 恵古から案内板に沿って棹崎を目指す。途中1カ所だけ看板がなくて行き止まりに突き当たった以外は順調に7kmほどの道のりで日本最北西端着。

 人の往来は無くて静かな所。ここからも勿論韓国は見えない。
 
 15:45 棹崎キャンプ場着。草地で海を眺めるロケーション抜群。寂しさも抜群。東屋もトイレも水道もあり極上。

 平戸でキャンプした時よりはやや弱い風が吹き続く中設営。バイクはアスファルト部分に停めようかと思ったが排水口上で雰囲気良くないので芝地に。
 米をといだ後、海&バイクを眺めつつ机の上で日記を書ける心地よさ。6月というのに肌寒いくらい。
 

 韓国からの漂着物が沢山流されてきています。

 17:00 波が激しくなりはじめ、風向きが変わってきた。

 とりあえず身体を休めて、

 書くモノ書いて、

 何でも自分がやらなければならない一人ってタイヘン(←今更何を)
 18:20 夕陽は現れず。16℃のわりに風が冷たい。
 夕食:炊いた米+カレー、サラダ1/2、サンガリア製ラムネ味なのに6%と意外と濃いチューハイ

 シーチキンの空き缶が小さくてサラダを盛り付けるとどうやってもコボレル。
 
 日没後、雲が低くて流れが速く、次々と西の方角へ動いていく。
 ラジオも入らない寂しさも加わり、キャンプ中に初の音楽プレイヤーで少々リッスン。
 20:25 ますます海が荒れてくる。こりゃぁ昨夜は船が揺れたわけだ。
 明日どのくらい行動するかは体力回復具合次第。バイクが錆びそうな海風も心地よく感じる中、20:40 眠りにつく。
 夜の山は鳥や動物の声に囲まれて心地よいけれども夜の海は寂しい。

 再九州25日目
 寝場所:長崎県対馬市 上県町佐護西里 棹崎キャンプ場(無料)
 走行距離:141.8km 累計:60271km
 出費:\1393(ガソリン \932、食料 \461)

« <766日目 薄曇 珍走団をK察が現行犯で取り締まれないワケ> | トップページ | <768日目 晴 ツシマヤマネコ三代目> »

07-日本一周(九州・沖縄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <767日目 曇 いざ対馬上陸>:

« <766日目 薄曇 珍走団をK察が現行犯で取り締まれないワケ> | トップページ | <768日目 晴 ツシマヤマネコ三代目> »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