フォト

2020年9月13日 (日)

【S660 北海道ツーリング 2019】 17日目 本州帰路 弥彦山へ初訪問

▼2019/09/26 晴れ

 小樽 → 新潟行きフェリー船内で目覚めた朝。

 エアコンは弱めでやや暑く、船の揺れでちょくちょく起きたものの良い目覚め。

 波が少なく穏やかな晴れ。

 外のデッキで朝食:HOTCHEF たらこ おにぎり、カップやきそば弁当。

 残り湯のスープは昨日食べ終わった弁当カップへ。

 そして、混ぜる!

 缶は持ち手が熱くなるし、ペットボトルに入れると へしゃげるのでこちらがベター。

 9:15 新潟港到着。

 25℃、真夏ほどではないが暑い日差し!

 往路と同じ海老ヶ瀬のJAセルフで給油。半月で7円も上がっている。
 (@135円、373.2km ÷ 15.18L = 24.58km/L)

 新潟みなとトンネル~R402の40km/h区間の所を 38km/h でノロノロ走るジジクオリティ車の後走で燃費が一気に25km/L超え。サヨカー。

 K55から初の弥彦山スカイラインへ。
 バイクは通行禁止なので、今回が初訪問。
 ヘアピンルートを上りにする、北からのルートを選択。

 ヒルクライムする自転車が多いが、路面状況は悪くない。

 11:40 弥彦山 山頂公園P到着。

 駐車は無料で、20分ほど山登りするか有料のケーブルカーに乗らないと全景は見えない仕組み。

 山頂にタワーパフェがあると掲示を見て、やっぱりお金を払って行くことに。

 昭和の雰囲気が漂うレトロな案内板に沿って、展望ケーブルカーの往復切符を380円で購入。

S660 ツーリング 弥彦山パノラマタワー乗り場

 今やレアもの! けろけろけろっぴのゲームマシーンが鎮座。

S660 ツーリング 弥彦山パノラマタワー

 山頂駅に降りて外のベンチでセイコーマートの牛乳パンを食べた後、昭和レトロな感じを発するレストハウスへ。

S660 ツーリング 弥彦山レストハウス 両手に花 スープ付き

 これまた時が止まったかのような、言葉のエッセンスがたまらない。

 「両手に花」オマケつき。

S660 ツーリング 弥彦山レストハウス タワーパフェ

 2階のレストハウスでタワーパフェ(\650)を食べる。

 上に乗っているザラザラとした口当たりのソフトクリームを全部食べ終えないと下段のフルーツとジャムクリーム(キウイ・イチゴ)を食べられない、難易度高めの仕様。
 味は・・・ 昭和時代のデパート屋上レストランで食べる価格相当のクオリティ。

 食べ終えた後、3階と屋上の展望スペースへ。

S660 ツーリング 弥彦村 田園風景

 西側に広がる佐渡島&日本海と、東側 弥彦村の田園風景。

S660 ツーリング 弥彦山パノラマタワー

 まだ紅葉はしていないが沢山のトンボが飛んでいる。

 逆光で白く光る海を右手に下りルート。たまにバイクが2~3台登ってくるけど、入口で捕まらないのかしらっ?

 14:20 R352 道の駅 越後出雲崎天領の里。

S660 ツーリング R352 日本海

 行き止まりの旧道にて。

 刈羽原発を拝む夕日ヶ丘公園。

S660 ツーリング バーベキユウ禁止

 「バーベ9禁止」の看板。道の行き止まりで寝ることができません。

 おっと、命令形刈小PTA。

 K23~西山ICから北陸道。

 午後の日差しを浴びながらクールダウン。

 糸魚川ICで降りて、姫川須沢臨海公園Pへ。

 海のすぐそばに芝生のオートキャンプ場があり、低料金なら使いたい立地。

S660 ツーリング 糸魚川 日本海の夕陽

 17:40 北海道ツーリングの締めに、日本海の見納め。

 スーッと日没。

 糸魚川市街に外食のチェーン店が見当たらず、イオンタウンにあった元気寿司とラーメン店は良かったのにどちらも閉店してしまったので、R8を親不知方面へ探して、「ラーメンショップ」へ。

 見た目同様、完全にトラックの運転手向けなお店(カウンターは禁煙)

 普通のラーメン(\700)背脂少なめ・とんこつ味。歳を重ねた筆者には胃に重い味。

 ボロボロになっていたベストカーの雑誌を読みながら夕食。

 道の駅小谷は16℃、曇って星は見えず。ここでも大好物のブドウ:ナガノパープルが売っていた(700円!)

