フォト

カテゴリー「00-日本一周(準備)」の12件の記事

2008年4月26日 (土)

<1日目>日本一周旅出発!

 4月26日 本日より日本一周旅に出発します。
 北海道から沖縄離島まで、素人ながら景色を写真に収めつつ、バイクで走るオイシイ道は全部走り尽くしたじゃん? というくらいに走りたいですne。
 ここに来るまで色々あり、ありすぎて手書きにもホムペにも書き切れていないですが(汗)
 見知らぬ出逢いの確率は少しは増えるはずなので 人生の根底を揺るがすくらい 生きることの達人に会いたいとも 思います。独りの時は 未だハッキリしない旅立つ意味と、自分について ジワジワと 考えてみます。
 バイクもニンゲンも歳を取りヨレヨレクタクタですが、やります(爆)

 初日は田貫湖で 開催宣言の予定。(雨予報ダシ)
 翌朝ダイヤモンド富士と共に、パッと出発。
 これ以後、不定期更新となります。
 ネットカフェにて、ある程度まとめて写真や記事をアップロード予定です。
 オカネはギリギリしかないので、時間内に作業するためにPCの性能&筆者の入力速度 次第(汗)

2008年4月25日 (金)

#017:出発前日

 いよいよ 明日 出発

 冷却水はLOWER近くまで減っていたので、UPPERまで補充。これで著しく減るようなことがあれば何処かから漏れてるハズ。
 100円ショップの収納ケースが意外と使える。もう1~2個余分に買っておけばよかった。
 体調は まあまあ良好。
 持ち物リストをノートに書き込んだら9ページにも及んだ(汗)
200804251
 出発前の距離計。
 10万キロ超えでクタクタ感があるが、私と共にどこまでイクのだろうか(爆)
 これからマイニチ バイクを運転して判断の連続をして雨風に打たれて寝場所を探すのは、マイニチ会社よりも辛いことなのかもしれない。
 1日も休めないし(爆)

2008年4月24日 (木)

#016:初日から荒れ模様かも

 週間天気の26日が、遂に雨予報になってシマター。
 初めからズブ濡れの洗礼を受けるようである(汗)
 初日は富士山麓のキャンプ場にて他のキャンプ仲間な方達と開催宣言となったので、雪降らなければ行きますが(爆)
 27日以降の晴れ予報@ダイヤモンド富士に期待。

2008年4月22日 (火)

#013:旅立つ直前まで覚え書き

▼感情変化編

 ちょうど1年前、「これから外国へ一年間一人旅してきます」という人を見送った。
 身近にそんなアグレッシブな行為を出来る人がいるのだな~。と感じつつ、次の日にはその好奇心も無くなるほど仕事に飲まれる日々が続いた。
 行き先は海外でないものの、今自分は逆の立場に立った。
 あの時あの人は どのような気持ちで旅立っていったのだろう? と今になって聞いてみたかった。

 年輩方からは「そんなことして、今後のジンセードースルノヨ?」と訊かれる。
 それに即答できれば このような行為なぞ行なわない。一生道を踏み外さないサラリーマン人生で臨終の床まで過ごすのに疑問を感じず全うするのがニンゲンの正論と諭される。
 「意味のない無駄なことは止めなさい」と諭される。ワタシより長く生きている人から受ける意見は重い。
 遊び友達は「マリオカートのバトルゲーム対戦仲間がいなくなっちゃうな~」と他人事のように はしゃいでいた。
 彼女はイナイ歴=年齢 なので意志の引継ぎ先は無い。
 辛いときも共に生きてきた幼なじみは もうこの世に いない。
 会社ではワタシなぞ歯車にも満たないので居ても居なくても変化がないようで。
 そして値上がり・世論・このご時世。
 旅立とうとする行為に対して肯定する人より否定する人の方が多い。

 辞めるとは悪いコトではなく、今までの生き方に疑問を感じ考え直す時。
 若いときに自分を診るコトを忘れたまま会社に飲まれ、時間差でソレがやってきた。
 その期間と行為の大小に個人差があり、自分はこの選択肢を選び、生きていくために必要な最低限の道具を選んだ。
 安楽旅行ではない、今までもこれからも沢山のコトを犠牲にする世界。その先何が得られるのか分からない。
 バイクと最低限の生活用具とカメラ、これだけ持ってワタシはイズコへ?

