フォト

« <131日目 晴~曇 燃費ガタ落ち> | トップページ | <134日目 晴→雷雨 燃料添加剤を試す> »

2008年9月 5日 (金)

<132~133日目 曇 不調の原因は何処?>

 昨日強く感じたエンジンの不調から、緊急一時帰還へ。
 もう一度症状が再現されるか試すため、登り坂を交えたルートを考える。
 R20を淡々と北上し、富士見からK189、エコーライン~K192 ビーナスラインへ。アイドリングスクリュを弄り回転数を高めにしてみるが それでも症状変わらず。2速全開に近くしても回転が ついてこない。K40 立科峠山頂では気落ちにトドメを刺す雨・・・
 小諸に降りると一転、30℃の晴れ模様になるが気分は晴れず。

 12:30~13:30 セブンイレブンのPにて昼食:コーヒー牛乳500ml、食パン2枚+黒ゴマクリーム、バナナ2本
 東部湯の丸IC~長野IC まで高速を使用。パワー無く80~90km/hペースが やっと。これでは3速AT軽自動車並である。
 14:30 RB長野店に寄り、エンジンオイル・フィルター交換。その際にエンジンがカブる件を整備長へ具体的に伝えたのだが、「調子は悪くない」との一点張りで話にならない。この場合は原因究明までが技術であり、そこまでのプロセスにもオカネが必要だから互いが同意し信頼の上で整備を頼まなければ見当違いなことをされて終わってしまうのだろうから慎重にならざるをえない。この状態では店には頼めない。


 翌日、(ワタシと同じようにショップが信頼出来なくなり自分で全て直そうとする)親戚オジサン宅へ行き、症状を具体的に伝える。試乗してもらい、感じた症状が一致。

<▼これまでに感じたエンジン不調症状>
 道を問わず、車の流れに乗るのが辛いほど加速パワーが落ちている。(本来の50%くらいの感覚)
 平坦路では、中高速回転域(7000rpm以降のvtec域)で特にパワーの落ちを感じ本来の吹け上がりではない、特に10000rpm以降アクセルを開けてもカブって吹け上がらない。
 特に登り坂では今まで一定のアクセル開度で5~6速で低速走行できていた場面でも、2~3段ギアを落とさないと失速する、10%以上の登り勾配では2速でないと登らず、回転域を問わずエンジンがカブる。15%では1速がやっと。
 高速道路でも(半年前に)マフラーを変えた当時は100km/h前後でも6速ギアのまま余裕で巡航できたが、現在では失速し6速では90km/h巡航がやっとである。
 レッド手前まで空吹かしした時に茶黒い煙がドバッと出る。

 → 混合機が濃いのでは? → まだ断定できないので難解な原因から一つずつ診断していく方針へ。

 何月何日、ODOが何kmの時に何の整備をして、走った時の調子はドーで・・・と全てを刻々と書いてきた良い子の旅日記帳(爆)を全て読み返し、症状を感じた前後に行なった整備や交換部品など全てチェック。エアクリーナー、チェーンの張り、ハンドルの触れ、アクセルワイヤーの動き等基本事項を診る。

 次にプラグを外してチェック → 外側2個は良好だが、中央より2個が黒く燻っている。この2気筒が濃いと思われる。


 → 以前の(良好色な)プラグに交換して、さらにキャブレターを外す。
 症状は診て出来る限り改善しようとして頂ける有り難いオジサンだが、監修の元「整備は自分でヤリナサイ」と優しくも厳しい指導を受けつつ整備を行なう(爆)
 その厳しさは自分の道具を知り生き抜いていくためである。
 なので手際が悪かろうが時間がかかろうが自分の経験とする必要がある。その考え方はPCと同じ。

 キャブレターを外すのは初めてのため(汗) しっかり締まっていて外すのに2人がかりでした(汗)
 サービスマニュアルに明記された通りに行なったのだが、記載事項以外にもアチコチのコードやホースを脱着する必要がありました(汗) ネイキッドなのにカチンカチンに物が詰まっていて整備性が宜しくない(汗)

 フロートを開けてみると、これでも清掃前の状態(!) とても13万キロ走ったと思えないほどキレイな状態・・・らしい。

 メインジェットとスロージェットの検査。異常無しと思われるので、キャブクリーナーと圧縮空気で清掃。穴の通りを確認。
 念のため中央より2カ所のキャブレターの通り道もクリーナーで清掃。茶色く汚れた液体がタラタラと落ちてくる。

 パイロットスクリュを中央側2個のみ、2-3/8回転戻し → 2回転戻しへ薄めに調整。
 ここで日が暮れてきたので作業の続きは明日に。。。

 諦めたら 旅はヲシマイ。
 だったら買い換えればいいじゃんという軽い意見には流されない。そんな資金の余裕は無い。
 オーバーホールするための資金すら今回は用意していなかったので、安くできる対処法から一つずつ試していくしかない。
 資金も時間もバイクに乗れる季節も刻々と短く無くなっていき、

 これから どうなってしまうのか。
 不調のバイクを目の前にして
 途方に暮れている。

 す べ て   追 い つ め ら れ た。

 寝場所:緊急一時帰還
 走行距離:217.8km 累計:16936km
 出費:\16714(ガソリン \1359、食料 \110) 累計:\680056
 体調:旅続行出来るか分からず気落ち

« <131日目 晴~曇 燃費ガタ落ち> | トップページ | <134日目 晴→雷雨 燃料添加剤を試す> »

EX02-旅道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <132~133日目 曇 不調の原因は何処?>:

« <131日目 晴~曇 燃費ガタ落ち> | トップページ | <134日目 晴→雷雨 燃料添加剤を試す> »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