 本日の走行距離: 274.6km

S660 北海道ツーリング 2019 17日間の総走行距離と燃費

 2019年 S660北海道ツーリング 全日程の総走行距離: 4376.2km
 (オドメーター: 出発時 43752km → 到着時 48129km)

 全日程燃費平均値: メーター表示値 26.9km/L → 実際の推定は 24.5~25.0km/L

 アップダウンの峠道で それなりに回した分、日常使用する分よりもキッチリ低下してます。普段が大人しすぎるので、数値通りの燃費でした。

S660 北海道ツーリング 2019 17日間の旅の足跡

 17日間に及んだ北海道ツーリング 2019年版 これにて完結。

 運転の愉しさと引換に車中泊できないクルマなので、宿泊はキャンプ・ライダーハウス・ゲストハウス それぞれを活用し、バイクツーリングの時と同様有意義に過ごすことができました。

 北海道を憧れのクルマで初上陸し、『雨の日にも移動できる』という便利さも大いに感じられて、限られた2週間の日程で道北・道東方面を時間かけて巡ることができ、疲れを感じる暇もないほど楽しい時間が経つのは早かったです。

 P.S. 2020年は九州・沖縄に行きたかったのですが、コンピューターウイルス並にタチの悪い 例の3文字ウイルスの影響で日常が壊され、長期旅行できる目処は全く立っていませんが、孤独で思考が偏らないように心身を大切に生活する所存です。

2020年9月 9日 (水)

東大ナゾトレシーズンⅡ 4巻の最終問題解けたー

▼2020/09/09

 2020年。次々と襲いかかるストレスや境遇、内面から湧く悩み事や、ネット・対面問わず嫌がらせをしてくる人にどう対処するか?

 永遠の課題に立ち向かう手助けを探しに出張帰りに書店へ寄った所、「ストレスフリー 超大全」という本を見つけまして、他のビジネス書にありがちな根性論が並べられていなかったので共感できる所が多くて読みやすく、小さな行動からできるToDoのヒントを得られて有意義でした。

 見かけると毎回購入している、東大ナゾトレ シーズン2 第4巻 最終問題も、これまた面白かったです。
 今までで一番ルールが分かりやすく、最短でクリアしました。

 前回 第3巻 最終問題の最終展開も、常識外れな仕掛けが分かった時に度肝を抜かれましたが、

 今回 第4巻の最終問題は、一見簡単そうに見えて固い頭では解けない、相変わらず作った人の発想が本当に天才的!

 最後、Final Missionで とても悩みましたが、閃いた時の気持ちよさが絶妙な難易度です。
 慌てずに問題文を良く読むことですね・・・

2020年9月 8日 (火)

コンプリート・コンプレックス

 清掃仕事で数々のゴム手袋に穴を開け、人よりも指が長めで手が大きいことを気にしていた筆者、

 長雨と猛暑ですっかりご無沙汰だったバイクを久しぶりに出して、いつもお世話になっているバイク店で任意保険の更新手続きに行った所、
 グローブのサイズ計測コーナーがありメジャーで測ってみると、筆者のオテテはギリギリ男物のLサイズに収まることが判明。
 手首の皺から中指先端まで、~20cmまでの所、19.8cm。

  エロエロ  LLではなかった。

 しかしLLサイズを選ばないと指先がキツイ。

 自身のコンプレックスは、誰かにとってのエンヴィー。

 そんなわけで(←どんなわけで?) あっという間に、バイクの車検時期。

 29万キロ使っていても、光軸さえ陸運局の基準に合えば大丈夫でしょう。(チャンスは1日3回)

2020年8月26日 (水)

『巻戻し』が通じない

▼2020/08/テレワーク日

イオンモール幕張新都心 光の迷路イルミネーション 2014/11/05

 (▲写真は、この記事を書いている時の筆者脳内イメージです。
  2014年冬 幕張イルミネーションより)


 先日仕事中、とある後輩に「そこのビデオデッキ、動画編集するから巻き戻して頭出ししておいて」と頼んだ所、

 「『巻戻し』って何ですか?」と訊かれ、ハッとした筆者。

 ビデオデッキのボタンを見ると、『巻戻し』という名前が無い。いつ消えた?

 代わりに、「早戻し」というボタンが存在。

 ハヤモドシって何だ?

 ハヤシライスの新規格じゃないヨネ?

 うわー、今、昭和じゃないって。平成でもない、令和、令和!

 何でもハラスメント。ナニハラ? 戻しハラスメント、モドハラ?