2008年4月21日 (月)

#010:事前キャンプオフin上越

 新テント&寝袋の使い心地を試すため事前に1泊キャンプオフを実施。

・テントについて
 付属のL字型ペグは刺さりやすいが抜けにくい。今まで使用していた お古のピン型ペグの方が役に立ったので両方とも持参して使い分けた方が良い。
 通気性については この季節は良いが夏の暑さが心配。

・寝袋について
 羽毛の暖かさと寝心地は良好。5℃程度まで冷え込んだがインナーやカバー無しで快眠できた。

・結露について
 日陰に設営したため、翌朝フライシートは結露。買ったばかりなのに撥水せず。そのおかげで乾くのは早かった。
 テント本体は ほんのり湿った程度で結露無し。高級テント故の効果だろうか。。。

・#009にも書いたソーラーパネルについて
 これを付けた状態で快晴に恵まれるとバッテリー電圧が0.1~0.15V程度上昇するので効果有り。
 外見ソーラーカーのようにも見える(爆)

▼フォトレポートはこちらから。(全11枚)
2008/04/20~21キャンプオフ

2008年4月18日 (金)

#008:事前オフ:桜見編

 高遠の桜なぞ見に出かける。
 平日にも関わらず現地周辺は車大渋滞して動かず、バスは黒い煙モクモク。その横をマスクをして通る歩行者。ナンタル事態。(バイクでなければ諦めて引き返すと思)
 500円もオカネを取られる場内へ入っても人だかりなので行かず、手前の無料敷地内にて撮影開始。
 昼は持ってきた水筒&おにぎりなぞで食事。

 そのうち若い家族連れから「シャッター押してもらえませんか?」なぞと頼まれる。見たらPENTAXのコンデジだった。意識したのだろうか(爆)
 団塊の世代が所持している一眼なぞも見たが、7割Nikon、2割Canon、PENTAX持ってる人は居ませんでした(汗)
 自分の使い慣れたカメラで撮れりゃいいのですが。現地で「あれ? これドーユーフーに使うのだっけ?」と迷って奥さん&コドモの厳しい眼差しを受けてた一家の主はキビシソウ :-I

▼フォトレポートはこちらから。(全23枚)
005

2008年4月17日 (木)

#007:ウインカ接触不良

 東京の帰り道、ウインカーの1カ所だけ付かなくなるトラブル発生。
 首都高でこれはヤバイベ。
 路面の振動が加わると付いたり付かなかったりする。
 電球は切れていないし、アラーム装置から発するウインカー点灯は正常なので、カプラを改めて差し直した。
 これで直ったかどうか。

#006:TOKYOの街音

 4日間TOKYO街へ行ってました。撮影練習が盛り沢山。
・水族館・・・人混みで三脚出せないし、フラッシュ禁止、魚の動き早い、ISO上げすぎるとノイズ激しい・・・と難易度最高峰。

・夜景・・・高層ビル最上階の室内からの撮影のため照明が映り込み難易度高め。

・鉄道・・・地元の2時間に1本と違ってヒッキリナシに電車が通るので練習数をこなすことは出来るが電車マニアに思われる危険有。鉄道は音楽である! と思い始めたら危ない兆候か(汗)

・新宿ペンタックスフォーラム・・・カメラの点検とピント調整を依頼。なんでも、(教えてくれない)隠しメニューのピント微調整値がズレてたので±0に戻したらしい。

・首都高・・・メッチャ混んデル

▼フォトレポートはこちらから。(全63枚)
東京レポ

2008年4月10日 (木)

#005:整理 その1

(手書きの)アドレス帳を整理し、メールにて日本一周宣言を突然受け取った方へ。
ビックリさせてしまい すみませんが、ワタシが一番ビックリ緊張しております(自爆)

#004:カウントダウン

 ブログパーツなぞ設置してみる。
 自分好みなサイバー系フォントのカウントダウンタイマー。出発日まであと15日と表示されて焦る(汗)
 これは自動的にカウントアップタイマーへと変化します(謎)

 時計については・・・ もう うにょんうにょん(謎)

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ

成分分析