 後輩曰く、今はテープじゃないから巻いて戻すって言いませんよ、ボタンは「早戻し」「早送り」と書いてありますよ、と。

 確かに。

 動画もデジタルデータで取り扱う時代。巻き戻す手間なく、一発クリックでポンと再生位置を呼び出せるから、倍速で送るには「早く」送り、「早く」戻すのが常識となっていた。

 カセットテープ世代を生きて、面白くないテレビ番組の視聴を止めた筆者は、見事に(意図して)取り残されていた。

 巻戻しボタンを押してテープカウンターが「000」丁度になる所で絶妙に停止ボタンを押すテクニックも今や使わない。

 巻戻しという言葉は、コロッケの千昌夫ビデオモノマネくらいしかない絶滅危惧種と化していた。

 ビデオテープからDVDレコーダーへ変化した時に「巻戻し」→「早戻し」という用語に変わったと思いますが、それにしても21世紀、2020年、令和2年夏。気づくの遅すぎ。

 「ハヤモドシ」という発音に未だ慣れないが、もはや頭に浸透させるしかない。

 カセットテープやVHSビデオテープ、FullHD対応の1個63分しか撮れないテープを使わなくても、何でもデジタルデータで無劣化、恒久的に資料を残せる技術について変化を拒むのではなく、過剰な便利さに脳が退化しないよう、ストレスを感じない程度まで適切に採り入れる。

 用語の変化に感動した筆者でした(←これだから年寄りは って煙たがられないようにしないとっ)

2020年8月19日 (水)

【S660 北海道ツーリング 2019】 16日目 ビンゴ商品券 初当選

▼2019/09/25 晴れ・にわか雨

 5:30の朝日がライダーハウスの部屋に差し込んで起床。

 車体に被せているボディカバーが結露せず、既に乾いているという嬉しさ。

 朝食:セイコマ製 納豆巻き、中札内産厚焼き卵

S660 北海道ツーリング 2019 帯広~士幌

 6:40 出発。12℃の快晴。西部農道~K54で北上。

S660 北海道ツーリング 2019 ナイタイ高原

 本日もナイタイ高原でMovie&photo。展望台は一面曇りでにわか雨。船の出発時間も迫っているのですぐ引き返す。

S660 北海道ツーリング 2019 ヌプカの里

 続いて、ヌプカの里へ初訪問。

S660 北海道ツーリング 2019 ヌプカの里

 秋枯れした静かな景色が広がる中、10m/sの強風が吹き続けて山鳴りが起きていました。

 R274でダンプだらけの埃を浴び、9:30 道の駅 瓜幕。

 直売所にはまだ商品が揃っていなかったので、10時の開店を待って鹿追チーズ工房へ。
 15ヶ月熟成のプレミアムゴーダ・チェダーチーズを購入。

 K593~K718と遠回りして、十勝清水方面へ。山側から強風とにわか雨。

 R274 日勝峠超えは土砂降りになっていると思うので、その手前で昼食処探し。

 こちらの展望レストランへ行ってみます。

S660 北海道ツーリング 2019 日勝峠

 11:00 日勝峠手前の清水ドライブイン内にある、「とかち亭」レストランへ。

S660 北海道ツーリング 2019 生ちち100% ソフトクリーム

 せいにゅう ではなく、生ちち100% おちち おちち!(←発情期じゃあるめぇし)
 昭和風ドライブイン看板もあり。

 2019年現在、ドラマのロケ地ブーム中。

S660 北海道ツーリング 2019 日勝峠 とかち亭 牛トロ丼

 看板商品の「牛トロ丼+卵入りステーキ丼」セットを頂きます。
 ドライブイン価格で少々お高め 1680円。

S660 北海道ツーリング 2019 日勝峠 とかち亭 牛トロ丼

 どちらも温かくて口溶けやわらかく、とても満足。お腹も満腹。

 トイレに寄った隣のレトロな売店は、昔ながらの雰囲気が残っていました。

 大きな観光バスから中高年のお客様が降りてきて、ガイドさんが

 『皆様、こちらで ぐぉざいまぁ~っす・・・
  おニカー(2階)へどうぞ
  お手洗いはイッカー(1階)のみで ぐぉざいまぁ~っす。
  お食事はニカーで ぐぉざいまぁ~っす・・・』

 という独特の口調が大いに脳裏に残ってしまう。

 写真OK、オサワリNGな毛皮&剥製販売コーナーで ぐぉざいまぁ~っす。

 「あきちゃん」25万円也。

 「ともちゃん」42万円也。

S660 北海道ツーリング 2019 日勝峠 熊の剥製 42万円

 最高値は「ひとみさん」45万円也@海外産。

S660 北海道ツーリング 2019 日勝峠 熊の敷物 58万円

 さらなる高みを目指す方には、敷物58万円也も ぐぉざいまぁ~っす。

 ウォンやルピアじゃない、単位は日本円で ぐぉざいまぁ~っす。

 (細かすぎるモノマネ終了)

S660 北海道ツーリング 2019 日勝峠 R274 旧式書体 169.5キロポスト

 R274 「.5km」のキロポスト標示、今や貴重となってきた旧式書体。速度制限標識風フォント。

S660 北海道ツーリング 2019 日勝峠 R274 ヘルベチカ書体 170.5キロポスト

 次の1キロ先は、もうヘルベチカ書体。高速道路のキロポスト フォントと同じ。見やすさはこちらがベター。
 (新東名の岡崎区間ではフルティガー書体のキロポスト標示も出てきて、新旧混在で会社の実態を表す如く統一されてない状態)

 十勝清水ICから道東道へ。

S660 北海道ツーリング 2019 道東道 馬鹿バーガー

 13:00 7年ぶりの占冠PA。
 看板も価格もパワーアップしていました。「馬鹿バーガー」

 恐る恐る「うましかバーガー」と注文する方がいたからでしょう(←小心者の筆者ならそうしている)

 ご丁寧に読み方も「ばか」と振ってあり、馬鹿(バカ)具合を大中小選べるようになっていました。

 つまり「大バカ1個、ふつうのバカ1個!」などと声に出してオーダーする格好になります。

 道東道の中で唯一のPAかつ唯一の売店、占冠PAの西方向限定品。勇気のあるかたはどうぞ(^_^;)

 道央道 南ルートのインターチェンジ番号が分かりにくい。
 函館から振り直した番号と、札幌起点から振ってある従来の番号看板が両方混在していて、とても分かりにくい。

 (例:恵庭ICの番号が、4と26 両方交互に現れる)

 札幌付近で事故後渋滞が1kmほどあったものの、15:10 小樽IC下車。

 セイコーマートで弁当を2食分購入し、15:40 小樽フェリーターミナルへ。
 出港の80分前に余裕もって到着。

S660 北海道ツーリング 2019 車 の文字が上下さかさま

 この「車」も上下ひっくり返っていると思う。どうしてこうなっちゃったっ。

 往路のデジャヴー: →2日目 ニセコでも そのようなバイ・イク「車」標識がありました。

 ターミナル内レストランの「ソフトドリンク」が「ンフトドリンク」になっちゃってることにツッコミを入れる気力も無くなり(^_^;) 代金の支払いなど乗船手続きして車へ戻り、スタンバイ。

 軽自動車1台とニンゲン1人で、計 \21580。

 ここまで 4101.6km走行で、メーター表示燃費は 26.9km/L。実際は推定 24.8~25.2km/L。

 16:25 車の乗船開始。筆者の車は背が低いからか、一番最後の末尾に誘導されて船内の駐車スペースへ。

 今回もツーリストAの寝台席を選択。

 復路にもペッパー君がいらっしゃいましたので、今回はオサワリ、案内してもらいました。(顔が上から目線)

S660 北海道ツーリング 2019 小樽港 フェリー 夕暮れ 日没

S660 北海道ツーリング 2019 小樽港 フェリー 夕暮れ 日没

 17時丁度の日の入りと共に出港。

S660 北海道ツーリング 2019 小樽港 フェリー 夕暮れ 日没

 出港と共に小樽・積丹半島に夕陽が沈む、感慨深い光景。

 船内アナウンス曰く風が12m/sで波は2m。風の影響で船がやや揺れてきて、疲れが急に来たので横になる。

 振り返ると今回雨は少なく、濡れるほどに車体が雨で汚れた日は17日中、4日のみ。一日中雨が降り続いたのは台風の時の2日のみ。所々でキャンプも出来たので、恵まれていた年だと思います。

 19:30 オネイサン船員によるビンゴ大会。
 先客3~4名が当たる中、筆者もリーチ状態になり「ここからが当たらないのヨネ・・・」と次々と呼ばれる番号に穴が開かないワと見ていた所・・・

 『Iの21番』

S660 北海道ツーリング 2019 新日本海フェリー ビンゴ大会

 ↑ ・・・ワタシじゃん!

 脳内でアメリカ横断ウルトラクイズの勝ち抜けジングルが再生され、ステージ前へ!

 舞台慣れしていない筆者は緊張の面持ちで当選品を受け取る。

 フェリー乗船の度に計10回近くチャレンジした中で初のビンゴ当選。

S660 北海道ツーリング 2019 新日本海フェリー ビンゴ大会 1等商品券当選

 1等の1000円分商品券獲得!(数年前は3000円だったような、不景気の波がココにも)

S660 北海道ツーリング 2019 新日本海フェリー 北海道土産 テノワール

 オネイサン船員はとても商売上手で、「当たったらテノワールという北海道土産をぜひ買ってください」という口述に乗せられ、840円のテノワールを購入しました(チョコクッキー)

 → 後日 お土産に職場へ持参して頂きましたが、甘さ控えめ・仕事の合間に丁度良く、確かに美味しかったです。

 夕食:HOTCHEF 冷めても美味しかった マーボー丼弁当、野菜サラダ、夕張メロンソーダ

 入浴して新聞読んでネルノダを飲んで、22:00 就寝。

 本日の走行距離: 365.8km

(17日目@最終日へ つづく)

2020年8月10日 (月)

イシヨ・ナーをインストール

▼2020/08/10

 田舎と雖も風通りが悪く、年々常識破りで更新される気温の高さに、身体がOVERHEAT!

 部屋に設置する道具としては最高級品である自動温度調整機器:エアー・コンデ・イシヨ・ナー(←何故そこで区切る)は苦手なので購入を我慢してきましたが、そう年寄りクサイことを言っていられなくなりました。

 去年40℃の名古屋で経験した手足の血管がドクンドクンする症状が 今年初めて自分の部屋で発生し、パソコンや周辺機器を付けた公私 両作業に支障を来すようになり、

 遂にハイテクノロジーな機械である「エアーのコンデ・イシヨ・ナー」(←何故そこで区切る)を開発室に入れる時が来ました。

 → 安い機種ゆえ作動音が大きいので、就寝時は耳栓が必須。

 室温が下がった恩恵で、→ PS4の初音ミク Diva Future toneの達成率詰めが捗っています。HARD 全曲平均値が105%超えました。

2020年7月29日 (水)

【S660 北海道ツーリング 2019】 15日目 帯広&芽室ストレート堪能

▼2019/09/24 快晴&強風

 とほ宿:カンタベリー ドミトリールームでの朝。

 久しぶりの布団という快適装備に、寝返りしても目覚めずに良く眠れた。

 外は台風一過の青空。

 事前にホームページでチェックした通り朝食は少なめだけど各々が美味しい。

 部屋にあった本を読んでいたら、

深爪コンプレックス

 アタシの爪コンプレックス そのものじゃん!(汗マーク)

 ページを読み進むごとに、心の乱れを貫くような格言が続き、そこからの解決策を導く本の内容に感心し、後日一冊注文したほど。

 09:00 出発。中札内のガソリンスタンドでスプレー洗車。

 「ているカード」や「ているカード」は使わないようにして、(←ているカードって何)

 セグメントの一の位が切れて「点」か「円」か分からない金額を入れて、300円で洗剤入り水洗車。

 ボディーカバーと傘も広げて乾かし、拭き取り作業で汗をかいたので、セイコーマートでアイスカフェラテとハスカップ&バニラソフトクリームをキメる。

S660 北海道ツーリング 中札内 想いやりファーム 無殺菌牛乳

 続いて、中札内 想いやりファームへ。
 玄関前に居た黒猫は、ワタシが近づいただけで寄ってきて頭をスリスリ甘えてきて、人生で初めて猫に好かれて嬉しい。

S660 北海道ツーリング 中札内 想いやりファーム 無殺菌牛乳

 無殺菌牛乳を頂きます。

S660 北海道ツーリング 中札内 想いやりファーム 無殺菌牛乳

 「特別牛乳」の名の通り、低温殺菌牛乳を更に超えるおいしさ。540円と高いですが、価値を感じます。

 K240 ストレートは雲一つない快晴に恵まれ、K214~下音更~K133~K337と巡る。

S660 北海道ツーリング ナイタイ高原 往路 GoPro2

 車では初のナイタイ高原へ!

S660 北海道ツーリング ナイタイ高原

 今まで訪問していたレストハウスは災害の影響で取り壊され、左隣の駐車場だったスペースに高かろうな建物がドーンと立ち、中国人満員状態と化していた。

 どこかの外資系企業が場所を買ったのだろう、これも時代の流れ也。

S660 北海道ツーリング ナイタイ高原

S660 北海道ツーリング ナイタイ高原

 十勝平野を眺める雄大な景色は変わっていないので、変わらない感動を味わえる ここで休憩。

S660 北海道ツーリング ナイタイ高原

 鮮やかな青色のオープンスポーツカーに乗るオニイサンから声をかけられ、6速マニュアル・オープンカーならではの あるあるに話が盛り上がる。

 以前のレストハウスを知っている人同士だったので、「この場所も変わってしまいましたねえ・・・」と。
 ↑写真に収めていない、ここより左側に建った高かろうレストラン。景色を壊しかねない商売方法の然りについて。

 昔は良かったとばかり言うと、『過去にすがるだけで現在を受け入れず未来に向けた話が進まない煙たい中高年』のレッテルになる恐れがあるので、相手の表情に応じて 昔話をしてしまった後は今後についての前向きな話もセットで行なっています。念のため。

S660 北海道ツーリング ナイタイ高原

 想い出は有限・時限であり、かけがえのない時を大切にすべきことを痛感。

S660 北海道ツーリング ナイタイ高原 復路 GoPro2

 ナイタイ高原への道は、写真で1往復、ムービーで1往復と計2往復分を堪能。

 メリハリ良く走ったので、燃費が過去最低値の22kmまで低下!
 (メーター表示値よりも実測は10~15%低い)

 それでも20km/Lを割ることはないので贅沢な呟きですが。

 帯広への復路はK337~k661~十勝西北部農道~中西部農道で。

S660 北海道ツーリング 芽室

 16:00 芽室の8線を南下して、夕暮れが近くなる。

 2019年 北海道ツーリング 夢の旅時間も、残りわずか。

S660 北海道ツーリング 芽室 夕方の光芒

 16:30 夕焼けはしなかったものの、雲の隙間から珍しく光芒が見えて日没。

 車と人間の周りに虫の飛びつきが半端ない。本州では効き目があった「ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレー」や虫除けスプレーをしても全く効果なし! 北海道の虫にも効く寒冷地仕様を作って欲しいものです。

 ライダーハウスpitへチェックイン。(1泊 \1000)

 楽しみにしていた隣接のカフェは残念ながら休業中。

 それならと、西23条の ぶた屋に向かうが今日もやっていない。

 柏林台方面へ夜道を走り(帯広市内の路面状況が すこぶる悪い。特に交差点手前の轍)

S660 北海道ツーリング 帯広 ぶた屋 特上ロースカツ丼

 西18条の「ぶたいち 帯広白樺店」へ初訪問。「全面禁煙」と書かれていたのを確認してから店内へ。

 特上ロース豚丼 並盛(5枚)+ポテトサラダ 計 \1340。

 山椒と焼き肉のタレをかけるのを忘れるほどの美味しさで大満足。

S660 北海道ツーリング やよいの湯 いらしゃいませ

 19:00~21:20 一文字歯抜けの「いらしゃいませ」が長年自然と佇む「やよいの湯」で入浴。(\440)

 ガラナスカッシュを飲みながら溜まった日記を45分かけて書いた後、入浴。

 必要以上にスマホに頼り切ってしまうと、それが動かない時に何もできなくなる例。

 風呂上がりの火照った身体に、「あんま王Ⅱ」という面白そうな名前のマッサージ機があったので、お試ししてみました。200円。

S660 北海道ツーリング やよいの湯 マッサージ機 あんま王Ⅱ

 マッサージ機は人生初体験。

 ぐい~~んと仰向けに近い体勢まで倒れ、背中・腰の当たりはちょうど良い。が、力が足りない。
 所詮機械による動きだから、職業病の肩凝りは無くならないだろう・・・ と油断していた所、

 足裏のマッサージ部分が突然作動し、女の子に足や耳をくすぐられているかのようなコチョコチョとした感触に近く(←実際未経験なので妄想Version) 責められたので、

 思わず 「うひゃう!」 と変な声が出てしまいました。

 軽んじてましたが、やりますねえ、「あんま王Ⅱ」
 さすが王様(次は本物の女性からマッサージされることを切に希望します)

 ↑上記の予想外な出来事により再び汗をかいたので、100円投入型のブルーベリー酢ジュース。紙コップに溢れんばかりに盛られて異性・・・ じゃなかった、威勢良いサービス。

 くすぐられ責めにより動揺したものの、血圧は・・・

 至適正常(ホッ)

 エネオスセルフで給油(@129円、486.3km ÷ 20.30L = 23.95km/L)
 ハイテンションな洋楽が流れる店内で、明日に備えてフロントバンパーの虫汚れを取る。

 ライダーハウスへ戻ると、2階で長期滞在者同士が盛り上がり中。

 話に混ぜてもらうが、一番若い人が煙草を吸い出したので臭いに耐えきれず途中退却し、24:00 就寝。

 久しぶりの訪れで変化したナイタイ高原と、筆者に変な声のレパートリーを降臨させた:あんま王Ⅱが印象に残る1日でした。

 本日の走行距離: 225.6km

(16日目へ つづく)

2020年7月19日 (日)

GoToよりも、GosubしてReturnを

 政府が 税金1兆円も使って特定の業者を中抜きさせることに 必至な「GoTo」という言葉が、もう不吉の前兆としか思えない。

(政治家はコネとカネと実績が欲しくて動くからロクなことがないのは いつものこと。リーマンショック級の不景気なのに消費税減税の話はどこへ行った?)

 都合悪くなったら全て丸投げして意地でも税金を使う政治家のバタバタ劇が、
 もはや 「GoToトラブル」。

 BASICプログラミングで、一番乱用してはいけないのが「GoTo」命令文というのは、プログラマの中で暗黙の了解事項。

 特定の行に行きっぱなしで、戻る時も手動でGoToを使わないといけないから、アッチに飛んで、コッチに戻って、どこがどう繋がっているのか後で見返した時に分からなくなり、フローチャートがジグザグ化・スパゲッティープログラム化してしまう。

 GoToよりも、Gosubで飛ばしてReturnで同じ所に戻すのが よっぽどマシだし、間違いを起こしにくくなります。

 次世代の言語ですと、サブルーチン化しておくと1つのパッケージとして済みますし、引数を渡して結果を返すことも出来ますし。
 複雑になりそうな段落はネスト構造で書くことも重要。

 Visual Basicでそういった探求をしていた14歳の夏。
 その経験は、今も仕事趣味両方の役に立っています(←しみじみ)

 VB.NETからはGosubがサポート外になり、使わなくても充分な環境が整いました。

 税金使って対策するなら、日本国民全てが平等に恩恵を受けられる政策でないと、誰も信用しません。

 キャッシュレスだのETCだの機械を無駄に買わせて特定業者と癒着するのではなく、現金払いのガソリン税や消費税を期間限定で下げるなり、所得税や法人税(特に収入の少ない所に対して)を下げるなり、いくらでも案はあろうが、政治家は常に給料が満額もらえるから他人事、特定のお友達に金品のようなものと実績を渡すことに必至で前倒して「GoTo」させようしているわけです。
 コソコソ隠れて私利私欲に走る姿は「ゴト師トラブル」。

 税金と政治家の無駄遣いを無くせば、消費税ゼロでも何ら問題なかったはずです。

 今の滅茶苦茶な政治に異論を唱えるなら、選挙で一票の意思表示を!

2020年7月17日 (金)

【S660 北海道ツーリング 2019】 14日目 柳月スイートピアガーデン

▼2019/09/23 雨

 阿寒のゲストハウス:コケコッコー ドミトリールームでの朝。

 2ストローク級の大きなイビキが耳栓をつんざき、安眠できず。

 疲れが残るかもしれないなー・・・と心配したが、15分ほどで「ンガッ!」と詰まったかのごとく音が止まりエンストしたっぽいのでその瞬間に! 眠りにつく。

 5:30に再びイビキエンジンが始動し、起こされる。

 部屋の中は、○国人系なイビキと汗が混じった独特の獣臭がする。

 外は台風接近中なザーザー雨。

 朝食:セイコマ製カルボナーラスパゲティ・きんぴらごぼう・ガラナ飲料・痛みかけバナナ2本

 北海道の道東方面、難読地名の読み方を習う。

 釧路へ向かうという昨日のオジサンを見送って、8:30 出発。

 雨ザーザーの中 庇の無いクルマに乗り込む時は、車体のハーフカバーと折りたたみ傘を釣り道具兼手洗い洗濯用のゴムバケツに入れて・・・

 濡れた水が零れないように助手席に置きます。

セイコーマート ホットコーヒー

 阿寒のセイコーマートでホットコーヒーをキメる。カフェラテは無かった(←カタカナだらけ)

 定価108円の所、キャンペーン中で75円。前回購入時に50円引きクーポンが出たので、1杯25円也!

 割引で得した分、油断して服の上に盛大にこぼしてしまった。

 今日の下着はホットコーヒーの香り。

 R240 釧路空港への道は深い轍に雨水が溜まり、危ない所が何カ所もある。

 道東道白糠IC入口にあった立派な除雪ステーションのトイレへ。

 これはシャレにならない。

 これもシャレにならない。

 西帯広で豚丼 → 六花亭 → 宿 と考えていた予定を、
 足寄で松山千春パネルを拝んで歌を聴く → スイートピアガーデン(初訪問) → 夕食に豚丼 → 宿 と変更。

 浦幌ICで降りてR242を北へ。

鬼退治専用豆生産地

 仙美里地区で「鬼退治用の専用豆」を作っている畑がありました。

松山千春像パネル

 ビフォー・アフターな松山千春パネルを拝む。隣は立派な某宗教学会施設 → 知らぬが仏。

道の駅あしょろ銀河ホール 大空と大地の中で 演奏ボタン手形

 12:10~13:50 道の駅 足寄銀河ホール。祝日なので雨でもライダーが多い。

 手形の中にあるボタンを押すと歌が流れます。

 雨ザーザーの中で聞く「大空と大地の中で」も良いものです。

道の駅あしょろ銀河ホール 大空と大地の中で 演奏ボタン手形 筆者の手の方がデカイ

 全国数々の手形で比べていますが、ここでもワタシの手の方が大きかった(^_^;)

 自分よりも手の大きい人に今まで3~4人しか会ったことがありませんが(バスケット選手や、身長200cm級の外国からのお客様)、指も長い生まれつきの特徴を何か生かせないものでしょうか。

 中の売店には ふるさと銀河線のグッズが多数。

ソンシツ物件 ストロベソーとミックスベソー ソフトクリーム

 ストロベソーミックスベソーも良いですが、

ソンシツ物件 クソームソーダ

 クソームソーダも良いですが、

 108円塩バターパンとモッツアレラチーズを裂かずにそのまま食べる昼食。飲み物は北海道産カシスサイダー。

 108円とは思えない満足な味。

 食事休憩中に道の駅でもセイコーマートでも「大空と大地の中で」を何回も聴いた結果、すっかり感化されて車内でも歌を流しながら、有料の道東道で足寄IC → 音更帯広ICまでショートカット。1区間ごとに料金を取られる誠に割高な区間ですが帯広の市街地を避けて時間節約。

 轍が深くて、タイヤの走行ラインをズラさないと恐い!

 秋の花粉か、こんな雨の日に眼が充血気味。

柳月スイートピア・ガーデン

 15:00~16:15 R241 柳月スイートピア・ガーデンへ初訪問。

 店内ではスピッツの曲が延々と繰り返される中、

 パンとチーズを食べたばかりですが、すぐにデザートが食べたくなる! ラインアップ。

 値段も良心的なので、2個以上買ってしまう魅力が大いにあります。

 ケーキのショーウインドウを左から右へ見た後、マロンモンブランケーキを選び、更に推されていた「あずきみるくプリン」を購入。


▼ 横文字食レポ タイム ▼

 メインアトラクション マロンボール
 テイスト オーサム チェケラ チェケラ(←何)

 セカンド チャプター セロファン オープンド(←何)

 ワン スプーン スリー レイヤー スウィート シングス
 スコープ アップ カモン イントゥ テイスティング(←何)

 ルック ボトム トゥ バックサイド マテリアル マニュアル(←何)

 ケーキのホイップクリームが重くなく、3層構造の小豆プリンも甘さ控えめで好み。大変美味しく頂きました。
 更にプリンソフトも食べたくなりましたが、夕食の豚丼に胃袋の空き容量を確保する必要があるので、ここまで。

 盛況により多くの往来で擦れたからか、ゴミの分別案内が取れまくって「燃えるコミ」と「ラスチッノ」になってますが、

 次に訪問する機会がありましたら千円で3~4個食べする準備で。

 柳月スイートピア・ガーデンは、お菓子よりもケーキ。

 六花亭はケーキよりもお菓子がお勧めです。

s660 雨天走行時の幌

 一日ザーザー雨が降り続き、S660の幌にスプレーした撥水機能も限界に。
 水を弾かずベタッとしてきて・・・

s660 雨天走行時の幌 内側結露

 車内側の天井に、初めて水滴が出て濡れてきました。
 
 エアコンで除湿するとすぐに湿気は無くなりますが、豪雨の長時間駐車では幌にカバーを付けないと車内が濡れる恐れがあります。

 柏林台のセイコーマートで天気予報をチェックした後、西帯広の「ぶた屋」へ。しかし閉まっている!

 17:30 引き返してR38沿いに「豚丼+ラーメンセット」の看板を見つけ、「めん吉」で夕食。

 初めて入るお店なので、豚丼(\880)を注文。ミニサラダと味噌汁付き。

 山椒が効いている大きな豚肉が4枚。運転疲れの身体に、一味を振りかけて頂きました。

 ラーメンも身体に優しい地産の麺で拘って作っているとの案内。

 美味しかったですが、お店のスタッフが喫煙者と思われる構造で、禁煙席が小上がり席の隅っこのみ、入口とレジは煙草臭く、その臭いが調理場に繋がっていて禁煙席まで臭ってくるので、喫煙者には良いですが全面禁煙にならないと次は来にくいですね。

 19:15 東4線、森の中にある とほ宿:カンタベリーにチェックイン。1泊朝食付 3800円。

 綺麗なフローリングの3人部屋ドミトリールームに筆者含めて2人。先客の65歳ライダーは雨天走行の疲れから早々にお休みに。

 200円の洗濯機と100円の乾燥機を使い、シャワーを浴びた後、旅好きなオーナーと雑談して 23:00 就寝。

 台風は深夜のうちに通過する見込み。

 運が良いと朝 エゾリスに出会えるらしい!

 本日の走行距離:219.2km

(15日目へ つづく)

2020年7月14日 (火)

PC-9801 使ってます

▼Yahooニュースより

 → 名機PC-98いまだ現役 在庫1000台専門店に迫る

 ワタシも(ファミコンを買えなかった副作用で)青春時代はPC-9801と共に過ごしてきて今でも現役で使っています。
 修理や保守依頼で極希に呼ばれることもあります。(MSG-DOSというネットで検索しても情報の無い激レアなOSを使っている所もあり、当時の使用経験を思い出して起動不良を何とか直せました)

 当時 勉強そっちのけで 熱中したMS-DOSの環境設定やバッチファイルによる制御、N88-BASIC、QuickBasicによる構造化プログラミングの考え方は今でも覚えていて役に立っています。

 PC-98で組まれた会社の生産現場等では、単純にWindowsやMac、Linuxに移植できない事情が多々あり、ラインが停止しては一大事なのでトラブル時に対処できる技術者が年々少なくなっています。

 当時の技術は通用しても部品は代替が効かなくなっているので、こういったお店は大切ですね。

 チョットやソットですぐ調子悪くなって買い換えさせられるスマホやタブレットよりも、昭和時代のパソコンの方が堅牢に造られていて部品交換がしやすく丈夫、夢があった時代でした。(←過去形なのは、2020年の現状より)

 パソコンもバイクも1台につき15年以上使う筆者のツブヤキでした。

 40年モノのパタパタ時計は1日で数十分遅れたり進んだりするようになってきて、ローラーの摩耗・・・ もとい調子の良し悪しが人間らしくてカワイイ。

«動物占いとはナンゾヤ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

フォトアルバム

無料ブログはココログ